癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

高野山の麓、相ノ浦 岩戸開き奉納演奏。

2009-10-19 21:24:40 | 癒しの音楽

今までに何度も行っている場所でしたが、

こんな形で訪れる事になるとは・

 

 

福岡・愛知・神奈川・和歌山より皆様が集結されました。

突然のお誘いに、寄寓にも私がエスコートする事に。

何方も行く場所を知らないと言う事で、

かなり辿り着きにくいばしょでしたが、

たまたま2箇所とも私が今までに行った事のある場所でした。

福岡・神奈川より来られた方は、初めてお会いする方で、

今までは、各地で私を導いてくれる方が現れて、

いつも案内していただいていましたが、

今回は私がご案内する事になりました。

 

 

 

こんな事になると思っていませんでしたが、

デジャブでは観ていたり・(ややこしいです・笑)

 

 

御神木。

 

 

樹齢何百年、千年近いでしょうか・。

 

 

隣には観音堂がありました。

 

 

神事が始まる。

ヒツジヒメ。

アマテラスの妹と言われ、

それが丹生都比売(にふつひめ)。

ネットでも早々出てこない封印された名前です。 

 

 

 

これまでの2千年に及ぶ歴史の流れの中での神権交代。

これまでのアマテラスは役割を終え、

新たなヒツジヒメがこの世界をこれから治めていく事になります。

 

 

いよいよ裏が表に出る時。

裏に会うそれがここ、

相の浦

演奏が始まる。

 

 

 

いつもの様に風が吹き、木の葉が高いところから落ちてくる。

 

 

 

黒いジャケットにも関わらず、 

光りの御柱が立ち、身体自体が光り始める。

 

 

もはや・光ってしまいました。(笑)

 

 

 

今回は宇宙語と・古代語の唄との三つ巴のコラボ。

何も決めているわけではありませんが、

 

それは何と美しい世界。

 

 

 

聴いた事のない音楽です。

やさしい響でした。 

 



参加された全ての方が涙されました。

 

 

弾くと言うよりも、

指が形を作って鍵盤にのっかって行く感じです。

それが連続して音楽が生まれていく。

 

 

最大のエネルギーをいただきました。

 

 

 

貴重な時間の体験でした。

 

 

神社の杜も輝き始め、

 

 

 

空と山の色が、青と緑の鮮やかなコントラストに輝き始める、 

 

 

 

太陽の質が変わりました。

太陽系の惑星は地球を除き全て次元上昇を終えたと聞きます。

太陽自身も入れ替わりました。

地球を残して太陽系全体のアセンションが行われる事はなく、

いま全ての眼が地球に注がれています。

あらゆる場所・様々な世界で交代劇が始まっている様に、

 

眼に観得ない世界が、

確実に目に見える世界に、

影響力を及ぼし始めています。

 

『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立木観音 奥の院。 | トップ | 空海が高野山を戴いた場所、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。