生きる力になれば

あらゆる古典からの言霊を紹介します。

厄除けお守り

2017-02-09 03:37:19 | 日々の暮らし
昨日は悩み相談を受けました。

写真に写った獸に苦しめられていると。


霊感の強い人にありがちな現象。
または、守護神がいないとか、その地が死者の通り道(お寺とお寺がつながる線上)
とか、
優しい人とか、

美人とか、

同じ趣味の人とかに

寄ってくる浮かばれない霊がいるのではと
私は思います。

専門の神社仏閣などに行ってお浄めすることをおすすめします。

それと、お守りをもつことをおすすめします。

交通事故など。

私はお守りを開けたら木札が真ん中からまっぷたつに割れていた時がありました。

振り返ると、夕暮れ時に海岸線を飛ばしていたらおばあさんが道路を渡っているのが見えました。

距離的に渡り終えると
思ってそのまま行き過ぎようとしましたが、何かを感じて減速しました。

予感が適中してリヤカーを引いていたのが見えたのです。

しかも荷台には長い竹のような物を積んでいたので倍の長さでした。

その竹を引っかけたらリヤカーごとおばあさんが飛んでしまいます。

急ブレーキを掛けました。車は反転して逆方向に向いて止まりました。

こんなテクニックなど私は知りません。

おばあさんは何もないのか農道を歩いていました。

反対側車線にはトラックが来ていましたから
大事故になる所でした。

前日にスタンドでラジアルタイヤに変えたばかりなので滑らずに止まってくれたのも助かりました。

その時のことを思い出したのです。

20代の時の事です。

交通お守りがまっぷたつに割れていた。

あれから、お守りを大事にしています。
合格お守りも。
私はお守りを作って持っています。
自分の宗派のお経、
般若心経を写経したり、
キリスト経の方は
聖書を写経するのは大変ですから、好きなヶ所を写経すればいいのでは。

迷える羊、家と土台、放蕩息子、タラント(お金)の話、山上の説教、人を愛する教え、
人を許す教え…。

そんなのが売っていればいいのですが。


横着者ですから。

守護神をたくさん持って身を護って下さい。

災害や人災など、
何が起きるか分からない時代ですから。


参考までに


今日の佳き日に


合掌
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恨みを売る | トップ | 雨でも晴れでもいい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL