生きる力になれば

あらゆる古典からの言霊を紹介します。

働く仕事に感謝

2017-08-13 01:07:36 | 日々の暮らし
「こころよく、我に

働く仕事あれ。

それをしとげて

死なむと思ふ。

働けど働けど

なお我がくらし

楽にならざり

じっと手を見る」

(石川啄木)

誰もが生活に追われ、

苦しみながら

暮らしているが、

その中で、


こころよく働ける


仕事があるというのは


幸福である。


と考えている啄木の


歌にいつも共感して

います。

仲間の出世をきき、

花を買って妻と

眺めて、くさらずに

また仕事に行こうと


する姿にホロリとして

しまいます。


一生懸命に働くことが

どんな人間の心にも

充実感、満足感を

与えてくれる。



全力をあげて


取り組める仕事がある


ことが、誰にとっても


何よりの生き甲斐である。


そんなエールが

聴こえる啄木の

言葉です。


どんな仕事でも


天が授けた仕事


なのです。


働くことは


生きる幸せを



感じるため。


働ける事に


感謝しています。



皆様の心の支えに


なれば



合掌




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神秘的なもの | トップ | 苦しみと幸せ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL