このゆびと~まれ!

「日々の暮らしの中から感動や発見を伝えたい」

「心の操縦法」を知らない現代人へ

2017-06-17 | 人生

心というものが実体としてあり、この心のあり様が、自分の人生を変え、未来を開いていきます。そして、その事実を知った人には、ちょうど、車のハンドル操作を覚えた人が道を自由に走れるようになるのと同じことが起きるわけです。

 

逆に言えば、「心がない」と思っている人は、ハンドルがあるのを知らずに車を乗っているようなものです。しかし、アクセルとブレーキだけで、ハンドルがない車に乗せられたら、たまらないと思います。

 

アクセルを踏めば前には進みますが、そのままではどこかに激突するでしょうし、ブレーキを踏んでも止まるだけです。これしかないのであれば、基本的に運転などできません。まっすぐな道路を走り続ける以外に、方法はないわけです。

 

しかし、自分の前にも後ろにも車がいるなかで、アクセルとブレーキだけしかない車でまっすぐに走り続けるのは「恐怖」でしょう。できれば避けたいと思います。

 

やはり、アクセルとブレーキは要るにしても、ハンドルがあるために運転ができるようになるのです。

 

ところが、このハンドル部分を、「ない」と思っている人がいます。あるいは、「ハンドルを動かせるのは自分だ」ということを知らない人がいるわけです。そのため、「あなたの思いで、今、そうなっているのですよ」と言われても、それに気がつきません。

 

「あなたがハンドルを右に回せば車は右に曲がり、左に回せば左に曲がって、まっすぐにしたら、まっすぐ進むのですよ。『中道』というのは、まっすぐに走ることを言うのです。仮に、ハンドルを右に回しても左に回しても、簡単に何かに激突するでしょう。どちらでもいいですが、死のうと思えば、すぐに死んでしまいますよ」と言っても分からないのです。

 

ただ、実際はそうであって、人間は、死のうと思えば簡単に死ねます。例えば、ハンバーガーだ

けを一年中食べ続けたら、体を壊して死んでしまうでしょう。あるいは、ステーキでも同じだと思います。関係者がいたら許していただきたいのですが、たとえ、そのお店の方であっても、毎日は食べられないのではないでしょうか。

 

それは、さすがにたまらないはずです。牛丼屋で働いているからといって、三食とも牛丼を食べ続けていたら、やはりどこかで病気にもなるでしょう。そのようなものです。

 

ともかく、たとえて言えば、「ハンドルとアクセルとブレーキがあって、自分という車を運転できているのだ。もちろん、ガソリン等の燃料を入れる部分もあれば、空調等の機能も付いているけれども、基本的には、そういう感じなのだ。

 

そして、運転している人間が『魂』といわれる部分であり、車体の部分、乗っているマイカー自体は『肉体』である。この肉体の部分に魂が宿っているのであって、これが、車を運転している人間に当たるのだ」ということになります。

 

さらに、人間の魂のなかで、特に、考えたり、判断したりしているのが、いわゆる「心」という部分です。このような人生観が大切なのです。

 

---owari---

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「他人の幸福と不幸のどちら... | トップ | 心をどのように生かし、人生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL