くもり空の下で……

アルコールとギャンブル。依存症からの回復と成長を目指しながらの日々の雑感を発信。趣味の渓流釣りなども公開しています。

⑥ハンドメイドルアー:ドブ漬け

2016-12-15 12:16:00 | ハンドメイドルアー


セルロースセメント
成分:ニトロセルロース、合成樹脂、有機溶剤
用途:ルアーメイキング、木工工芸、日曜大工、釣具工作

第4類 第1石油類火気厳禁







成型の終わったルアーたち。


もうリップをつけたら使えそうに見えてしまいますが、まだこの段階ではバルサは柔らかく、水も吸ってしまい使い物になりません。

なので防水と強度を持たせる為に、これからコーティングを繰り返していきます。

木固めです。



コーティング材にはウレタン、セルロースセメント、エポキシ………など種類もイロイロありますが私はセルロースセメントを使っています。

……………というか、私はセルロースセメントしか使ったことがないので他のものは分かりません^_^;


私はナガシマ製のセルロースセメントを使っていますが、使いやすく耐久性にも満足しています。

さすがにこのコーティング材は近所のホームセンターでは手に入らないので、ネット通販で取り寄せています。


それと合わせて専用の薄め液も用意しておきます。(後の行程で必要になります)

私はこのようにビンに小分けしています。








………それではコーティング(ディッピング)に移ろうと思います。




まず私の場合1Kのアパート住まいなので、コンパクトな乾燥場所が必要です。



シンナー臭い部屋で過ごすのは身体によくありません。
居間に置いておくわけにもいかないので、私はキッチンの方にあるクローゼットで乾燥をさせてます。(洋服などもそれほど持ってはいないので💧)



まずはこのような物を準備しました↓


100均で買ってきたカゴを組み合わせ、下には新聞紙を敷いてあります。




次にドブ漬けしたルアーを乾かす為、吊るしておくハンガーが必要です。
私は📎クリップを曲げて使っています。




それではセルロースセメントを小分けしたビンにルアーを浸けていきます。


漬け時間は人それぞれ。サッと漬けてすぐに上げてしまう人もいたり、一時間~?時間も漬けておく人もいたりと様々なようです。


あくまでこれは私の場合ですが、初回のドブ漬け時だけは20分~30分程度ほどセルロースセメントに漬けておきます。
(2回目からはサッと漬けて、ゆっくりと上げるだけ)



よく見ているとブクブクと小さな気泡が出てきます。



「うーん。。。吸ってる 。 吸ってる。 染み込んでおります。」



(※注意:放置しておく場合は必ずラップなどで密封しておきます。)



(※セルロースセメントの濃度について。
ある程度セルロースを薄めてドブ漬けを行う方もいると思いますが、私はセルロース100%でドブ漬けをしています。)



…………
…………
…………


さて30分程経過しました。





ビンの中のルアーを見てみます。

ブクブクと気泡がもう出てきていないようなら、ゆっくりとルアーを引き上げます。


ゆ〜っくりと………






ゆっくりと引き上げたルアーを準備しておいた乾燥用のカゴへ吊るしていきます。


引き上げた際セルロースセメントがアイの部分に溜まってしまうので、爪楊枝などで余分なセルロースセメントを取っておきます。






このまま暫く放置して乾燥させます。
(最低でも6時間以上)

乾燥時間は季節や環境により変動します。







(⑦へつづく)
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ⑤ハンドメイドルアー:貼り合... | トップ | ⑦ハンドメイドルアー:ディッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ハンドメイドルアー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。