そとさま雑記

自然と平凡な日々の暮らしを記録します。 

こぼれ話し。

2017-06-17 12:34:06 | Weblog

先日の国府台歩きで思い出したこと。

私の父は戦争中、市川の国府台練兵隊にいたらしい。

小学生の頃聞いた話しでは、その練兵隊の運転手に任命され偉い方付きの

運転手として働いていたようだ。

父は富山の出身だが、東京へ出て働きながら運転免許をすぐ取った。

なにしろ本人、新し物好き! いろんな事に興味津津なので20才になる

とすぐ免許を取るし、地下鉄が開通するといの一番に乗ったらしいのだ。

父も自慢し、母も呆れて言ってたので本当だろう。

でも、その身に付けた技能が身を助けたのだ。

そのころ免許など持ってる人は少数だったので、厳しい軍隊でも少しだけ

優遇されていたらしい。

その内に、偉い方が変わって、たまたま仕事上の知り合いが上司になった。

父の話しでは、その方の口ききで終戦前に除隊になったので、助かった!

戦後も感謝の気持ちでお付き合いが続いた。家にもみえたような気がする。

その除隊の時の話が面白くて、今でも見たように記憶してる。

そのころ、家は墨田区にあったが、家族は富山へ疎開していた。

その日、国府台の練兵場をでると、嬉しくてまず綺麗になろうと近くの江

戸川へ褌一丁でザボンと入り、支給されたシャボンで体中を洗いまくった

そうだ。

私たち子どもは、笑い転げてそんな話しを聞いたものだが、いまになって

みるともっとよく話しを聞いておけばよかった。

戦後、墨田区の家は焼けてしまったので、なんと市川に住むことになった。

小学校の頃は、毎年お花見で会社ぐるみ里見公園に行って楽しかった記憶

がある。

そういえば、そういう時の里見公園は怖くなかったなあ~~

人がいっぱい居たからだろうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日のつづき・・・漫遊記 | トップ | 健康麻雀?・・・不健康マー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む