生きる力になれば

あらゆる宗教からの教えや古典からの言霊を紹介します。

秋の女神

2016-10-19 03:28:49 | 日々の暮らし
日本の四季は四人の女神が支配していると言われます。

春は佐保姫(さほひめ)、

夏は筒姫(つつひめ)、

秋は竜田姫(たつたひめ)、

冬はうつ田姫(たひめ)。

都(平城京)を囲む山々のうち、


東の山には春、

南の山には夏、

西の山には秋、

北の山には冬の神が

住んでいるという。

都の西には竜田山がありました。

そこに住んでいる竜田姫は、


染色と織物が得意なのだそうです。

錦織り成す野や山の

みごとな色彩は、

竜田姫のしわざという。

その魔法の技を


思う存分、味わえる

季節がもうすぐ、


やってきます。


今年はどこへ

行きましょうか



竜田姫さま


合掌
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛語ノート | トップ | 私が先生になった時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL