生きる力になれば

あらゆる宗教からの教えや古典からの言霊を紹介します。

楊貴妃の命日

2017-06-16 04:56:39 | 日々の暮らし
756年6月16日

「天にありては

願わくば

比翼(ひよく)の

鳥となり

地にありては

願わくば

連理の枝とならん」



玄宗(げんそう)皇帝と交わした愛のささやきといいます。


比翼の鳥とは

一体にならないと飛ぶことができない鳥のこと。


連理の枝とは

幹から出た枝が
一つにつながったもの。
固い愛で結ばれていたのです。

皇帝が楊貴妃に夢中になりすぎ、

政治を省みないため、

家臣の反感をかい、

楊貴妃は死に追い込められ、

絹で首をくくって


38歳の今日亡くなったのでした。


クレオパトラも

楊貴妃も


最期はこのような


形で世を去ったのですね。


私が訪れた時、


楊貴妃が

入浴していた

カラフルなタイル張り

の浴槽を見学したのを

思い出しました。


愛する人がいたら


比翼の鳥を


思い出して下さい。



合掌
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楊貴妃の命日 | トップ | 言葉の船 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL