くもり空の下で……

アルコールとギャンブル。依存症からの回復と成長を目指しながらの日々の雑感を発信。趣味の渓流釣りなども公開しています。

昔ばなし⑤

2017-06-01 23:16:06 | 日記
私と彼女は彼女の両親の家に出向きすべてを話した。




「話は分かった。それじゃー、オマエの母親に半分出してもらえるように頼んでこい。」





…………そう言われ、私は「なんで半分?」

そう思わざるを得ない、どことなくスッキリしない気持ちのまま
「ありがとうございますm(__)m」

……と私は義父に頭を下げた。

「さぁさぁ、もう暗い話はいいから食べましょう。」

義母はそう言ってくれた。
チビたち3人はすでにバクバクと並べられた惣菜などを食べていた😋😋😋

私が暮らしていた(転がり込んでいた)県営住宅のすぐそば、約200メートルほど離れた場所には義父、義母の二人が暮らしていた彼女の実家ある。

私は義父のことがキライだったから寄り付きもしなかったが、彼女とチビたちはちょくちょく出入りしていたようだった。




義父との話が終わり、夕食もごちそうにはなったが、やはりスッキリしない気持ちのままアパートへ家族5人で戻ってきた。
すると彼女が、

『どうして父になど頼んだりしたのよー💢』

彼女は納得がいかない様子で私に問い詰めてきた。どうやら彼女には彼女の考えがあり、父になど頼らずに私と彼女の二人で借金問題を解決したかったという想いがあったようだった。



この事件が起きる前辺りから、些細な夫婦喧嘩が続いていた。
以前まではキチンと弁当も作ってくれていた彼女だったが、1000円づつだった私の小遣いが、いつの間にか毎日2000円づつになり、毎日の手作り弁当はこの頃から廃止となっていた。

「これ、お弁当代とガソリン代ね。」
(私は片道35㌔離れた会社に通っていた為)」……と言われ昼メシが現金支給になり、

「私も外で働きたい」

………と急に言い出すようになっていた。私としてはまだ幼い子供(一歳)をずっと見ていて欲しかったので、ウチにいてほしかった。
しかし、彼女は子供を特別保育に出して私も働くと言って、私の言うことは聞いてはもらえなかった。



私はなんとなく………

「変わったな、コイツ。」

という違和感をずっと感じていた。。。








………義父に
『オマエの母親に半分頼んでこい。』


そう言われてから数日後………

私はみんなを連れて久しぶりに、私の母が一人で暮らしている私の実家を尋ねた。

なにも知らない母にすべてを話し、彼女と一緒に頭を下げたm(__)mm(__)m



すると母は





「ハァ?半分ってなに???

半分とかケチくさいこと言ってんじゃないよ。
○○子ちゃんはウチで貰った嫁さんなんだから、半分なんかじゃなく全額貸してあげるから。そう伝えておきな!」





………涙が出そうだった。



しかし、とりあえずは自分たち二人だけで返済計画を立て、私の借金返済を完済することができたように、頑張ってみる。

それでもどうしようもなくなったら、母に頼む、…………という予定でこれからの生活の立て直しを図ろうと計画を立てた。

これでやっと一安心。
彼女も納得し、ホッとしたようだった。





もう、過去のことは水に流して、これからは二人で頑張って行こうよ。
……そう思っていた。





しかし、その思いもあまり長くは続かなかった。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔ばなし④ | トップ | 昔ばなし⑥ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事