生きる力になれば

70代のブログです。言葉で生きる力になればと綴って10年が過ぎました。

シャボン玉

2016-11-20 02:55:58 | 日々の暮らし
1908年野口雨情は長女「みどり」を授かった。

人形のように愛らしい赤ん坊であったが、
産まれて7日目に死んでしまった。

後に生まれた娘「恒子」も2歳で亡くしている。

ある日村の少女達がシャボン玉を飛ばして遊んでいるのを見た雨情が、

娘が生きていれば今頃はこの子達と一緒に遊んでいただろうと思いながら書いた詩が

「シャボン玉」という。

『シャボン玉飛んだ

屋根まで飛んだ

屋根まで飛んで

こわれて消えた


シャボン玉消えた

飛ばずに消えた

産まれてすぐに

こわれて消えた

風、風、吹くな

シャボン玉飛ばそ』


皆、悲しい思いを胸に

刻んで生きているのだ

ということを

伝えたくて紹介しました。

皆様も幾多の


悲しみを乗り越えて

空高く

シャボン玉を

飛ばしましょう!



きっと


今日は


いいことあるよ




合掌
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感謝の日記 | トップ | 感動と晩秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL