生きる力になれば

あらゆる古典からの言霊を紹介します。

苦しみと幸せ

2017-08-14 02:02:47 | 日々の暮らし
人は幸せを失うと、ショックを受けやすいものです。


幸せは簡単に手に入るものではないからでしょうか。




今置かれている立場にきっと、不平、不満、嫉妬、怨み、ねたみ、失望に悩まされている人もいるでしょう。



それは、幸せの糧(かて)になる苦労なのだと考えて受け入れましょう。

(すぐには立ち直れないと思いますが)



大きな財産と、健康と、愛する人や円満な家庭があることが幸せと考えてしまいがちですが、


幸せとは得ることでなく、

自分が苦しみながら与えること。


それが幸せだと感じて来ました。


だから苦しみにも耐えられるのかもしれません。

誰しも、心にも、身体

にも痛めた傷口があるはずです。


その痛みに耐えるから

、幸せを感じる大きな

心ができるのだと思います。

与える愛、奉仕の愛、

無償の愛それが

不平不満から逃れる

すべなのです。

そう考えて行きたいと思います。

幸せの音が


聴こえて来ましたよ!




合掌


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 働く仕事に感謝 | トップ | 小さな巨人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL