STAY GREEN~GREENのブログ~

京都市在住で京都の近代史を勉強している者です。なお、ブログの趣旨に添わないコメントは削除させていただく場合があります。

テレビ放送の紹介(5月12日~5月13日)

2017-05-11 10:52:18 | テレビ放送の紹介

Amazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)


 

テレビ放送のお知らせです。日時は関西のものとなっていますので、他地域の方はご確認の上でご覧下さい。

なお、予定は急に変更されることがあります。

 

5月12日(金)

(再放送)「BS世界のドキュメンタリー選「ルビー ランド~変わる世界最大の産地~」」(NHK BS1 深夜午前00:00~00:50)

世界最大とも称されるルビーの産地・モゴック。近年の経済開放政策によって始まった大規模採掘や中国系企業の参入は、伝統的な商いのあり方を変えようとしている。「富が地元の人々に還元されていない」と常々感じてきたミャンマー人監督が現場に潜入し、一獲千金を夢見る採掘者、周辺環境を守る必要を感じるようになった企業オーナー、中国企業の内実を知る情報ツウなどを取材。大きな変化のただ中にあるミャンマーを切り取る。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160225

 

(再放送)「バリバラ「バリアフリーを検証!2020年東京パラリンピック応援企画」」(NHK Eテレ 深夜午前00:00~00:30)

2020年の東京パラリンピックまで、あと3年。大勢の障害者アスリートや観客が世界中から集まった時、会場設備や移動手段、サポート体制など、日本のバリアフリーは大丈夫なのか?バリバラでは、さまざまな障害のあるパラリンピアン6人による「パラリンピアン会議」を開催。街へ出て、実際に会場周辺のバリアフリー状況を検証、さらにドッキリ企画も!2020年以後にも残る“レガシー”を目指し、何をすべきか考える。

http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=422#top

 

(再放送)「ETV特集「暮らしと憲法 第1回 男女平等は実現したのか」」(NHK Eテレ 深夜午前01:45~03:00)

憲法24条では「法律は個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならない」と男女平等がうたわれた。民法も改正され、戦後日本を大きく変える原動力となった。しかし、2016年、世界経済フォーラムによれば、平等の度合いは144か国中111位。特に経済と政治の分野で男女格差が大きい。「男女平等」の理想を実現すべく、職場や暮らしの中で差別と闘ってきた人々の証言から、70年の歴史を見つめる。

http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2017-05-11/31/3960/2259572/

 

「視点・論点「韓国大統領選関連」」(NHK総合 午前04:20~04:30)

東京大学教授…木宮正史

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/

 

「キャッチ!世界のトップニュース」(NHK BS1 午前07:00~07:50)

【映画で見つめる世界のいま~アジア・庶民へのまなざし】東京大学大学院教授の藤原帰一さんとともに各国の注目映画を通して、背景にある政治や社会を読み解くコーナー。今回はアジアに暮らす人々を見つめた2つの作品を紹介する。イランでタクシーに乗り合う乗客の撮影を通して、庶民の等身大の姿を描いた「人生タクシー」。チベットの遊牧民の少女の目を通して、厳しい自然の中で生きる家族の葛藤や絆を描いた「草原の河」。

http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/catch/

 

「くらし☆解説「クロマグロ規制の行方は? 合瀬 宏毅 解説委員」」(NHK総合 午前10:05~10:15)

漁獲量の規制が求められるクロマグロ。今年は約束した漁業枠を突破、日本の漁業関係者は規制強化に反発し、漁獲量の緩和を求めています。今後の規制のあり方や、マグロを獲らない取り組みを紹介します。

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu/kurashi/index.html

 

(再放送)「ろうを生きる 難聴を生きる▽映画を通してろうの世界を伝えたい<字幕スーパー>」(NHK Eテレ 午後00:45~01:00)

広告会社に勤める牧原依里さん(30)。5年前、イタリアでろうの映画祭を見て、映画を通してろうの世界を伝えたいと思い立ち、この春渋谷で東京ろう映画祭を開催しました。3日間で北野武監督作品など国内外12作品を上映。海外ゲストや園子温監督の来場など盛りだくさんの内容です。しかし牧原さんは映画祭の運営経験ゼロ。ろう者や聴者の仲間たちとともに映画祭を実現させるまでの日々を追い、映画祭にかける思いを描きます。

http://www.nhk.or.jp/heart-net/rounan/backnumber/detail.html?id=40651

 

(再放送)「視点・論点「韓国大統領選関連」」(NHK Eテレ 午後01:50~02:00)

東京大学教授…木宮正史

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/

 

(再放送)「BS1スペシャル「ニューヨーク地下鉄7号線~移民たちはどこへ~」」(NHK BS1 午後07:00~07:50)

ニューヨーク市クイーンズ区、この街を東西に貫くのが「サブウェイ7号線」。沿線には120か国以上から来た人々が暮らすといわれる、世界屈指の移民街だ。トランプ政権の誕生でいま、人々の暮らしは大きく揺さぶられている。強制送還におびえる人々。アメリカに入国できずに離ればなれになる家族。コミュニティーに何が起きているのか。マンハッタンとクイーンズを直結する7号線沿線の街と人をルポし、移民たちの今を描き出す。

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-05-12/11/5832/2625187/

 

「かんさい熱視線「本当に実現は可能か 関西企業の働き方改革」」(NHK総合 午後07:30~08:00)

抜本的な“時短”を目指し今年3月に国が定めた「働き方改革実行計画」。中小企業20万社がひしめく大阪で試行錯誤が始まっている。「長時間労働者ゼロ」を目標に掲げ、従業員の労働時間を減らせない店長は降格させることにした外食チェーン。職人に任せていた仕事を洗い出し、会社が作業工程を管理するよう改めた内装会社。人手不足に苦しむ飲食業や厳しい納期に追われる製造業の現場で、働き方改革の「理想」と「現実」に迫る。

http://www4.nhk.or.jp/P2852/x/2017-05-12/21/35855/8207857/

 

(再放送)「BS1スペシャル「雇用は守れるか~アメリカ ラストベルトの労働者たち~」」(NHK BS1 午後09:00~09:50)

トランプ大統領誕生の原動力となったアメリカのラストベルト(さびついた地帯)。かつて鉄鋼や重工業が盛んだった地域で製造業の拠点だった。しかしグローバル化で工場は海外に次々と移転。労働者たちは解雇や経済苦境からの脱却を求め、トランプ氏に一縷(いちる)の望みを託して投票した。トランプ就任から100日、公約通り労働者の雇用は確保されるのか。インディアナ州の鉄鋼労働組合を舞台に、労働者たちの日々を見つめる。

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-05-12/11/4720/2515642/

 

「時論公論 テーマ未定」(NHK総合 午後11:55~00:05)

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/

 

5月13日(土)

(再放送)「スーパープレゼンテーション<字幕版>・選「心にも応急手当てが必要だ」」(NHK Eテレ 深夜午前01:25~01:50)

ニューヨークで活躍する心理学者でセラピストのガイ・ウィンチが登場、心の応急手当ての必要性を訴える。失敗して悩んだり、拒絶されて孤独感にさいなまされたり……誰もが経験する心の傷。しかし、ウィンチによれば、こうした心の傷を手当てする方法を身につけている人はほとんどいないという。心も体と同じくらい大切にメンテナンスする必要があると語るウィンチ。プレゼンでは、手軽にできる心の応急手当ても紹介する。

http://www4.nhk.or.jp/superpresentation/x/2017-05-12/31/5117/2514182/

 

「NHK映像ファイル あの人に会いたい「阿川弘之(作家)」」(NHK総合 午前05:40~05:50)

作家・阿川弘之さん。自らの海軍での経験を綴(つづ)った小説「春の城」をはじめ、海軍大将の苦悩を描いた「山本五十六」などを発表。戦争とは何かー、なぜ日本は戦争を避けられなかったのかー。戦後世の中が平和主義を叫ぶ中、あえて軍人を主人公にした作品を書き続けてきた。一元的な主義主張にかたよれば、本質を見失うー。阿川さんの執筆人生をたどり、海軍出身の一人の作家が貫き通した「覚悟」を見ていく。

http://www4.nhk.or.jp/anohito/x/2017-05-13/21/5014/1995532/

 

「週刊 ニュース深読み 韓国・新大統領誕生 “近くて遠いとなりの国”でいま何が?(仮)」(NHK総合 午前08:15~09:30)

5月9日、韓国で新しい大統領が誕生します。北朝鮮への対応など、大統領選をめぐり様々なニュースが相次いでいますが、私たちはそもそも隣国・韓国のことをどのくらい知っているでしょうか。 今も北朝鮮とは戦争状態にあり、巨大なビルとバラックが同居する様な格差が広がり、過酷な学歴社会の中で若者の失業率が高い状態が続く韓国。大統領選を入り口に「近くて遠いとなりの国」韓国のいまとアジアのこれからを深読みします。

http://www1.nhk.or.jp/fukayomi/

 

(再放送)「かんさい熱視線「本当に実現は可能か 関西企業の働き方改革」」(NHK総合 午前10:55~11:25)

抜本的な“時短”を目指し今年3月に国が定めた「働き方改革実行計画」。中小企業20万社がひしめく大阪で試行錯誤が始まっている。「長時間労働者ゼロ」を目標に掲げ、従業員の労働時間を減らせない店長は降格させることにした外食チェーン。職人に任せていた仕事を洗い出し、会社が作業工程を管理するよう改めた内装会社。人手不足に苦しむ飲食業や厳しい納期に追われる製造業の現場で、働き方改革の「理想」と「現実」に迫る。

http://www4.nhk.or.jp/P2852/x/2017-05-12/21/35855/8207857/

 

(再放送)「こころの時代~宗教・人生~ アンコール「“普通”の今を生きる」」(NHK Eテレ 午後01:00~02:00)

愛知県岡崎市の金田亜可根さんは、がん患者やその家族に向けて自宅を開放し、旬の食材を使った手料理を味わいながら、不安や孤独を抱える人々と向き合っている。「当たり前の日常から、いのちを考える必要がある」と金田さんはいう。金田さんには、今ものしかかる死がある。生後間もない長男を突然失った孤独、なすすべなく病院で友人が亡くなったことへの戸惑い。「いのちとは何か」、“普通”の今を生きる金田さんのことば。

http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2017-05-13/31/5166/2008255/

 

「報道特集」(MBS毎日放送、TBS系列 午後05:30~06:50)

韓国に新大統領 南北は?日韓は?

http://www.tbs.co.jp/houtoku/

 

(再放送)「BS1スペシャル「欲望の民主主義~世界の景色が変わる時~」」(NHK BS1 午後08:00~09:50)

大反響の資本主義論に続く民主主義論。現代社会の両輪の2つの思想、制度はいつからおかしくなり、歯車が合わなくなったのか?「居場所」を失った人々の「破壊衝動」が世界を変え、民主主義を葬り去ろうとしているのか?その時、理性の力は?欲望をキーワードに、人々の心の闇を見続けてきた老練な社会学者から、民主主義に新たな定義を与える若き天才哲学者まで、揺れるアメリカ、大統領選迫るフランスを取材。希望は見えるか?

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-05-13/11/12122/2225488/

 

「ろうを生きる 難聴を生きる▽盲ろう者たちの家~日本初の専用グループホーム※字幕」(NHK Eテレ 午後08:45~09:00)

日本で初めて、目と耳の両方に障害のある盲ろう者専用のグループホームが大阪に開設されました。盲ろう者たちが、手の感触で手話を読み取る「触手話」でコミュニケーションを取りながら、支え合って生活します。この春、新たに入居した盲ろう者の金磯康平さん(46)。見えず聞こえずの孤独を抱えてきた康平さんの人生は、グループホームで同じ境遇の仲間たちと出会い、どう変わるのか。その知られざる日常に密着しました。

http://www.nhk.or.jp/heart-net/rounan/backnumber/detail.html?id=40683

 

「NHKスペシャル「巨大水中洞窟を潜る 絶景 オルダ“水の宇宙”」」(NHK総合 午後09:00~09:50)

ロシア・ウラル山脈の麓にある「オルダ水中洞窟」。“世界で最も美しい”と言われる絶景を世界で初めて4Kカメラがとらえた。極寒の大雪原の下にあったのは「ひたすら透明な水」と「真っ白な石膏(せっこう)」が作り出す地下世界。さらに科学者とともに洞窟誕生の謎を追うと、3億年前の地形や気候の変動で偶然生まれた「奇跡の物語」が見えてきた。危険と寒さを乗り越えて迫った圧倒的な映像美で、巨大水中洞窟の全貌に迫る。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170513

 

「BS1スペシャル▽エマニュエル・トッドが語るトランプショック~揺れる米中関係~」(NHK BS1 午後10:00~10:50)

今年1月に就任したトランプ米国大統領は「保護主義は国益に資する」と就任演説で語り、最大の輸入相手国である中国に高関税をかけるなどと主張。一方、中国の習近平主席は、「グローバル化」を敵視するトランプ政権を批判。両国の間で経済戦争が勃発するのではないかと危惧された。しかし、米中会談やシリア、北朝鮮情勢を受けて、状況は複雑化している。米中関係はどこへ向かうのか。未来学者エマニュエル・トッド氏が読み解く。

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-05-13/11/4981/2779244/

 

「ETV特集「暮らしと憲法 第2回 外国人の権利は」」(NHK Eテレ 午後11:00~00:00)

日本国憲法で国民に認められた生存権や教育を受ける権利。しかし、外国人の権利に関する条文はない。もともとGHQの憲法草案には、外国人にも等しく法律の保護を受ける権利があるとされていたが、この条文は消えた。現在、定住外国人には義務教育を受ける権利があるが、就学できない子供もいる。また、生活保護の支給は通知に基づいて地方自治体の判断に任されている。外国人の権利をどう考えるのか、暮らしの現場から見つめる。

http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2017-05-13/31/5208/2259573/

 


お笑い自民党改憲案
ピーコ,谷口 真由美,佐高 信
金曜日

 

緊急事態条項で暮らし・社会はどうなるか: 「お試し改憲」を許すな
清末 愛砂,飯島 滋明,石川 裕一郎,榎澤 幸広
現代人文社

 

改憲の何が問題か
クリエーター情報なし
岩波書店

 

考えてみませんか 9条改憲
久保田 貢
新日本出版社

 

憲法問題 なぜいま改憲なのか (PHP新書)
伊藤 真
PHP研究所

 

対論!戦争、軍隊、この国の行方―九条改憲・国民投票を考える
渡辺 治,伊藤 真,畑山 敏夫,小林 節
青木書店

 

増補版 赤ペンチェック 自民党憲法改正草案
伊藤真
大月書店

 


 

[おすすめ]プロも使ってる補修用具 →http://amzn.to/2r3Vu6r

【Canon最新プリンター】 コンパクトな上に高い印刷クオリティを実現→http://amzn.to/2r23Pqg

DVD・ブルーレイ→http://amzn.to/2r3CaWW

ドラッグストア→http://amzn.to/2r1Kq8Y

産業・研究開発用品→http://amzn.to/2r3HFEP

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イベント紹介-「平和憲法と... | トップ | 『君の名は。』Blu-ray&DVD... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ放送の紹介」カテゴリの最新記事