生きる力になれば

70代のブログです。言葉で生きる力になればと綴って10年が過ぎました。

パイオニア植物

2016-12-28 03:41:54 | 日々の暮らし
来年の酉年の施設内展示書作品を飾って来ました。


私の作品はお守りのように魂を注入した

メッセージ作品です。


感じる人にはゾクゾクと感じると思います。

さっそく、廊下を通ると、あるおばあさんが

手を合わせていました。

何かを感じているのでしょうか。

私の作品だから魂があるのではないのです。

例えば、誰もが年賀状を書くとき、心を入れて書きます。


貰った人はありがたさを感じるのと同じです。

心を入れて行うものには、全て魂が入るものです。

昨日訪問介護でお年寄りの家に行きお掃除をして来ました。

二階の畳の間の部屋の拭き掃除をしていたら

、ゾクゾクとしました。

天井に笑っているおばあさんを見つけました。

ご先祖様がお礼をしているのでしょうか。

魂を入れたお掃除に、
答えてくれたのだと思います。


さて、年の瀬になりました。

早いものです。

今年もあと4日で終わりです。

来年もよい年に。


または来年こそは
よい年にしましょう。


そのような意味を込めて、お釈迦様の最後の言葉を紹介したいと思います。

『さあ、修行僧よ。

お前たちに告げよう。

もろもろの事象は、

過ぎ去るものである。

怠ることなく、

修行を完成させなさい』。

人の世は諸行無常。

あらゆることは、移り

変わっていくものだから、

今なすべきことを日々

怠るなかれ。

と喝破したといいます。

今なすことをする。

これが、修行だとおもいます。

深夜ラジオから、

出発する南極観測隊の女性植物学者の言葉に心惹かれました。


南極には、音がない。

たまに氷が

ビシ!と

割れる音がするだけ。


自分の胸の鼓動が聴こえたりする

また、匂いもない。

土も、生き物もないと

匂いはしないものと

感じた。

そのため、感性が研ぎ

澄まされる所と感じた。


北極は温暖化で、2年で50メートルの氷が溶けている。

北極は高山植物が

平地一面に生えている所がある。

それは、氷河に生える植物があり、

それが枯れて土壌になる。


次に生える花々の土になっているからだ。


その花のことを

『パイオニア植物』

と呼んでいる。


素敵な花に出会いました。

私達も修行して

パイオニア植物の

ようにならなければと


感じました。



今日の気づきになれば



合掌
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良寛と聖フランチェスコ | トップ | 十戒と合掌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の暮らし」カテゴリの最新記事