カッパおだてりゃ木に登る

カッパが大きなハスの葉の上で、映画とかだらだら観ながら書いたよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「おおかみこどもの雨と雪」感想

2012-08-17 | 映画を見たのだ
映画「おおかみこどもの雨と雪」感想
ネタバレは基本なしで、まあ公式HP程度まで。

はじめは、普通の恋愛ものだったが、色々突っ込みどころ満載だ。
まあ、物語にそれを求めちゃダメだが、言いたいところは2つある。
ダメなところ、
・大学生なんだから避妊しなさい。…大学生で妊娠出産はダメだろ。子供向けアニメじゃないのか。
・旦那が影薄い上に、あっけなさ過ぎ…説明もほぼない。工エエェェ(´д`)ェェエエ工って感じ。

さて、ストーリィとしては、なかなか見せ場もあって引き込まれるが、どうにも肝心の山場みたいなものは、微妙だ。
自然に隣に人が居て、その人が突然いなくなる的な残念感が漂う感じであった。元気な子供が大きくなって離れていくような嬉しくも物悲しい等、大人には感慨深いものがありそうだ。
なんか本当の人生ってこういう物だけど、もうちょっと映画ならではの感動的話にして欲しいと思うのは自分の欲張りなのでしょうか。
ところで、アニメなのに実写みたいな部分が多々ある、水なんて本物だよ、技術の進歩はすごいな。
あと、花の声が、宮崎あおいそのもの…まあ下手ではないが。
1行で言うと、出会いは自然に別れは突然に的な感じの映画だった。

映画「おおかみこどもの雨と雪」☆☆☆★★★
こう言うしんみりした映画は受け入れ難い、もっと大人向けなのだろう。
細田守監督の映画に、とうとう仲里依紗ちゃんが出てこなくなったか…残念だ。
まあ、海猿で準主役級の脇役張ってたし里依紗ちゃんも忙しいのかな。

リンク
 映画「おおかみこどもの雨と雪」公式HP
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとりでできるもん | トップ | 映画「ダークナイトライジン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画を見たのだ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「おおかみこどもの雨と雪」 -映画- (読書日和)
※小説「おおかみこどもの雨と雪」のレビューをご覧になる方はこちらをどうぞ。 久しぶりとなる映画のレビュー。 昨日「おおかみこどもの雨と雪」(監督:細田守)を観に行ってきました。 ------- ストーリー ------- 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学...