生きる力になれば

あらゆる古典からの言霊を紹介します。

海の星

2017-03-08 03:54:44 | 日々の暮らし
一番星、宵の明星、

明けの明星、

ヴィーナスは

「金星」のことを

指しています。

昔の旅人は、光輝く

金星を見て旅(航海)

をしたといいます。


道先案内として、心の

支えとして、祈りや

感謝の対象として


拝んでいたと思います。


空海も室戸岬の岩窟で


、明けの明星が体内に

入るのを感じたと

述べています。

また、「海の星」と

言われているのが、

聖母マリアです。

航海の時、迷った

道しるべとして、

金星を見たように、

人生の嵐の中にいる時

に導いてくれる、

輝く星であることから



海の星と


呼ばれているようです。

「すべての危険におい

て、聖母のお助けを

願いなさい。

必ず聞き入れられる

ことを私は保証します。」

(1815年イタリア、ボスコ神父)



私も感じています。

困った時にそばに来て

導いてくれる


お地蔵様

観音様

聖母マリア様を


輝く海の星と


感じています。



今日の佳き日に



合掌





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生航路 | トップ | 自由とは自分らしく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL