STAY GREEN~GREENのブログ~

京都市在住で京都の近代史を勉強している者です。なお、ブログの趣旨に添わないコメントは削除させていただく場合があります。

テレビ放送の紹介(2017年12月8日~12月9日)

2017-12-06 11:29:10 | テレビ放送の紹介

Amazon.co.jpで在庫一掃セールのオンラインショッピング


テレビ放送のお知らせです。日時は関西のものとなっていますので、他地域の方はご確認の上でご覧下さい。

なお、予定は急に変更されることがあります。

 

12月8日(金)

「BS世界のドキュメンタリー カラーでよみがえるアメリカ「1950年代」」(NHK BS1 深夜午前00:00~00:50)

第4作=1950年代は、アメリカが世界の頂点に立つ時代。アメリカン・ドリーム、ベビーブーム、郊外の住宅街開発、各家庭にテレビ…夢や希望が全米にあふれた。朝鮮戦争では、トルーマンと対立したマッカーサーが「老兵は死なず」と語って軍を去る。赤狩りの波は政財界からハリウッドへ。黒人音楽をベースにしたロックンロール、そしてプレスリー旋風…宇宙開発では、先行するソ連との間で競争が激しくなっていく。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=171208

 

(再放送)「バリバラ「“超人”とよばないで!」」(NHK Eテレ 深夜午前00:00~00:30)

障害のある人にとっては、まだまだバリアの多い社会。でも障害者だからこそ、できることもあるはず!ということで障害特性を生かして様々な分野に挑戦してみることに。音を聞くだけで電車を識別できるという男性が、ボートレース場へ!?筋ジストロフィーで顔の表情が乏しいことに悩む女性コンビが、動かない表情を武器にポーカーチャンピオンに挑む!果たして結果は?そして、そこから見えてきたものとは?【出演】西川史子

http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=611#top

 

「10min.ボックス 地理▽なぜ第三次産業の割合が増えたの?~日本の資源と産業」(NHK Eテレ 深夜午前01:15~01:25)

今回の疑問は「なぜ第三次産業の割合がこんなに増えてきたの?」1950年代以前は農業や漁業などの第一次産業が盛んだったが、同じ年代の終わり頃には製造業などの第二次産業が盛んになった。そして今では、外食産業や情報通信業などの第三次産業の就業人口が一番増え、第一次、第二次産業の割合が減っている。なぜ第三次産業の割合が増えたのか、「人々の生活」や「貿易」など、いくつかの「見方」をもとに探っていく。

http://www.nhk.or.jp/syakai/10min_tiri/

 

「キャッチ!世界のトップニュース」(NHK BS1 午前07:00~07:50)

▽ギリシャ経済はいま・経済指標が好転する一方で若者の流出が進むギリシャ▽各国放送局の注目ニュース▽NY経済情報▽世界の天気ほか※内容変更の場合あり

http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/catch/index.html

 

(再放送)「映像の世紀プレミアム 第5集「グレートファミリー 巨大財閥の100年」」(NHK BS1 午前09:00~10:30)

石油王ロックフェラーは晩年にカメラマンを雇い、映像によって自身のイメージ回復を図った。ロックフェラー家、ロスチャイルド家、モルガン家、デュポン家などの巨大財閥は恐慌や大戦によって繁栄を遂げたが、財閥秘蔵のプライベートフィルムからは大衆との対立に苦悩する彼らの素顔が見えてくる。さらに戦後は、ホテル王ヒルトンや海運王オナシスなど新たな財閥が台頭した。(初回放送:BSプレミアム 2016年)

http://www4.nhk.or.jp/P4235/x/2017-12-08/11/18267/2899056/

 

「くらし☆解説 架空請求相次ぐ 被害にあわないために 三輪 誠司 解説委員」(NHK総合 午前10:05~10:15)

アマゾンの動画サービスの料金を支払うように求める偽の電子メールが多発し、少なくとも1億2000万円の被害が出ているとして消費者庁が注意を呼びかけています。その手口と対策について解説します。

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu/kurashi/index.html

 

(再放送)「ろうを生きる 難聴を生きる「プロの料理人を目指して」」(NHK Eテレ 午後00:45~01:00)

全国で唯一調理師免許を取得できるろう学校があります。東京都立葛飾ろう学校です。プロが生徒たちに指導し、これまで聞こえない料理人を多数輩出してきました。11月、生徒たちは高校生を対象にした料理の全国大会に出場します。参加校10校の中で、ろう学校の出場はこのチームだけ。フライパンで肉を焼く音が聞こえないなどハンディがある中、どのような料理を大会で作るのでしょうか。全国大会に挑む生徒たちの姿を見つめます

http://www.nhk.or.jp/heart-net/rounan/backnumber/detail.html?id=45121

 

「NHK高校講座 日本史「琉球と北海道」」(NHK Eテレ 午後02:00~02:20)

江戸時代以前に蝦夷地(えぞち)と呼ばれた北海道では、アイヌ民族が独自の言語と文化を育みながら暮らしていた。また、現在の沖縄県には琉球王国という海洋国家があった。そんな二つの地域は、近世から近代にかけてどのような歴史を歩んだのだろうか? 明治政府と清との関係や、ロシアをはじめとする欧米列強との関係に注意しながら学んでいく。

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/nihonshi/

 

「NHK高校講座 世界史「第一次世界大戦とロシア革命」」(NHK Eテレ 午後02:20~02:40)

今回のツアーで訪ねるのは主に20世紀のヨーロッパとロシア。1914年、欧州各国を巻き込み第一次世界大戦が勃発した。ロシアでは戦争中に革命が発生してロマノフ王朝が倒れてしまう。それはなぜだったのだろうか? 革命によって誕生したのは世界初の社会主義国家ソ連だった。革命を主導したレーニンは一体どんな国家を目指したのだろうか? モスクワの赤の広場などを訪ねてひもといていく。【出演】眞鍋かをり、永松文太

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/sekaishi/

 

「NHK高校講座 地理「ここに注目!中東」」(NHK Eテレ 午後02:40~03:00)

それぞれの国や地域ごとに掘り下げて現代世界を考察する。自然環境や民族、文化、産業、経済など、さまざまな視点で学ぼう! 「ここに注目!中東~イスラーム世界~」(1)都市は水が得られるところに (2)イスラーム社会と人々の生活 (3)なぜ紛争が絶えない?

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/chiri/

 

(再放送)「学ぼうBOSAI シンサイミライ学校「キャンプで学ぶ“BOSAI力”」」(NHK Eテレ 午後03:45~03:55)

防災を学ぶ「BOSAIキャンプ」が福島県いわき市で行われた。災害が起きたとき、どのように被害を防ぎ、どのように避難生活をのりきるのかを、実際に体験することで学ぶ1泊2日のキャンプ。火を消し止めるバケツリレーや、自分たちで火を起こし、空き缶でご飯を炊く。深夜、20キロメートルの道のりを歩くナイトウォークでは、避難の訓練とともに、みんなが一緒に目的地まで歩けるように助け合う心を学んでいく。

http://www.nhk.or.jp/sougou/bosai/

 

(再放送)「BS世界のドキュメンタリー「雲上のサムエル」」(NHK BS1 午後05:00~05:50)

山々を神としてあがめてきたボリビアの人々は、雪が降らなくなったのはチャカルタヤ神が怒っているからだと語る。山が水を供給しなくなった時、世界が変わるらしい。サミュエルの山小屋も閉鎖の危機にある。朝・昼・晩、刻々と姿を変えていく標高5,000メートル級の絶景と、山の人々の暮らしをノーナレーションで構成した作品。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=171110

 

「かんさい熱視線「頭髪指導 あなたはどう考えますか?」」(NHK総合 午後07:30~08:00)

大阪の府立高校に通う女子生徒が、生来茶色の髪を黒く染めるよう指導され、精神的苦痛を受けたとして、裁判を起こした。大阪府は、生徒は生来黒髪で、元の色に戻すための指導だったとして、争う姿勢を示している。こうした指導はなぜ行われているのか?別の高校の教員は「社会に出て行って、良い印象を持ってもらうことは大切」と、理解を得ながら頭髪指導をしているという。教育現場の実態を取材、生徒指導のあり方を考える。

http://www4.nhk.or.jp/P2852/x/2017-12-08/21/58954/8207903/

 

「歴史秘話ヒストリア「北の大地に夢をひらけ!お殿さまの北海道開拓史」」(NHK総合 午後08:00~08:43)

今から150年前、農業王国・北海道の礎を築いたお殿さま・伊達邦成(だて・くにしげ)。幕末動乱のなか逆賊とされた邦成は、再起を北海道の開拓にかける。きびしい自然や、新政府の政策に何度も苦しめられながら、邦成は伊逹の開拓地を「北海道開拓の見本」と賞されるほど豊かな農地につくりあげた。その成功のカギは「火山」そして「甘~いアンコ」!?倒幕志士の英雄伝とはことなる「もうひとつの明治維新」秘話をお送りする。

http://www4.nhk.or.jp/historia/x/2017-12-08/21/18434/1458334/

 

「魂で塗れ!~異色のペンキ屋集団 リトアニアへ~」(NHK BS1 午後09:00~09:30)

日本各地で塗装ボランティアを行ってきたペンキ屋集団「塗魂ペインターズ」。元暴走族や高校中退…メンバーの多くは、一度は社会からドロップアウトしたものたち。そんな彼らが、この夏、リトアニアに降り立った。「命のビザ」を発行しナチスから6千人のユダヤ人を救った日本人、杉原千畝の記念館を守るために。老朽化によって危機にひんする記念館の修復に奮闘するペンキ屋たちの物語。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/93115/3115299/index.html?c=housou

 

「国際報道2017」(NHK BS1 午後10:00~10:50)

最新の国際ニュース▽ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロ氏、独占インタビュー!授賞式直前の今、何を語る?▽中国ネット通販大手の「無人化戦略」 ほか

http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/bs22/index.html

 

「時論公論 テーマ未定」(NHK総合 午後11:55~00:05)

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/

 

12月9日(土)

「BS世界のドキュメンタリー カラーでよみがえるアメリカ「1960年代」」(NHK BS1 深夜午前00:00~00:50)

シリーズ最終回は、番組枠を通常より1日延ばす形で放送。1960年、大統領選挙で初めてテレビ討論が行われ、7千万人が視聴する中、ケネディがニクソンを圧倒。外交では、キューバ危機やベトナム戦争、国内では、キング牧師らによる公民権運動で、超大国は激動を続ける…若い世代は、ヒッピーに代表されるカウンターカルチャーに染まり、宇宙開発では、月面着陸に成功した米国が、ソ連との競争に決着をつけていく。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=171209

 

(再放送)「ガッテン!「認知症を防ぐカギ!あなたの“聴力”総チェック!」」(NHK総合 深夜午前00:10~00:55)

実は「聴力」は、脳の広い範囲に影響を与え、ひとたび聴力に問題が出ると「脳が萎縮」しやすいことが明らかになってきた。実は、60代でも2~3割、高齢者全体では3人に1人が、「耳の機能の低下」が隠れているが、日常会話などには問題がないので自分ではなかなか気づけない!そこで今回は、皆さんの「耳」を徹底チェック!脳を守るためのアイテムの最新情報などもあわせて、耳と脳を健康に保つための術を大公開!

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20171206/index.html

 

(再放送)「スーパープレゼンテーション<字幕版>「サイバー犯罪 捜査最前線!」」(NHK Eテレ 深夜午前01:25~01:50)

サイバーセキュリティーの専門家ジェームズ・ラインが、最新のサイバー犯罪の驚くべき実態を語る。サイバー攻撃によって、情報やお金が盗まれるのはもちろん、原子力発電所など重要なライフラインが破壊される可能性まで高まっている。サイバーセキュリティーの専門家たちは、どのように犯罪者たちを追い詰めるのか、捜査の様子をプレゼン。また、サイバー犯罪から身を守るために私たちは何をすべきか具体的なアドバイスも。

http://www4.nhk.or.jp/superpresentation/x/2017-12-08/31/20023/2514215/

 

「ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム「後編」」(NHK総合 深夜午前01:55~03:30)

これまで自らについて語ることがなかったミュージシャン、ボブ・ディランが、マーティン・スコセッシ監督の呼びかけに応えて、初期の創作活動を語ったドキュメンタリー。未公開のライブ映像なども集約し、多角的なアプローチからボブ・ディランの豊かな人間性に迫る。ひとりのミュージシャンにスポットを当てながらも、アメリカ社会の多様な歴史を浮き彫りにした一作。

http://www4.nhk.or.jp/P4233/

 

「週刊 ニュース深読み 現金が消える!? キャッシュレス社会で日本はどうなる?(仮)」(NHK総合 午前08:15~09:30)

先月、東京に「現金がいっさい使えない」レストランがオープンしてニュースになりました。支払いは電子マネーやクレジットカードのみでレジはありません。今、世界では「キャッシュレス化」が進み、欧米や中国では小規模店舗や屋台でもキャッシュレス。 対して「現金社会」の日本は今後、経済発展に乗り遅れるかもと警鐘をならす専門家も。世界はなぜキャッシュレスへ突き進むの?キャッシュレスが進むと暮らしはどうなるの?深読みします。

http://www1.nhk.or.jp/fukayomi/

 

(再放送)「かんさい熱視線「頭髪指導 あなたはどう考えますか?」」(NHK総合 午前10:55~11:25)

大阪の府立高校に通う女子生徒が、生来茶色の髪を黒く染めるよう指導され、精神的苦痛を受けたとして、裁判を起こした。大阪府は、生徒は生来黒髪で、元の色に戻すための指導だったとして、争う姿勢を示している。こうした指導はなぜ行われているのか?別の高校の教員は「社会に出て行って、良い印象を持ってもらうことは大切」と、理解を得ながら頭髪指導をしているという。教育現場の実態を取材、生徒指導のあり方を考える。

http://www4.nhk.or.jp/P2852/x/2017-12-08/21/58954/8207903/

 

(再放送)「サイエンスZERO「家電が狙われる!?新たなサイバー犯罪の脅威」」(NHK Eテレ 午後00:30~01:00)

いま、インターネットにつなげてスマートフォンなどで遠隔操作できる最新家電が大注目。ところが、その家電が何者かに不正に侵入され、監視カメラの映像をのぞき見られたり、個人情報を盗み出されたり、勝手に操られて世界規模のインターネット犯罪の道具に悪用されたりするリスクが浮かび上がっている。ネット家電を足がかりに社会全体まで脅かしかねない新手の犯罪の手口とは?あなたの家電を狙うネット社会の新たな脅威に迫る。

http://www4.nhk.or.jp/zero/x/2017-12-09/31/20071/2136658/

 

(再放送)「こころの時代~宗教・人生~「紛争の地から声を届けて」」(NHK Eテレ 午後01:00~02:00)

ユダヤ人ジャーナリストのアミラ・ハスさんは、イスラエルへの憎しみが渦巻くパレスチナ人居住区に住み、イスラエル支配下で苦悩する彼らの生活や人間としての心を世界に向けて発信してきた。その原点には、ナチスドイツによる強制収容所から奇跡的に生還した母親の教えがある。今年9月、アミラ・ハスさんは来日し、沖縄や福島を回った。そこで彼女がパレスチナと重ね合わせ考えたことは何か。自らの人生をひもときながら語る。

http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2017-12-09/31/20073/2008296/

 

(再放送)「BS1スペシャル「原発事故7年目 甲状腺検査はいま」」(NHK BS1 午後02:00~03:50)

福島第一原発事故後、相次いで見つかる子どもの甲状腺がん。専門家は、チェルノブイリとの比較などから「放射線影響は考えにくい」と報告。「過剰診断」の可能性が指摘されている。「不要な手術」が行われる恐れがあると、「検査を縮小すべき」という声も挙がり、波紋が広がっている。世界が経験したことのない難問に直面する福島。前編は、最新研究を交え、放射線被ばくとの関係に、後編は、検査のあり方を巡る混乱の根源に迫る。

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-12-09/11/26820/3115256/

 

「TVシンポジウム「いのちのマンダラに生かされる~今に息づく南方熊楠の思想~」」(NHK Eテレ 午後02:00~03:00)

地球環境を保護する「エコロジー」を100年前に日本で提唱したのが南方熊楠。若い頃から植物の世界に入り込み外国で研究を積んだ後帰国。熊野を舞台に自然観察を続けながら多様な生物が共存していることの重要性を世間に訴えた。活動の範囲は精神世界にまで広がり、たどり着いた思想を「南方マンダラ」と呼ばれる図に描いた。生誕150周年の今年、和歌山・田辺市で開かれた記念シンポジウムで業績の本質と思想の神髄に迫った。

http://www4.nhk.or.jp/P1699/x/2017-12-09/31/20074/1419363/

 

「たからのとき~福岡発地域ドラマ~」(NHK総合 午後03:05~04:05)

福岡県東峰村の「とうほう村テレビ」で住民ディレクターとして活動する室井たから(寺島しのぶ)。不器用ながらもリポートを続けるが、慣れない撮影にその奮闘は時に空回りする。高校生の娘・みのり(藤野涼子)は、そんな母の姿を恥ずかしく感じ、応援できずにいた。母に反発するみのり。しかし、母・たからにはどうしても「撮らなければならない」秘密があった。そして次第にあらわになるたからの異変…母、娘の心ゆさぶる物語。

http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/takara/

 

「もうひとつの たからのとき」(NHK総合 午後04:05~04:48)

地域ドラマ「たからのとき」の制作に協力していただいた東峰村の住民の方から一通のメールが届きました。「ドラマを作った皆さんに見守っていただけたら」。以来スタッフは5か月にわたり村の様子を記録してきました。そこにはどんなに不安ややりきれなさ、悲しみを抱えていても、それを心にしまって支え合いながら、前を向いて生きる人々の姿がありました。悲しみも幸せも抱えながら、ふるさとを支えに生きていく人々の記録です。

http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/takara/

 

「明日へつなげるコンサート」(NHK総合 午後04:50~05:50)

震災から6年。いまだ各地で自然災害が発生し多くの方々が被災している中、楽しいステージショーを被災された方々にお届けするこの番組。今回は東日本大震災で被災した宮城・石巻から益城町の小学校に赴任した先生が感じた子供たちの心境など熊本の現状とともに名曲を紹介します。司会石丸幹二、黒崎めぐみ。水前寺清子、コロッケ、島津亜矢、新妻聖子、10神ACTOR、くまモン。

http://www4.nhk.or.jp/P3586/x/2017-12-09/21/19980/2040562/

 

「報道特集」(MBS毎日放送、TBS系列 午後05:30~06:50)

色覚異常 知るべき? 知らないべき?

http://www.tbs.co.jp/houtoku/

 

「BS1スペシャル「仲代達矢 命と向き合う」」(NHK BS1 午後08:00~08:50)

役者・仲代達矢さん。84歳のいまも現役として舞台に立ち続けている。この秋、役者として最後の覚悟で臨む舞台に立っている。亡き妻が演出を手がけた反戦劇だ。戦争を知らない時代に「命の大切さ」「平和の尊さ」を伝えたいと考えている。自らの老いと向き合いながら格闘する日々を追う。

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-12-09/11/19887/3115292/

 

「ろうを生きる 難聴を生きる「聞こえないキックボクサーの挑戦」」(NHK Eテレ 午後08:45~09:00)

主人公は耳の聞こえないキックボクサー郷州宜征選手です。10月、チャンピオンのベルトをかけたタイトルマッチに挑戦。この番組では、4年前に郷州選手を取材しました。聞こえない事が原因で試合ではハンディもありました。あれから4年、郷州選手は当時交際していた擁(まもみ)さんと結婚し、仕事や所属ジムも変え、ひたすらチャンピオンベルトの夢を追ってきました。番組では10月の試合を取材。果たして夢は叶うのでしょうか

http://www.nhk.or.jp/heart-net/rounan/backnumber/detail.html?id=45223

 

「すくすく子育て「なんとかしたい!家事ストレス」」(NHK Eテレ 午後09:00~09:30)

子育て世代の悩み・疑問を専門家と一緒に考える「すくすく子育て」。今回のテーマは「家事ストレス」です。育児中の家事に頭を抱えていませんか。「予定通り進まずイライラ。どうしたらいい?」「専業主婦は家事をひとりでするべき?」「パパとの上手な家事シェアの方法は?」など、たくさんの質問が寄せられました。共働き、育休中、専業主婦など様々なママの日常を見ながら、家事ストレスを減らす方法を考えます。

http://www.nhk.or.jp/sukusuku/

 

「SWITCHインタビュー 達人達(たち)「伊勢崎賢治×菅原小春」」(NHK Eテレ 午後10:00~11:00)

国連からシエラレオネなどに派遣され、対立勢力の武装解除などの作業に当たってきた伊勢崎。少年兵となった子どもたちの再教育など難しい現実に直面してきた。一方、世界的なダンサーとして知られる菅原は、菅原のダンスに憧れる若者たちに向けたワークショップを世界各国で開いている。国も民族も違う者同士でどこまで心の疎通は図れるのか、自由な表現はどこまで人の心に届くのか、シビアな現実と闘う二人の刺激的なトーク。

http://www4.nhk.or.jp/switch-int/x/2017-12-09/31/20117/2037166/

 

(再放送)「ETV特集 アンコール「カズオ・イシグロをさがして」」(NHK Eテレ 午後11:00~00:30)

受賞のしらせに「フェイクニュースの時代、間違いかと思った」と取材陣を笑わせたカズオ・イシグロ。物静かな中にもユーモアを忘れない人柄は、作品にも共通するものだ。常に小説スタイルを変えるとされるイシグロだが、一貫するテーマは「記憶」だ。そこには生まれ故郷の長崎との深い関係がある。「わたしを離さないで」「日の名残り」など作品の魅力を、分子生物学者の福岡伸一、女優ともさかりえらが、それぞれの視座から探る。

http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2017-12-09/31/20120/2259609/

 


東日本大震災→http://amzn.to/2iWMK2K

福島第一原発事故→http://amzn.to/2AyoyIg

熊本地震→http://amzn.to/2iZGKpU

戦争体験→http://amzn.to/2AyDjLe

戦争遺跡→http://amzn.to/2Az1YPQ


Amazon中古ストア→http://amzn.to/2BM427o

ベビー用品、マタニティ→http://amzn.to/2AutsIh

産業・研究開発用品→http://amzn.to/2AyVWPb

ミュージック CD & アナログレコード→http://amzn.to/2BLBXgi

食品・飲料・お酒→http://amzn.to/2B0zEZz


「ガールズ&パンツァー」→http://amzn.to/2AyHcQw

「プリンセス・プリンシパル」→http://amzn.to/2iX8lZ0

島田フミカネ→http://amzn.to/2AtnVSl

アニメBD・DVD→http://amzn.to/2BLFxHn

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 史料紹介-近代日本における人... | トップ | 初級難民講座「難民について... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ放送の紹介」カテゴリの最新記事