癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

「ヒーリングピアノ」デヴュー!和歌山和歌浦アートキューヴ。

2009-05-12 19:24:14 | 癒しの音楽

この会場は私にとってもこれまでに深い御縁を戴いた重要な場所。

 

 

2004年の「平和の祈りコンサート」に始まり、

今回が3度目。

 

 

あまり御存知無い方も多いとは思われますが・

チェコの名機!

 

 

「ペトロフ」との再会。

 

 

「私の事をおぼえてくれていますか?」

 

 

リハーサルでは・

中々簡単に音を出してくれませんでした。

 

 

ホールの上部窓から射し込む光。

それが和みのエネルギーを降り注いでくれる。

 

 

いよいよ始まりました。

 

 

「ヒーリング」というこの言葉。

これまで私がかたくなに敬遠していた言葉だったのですが・

このコンサートを機に、

これから私のピアノ演奏のジャンルを表す言葉として、

 

使用する事を決心しました。

 

 

命名の最初は、

新潟に最初に私のピアノを招致いただいた鈴木氏による、

「ヒーリングピアノコンサート」

その時のコンサートタイトルでした。

 

 

そして今回、

25年も前から私にピアノを弾かせようとしていた主催者!

中尾氏の「和歌山詩祭り」でのゲスト出演。

 

 

私が「mar-pa」でメジャーデヴューする、

今から25年も前に、

和歌山で二回・

中尾氏が、私のピアノソロコンサートを企画開催してくれていました。

 

 

今回の、アートキューブのフライヤーの紹介も、

「ヒーリングピアニスト」でした。

 

 

「ヒーリングピアニスト」。

 

ネットで検索してみても、

そんなにヒットする言葉はなく・

 

今回来られた方からいただいた言葉。

 

「松尾さんのピアノには、

優しさと懐かしさにひきこまれた。

バラエティーに富む表現に、

感じる各々のエネルギー!」

 

JAZZでもクラシックでもなく、

第六感・潜在意識に届く音がここにはあります。

 

【ヒーリングピアノ】

 

誕生!

 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作曲家、三木たかし氏のご冥... | トップ | 米原 「癒やしの桜コンサー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。