癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

空海院火渡り火祭り修行 「五大力白長龍神灌頂演奏」

2007-05-14 22:50:34 | 癒しの音楽

今回初の柴灯護摩との共演に、

前半儀式の中、最も重要な場所での「白龍降ろし」の演奏のプログラムを戴きました。

遂に・自他共に認められる正式な龍降ろしの演奏です。

お堂の回廊にセッティング。

 

阿闍梨様達の入場。

 

整列。

 

「龍降ろしの演奏」では、何時になく何故かずっと目が閉じる。

 

するとしばらくして煙の匂いが・

護摩に点火されたのかと思う。

でもそれは・湯釜の小さな火からの煙でした。

後で行者様にお聞きしたのですが、その時に白龍が現れたと・。

煙のなかった湯釜から白龍が現れた!

何人もの行者様が感じられたらしいので間違いないでしょう。

今日はずっと風が吹き荒れていました。

大自然は、誰にも判る様に何らかの現象で姿を現す事をお聞きしました。

 

 

これが、その時の写真です。

龍を感じます。

 

 

護摩は点火され。

 

最大のメインは園田長弘阿闍梨の火渡り。

後半ではみんなが渡れる様に火鎮めの儀式での20分程の演奏。

それもまるで映画のワンシーンの様で、私の目にも感動で映りました。

普段では体験する事の出来ない、自分自身の音を再確認する機会。

それを与えて戴きました皆様に、

感謝します。

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 醤油発祥の地、熊野古道 湯浅... | トップ | お詫びと御報告 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (latent)
2007-05-16 11:36:00
火鎮めの儀式で、行者さんの真剣な表情と音楽が重なり合った時、グッときました。
松尾氏には、こういう日本に残るいろんな儀式のBGM制作活動を、これからも機会があれば是非続けていただきたいです。
ありがとうございます。 (yasunobu matsuo)
2007-05-18 17:26:02
素晴らしい日本が今もたくさんありますね。
私もこれからも全世界にそれを音で伝えさせて戴きたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。