STAY GREEN~GREENのブログ~

京都市在住で京都の近代史を勉強している者です。なお、ブログの趣旨に添わないコメントは削除させていただく場合があります。

「サクラクエスト」第5話、やっと始まる第一歩

2017-05-05 15:44:51 | 2017年アニメ

第5話『ユグドラシルの芽生え』

悲しんでいるわけにはいかないと、国王たちは彫刻の歴史を勉強しました。勉強した結果、国王は彫刻を使った巨大建造物を作るのはどうかと思いつきました。たくさんのお金を集めるために、とある画家に建造物の絵を描いてもらうようにお願いしました。国王は落ち込んでいたIT大臣を励まして、再び仲間になってもらいました。元気になったIT大臣が、国王の思いつきを良い感じに修正することになりました。駅を彫刻で立派な建造物にすることになって、怒っていた人たちも協力してくれることになりました。駅は町の玄関です。電車に飛びのっても、そんなに簡単に靴は脱げません。

脚本:横谷昌宏 コンテ:室井ふみえ 演出:太田知章 作画監督:横山沙弓

http://sakura-quest.com/story/05.html


間野山彫刻によって町興しをしようとした由乃たちだったが、自分たちが間野山のことも彫刻のことも何も理解していないことを一志に指摘され落ち込む

 

 

一から勉強しようとこれからは自習。各自欄間をみたり、彫刻について調べたり、自分で彫刻を彫ってみたり

 

 

こちらは葬式に出かける辰男

 

 

心の内を一志に指摘され、傷ついた早苗は一人駅へ行く。そこで葬式帰りの辰男と出会い、心の内や「駅」について語り合う。

早苗「でも駅に来てここから延びた線路が東京とかいろんな町につながってるんだぁ、て思うと何か元気が出る気がして。変ですよね、スマホやパソコンでいつでも世界中の誰かと繋がれるのに」  

辰男「でもその気持ち、なんとなくわかる気がします。駅って滅茶苦茶アナクロな場所やけどそこがいいんやと思う」

 

 

各自の自習は続く、それにしても七福神って「どんどんドーナツ」?

 

 

 

そして各自の自習の成果発表。間野山彫刻は元々門前町に仏師が集まって始まったものだが、その後の需要の変化により仏像→看板→欄間となっていった。ではその次にくるのは何か。由乃が考えたのはチュパカブラ王宮を間野山彫刻で作り替えること。それもサグラダ・ファミリアのように時間をかけて(なにげに駅のポスターが写っている)

 

 

しかしこの案は会長に却下される。予算はどうするか、無名の人物が彫刻を彫っても集客にはつながらないっと

 

 

こちらは一人家へ残っている早苗のもとに客が。辰男でした

 

 

アンジェリカの店で彫刻で作ったサンダルを見せ、意見を求める辰男。そして辰男の口から一志が彫っているものは依頼主が死亡しキャンセルされたものであることが

 

 

残りの4人のところには「謎の人物」登場。サンダルさんです

 

 

凛々子、サンダルさんの正体を突き止めたようです。本名 アレクサンドル・シーナ・デイビス・チェリビダッケ。かなり有名な芸術家(ただし放浪癖あり)。サンダルさんにイメージ画を描いてもらおうとしますが、いきなりパトカーで連行されてしまう

 

 

一方、兄弟弟子を見つめる早苗

 

 

サンダルさんは連行されたのではなく、パトカーをヒッチハイクしただけ。そして由乃は絵を描いてもらうことに成功

 

 

再スタートに気合いを入れる4人。資金集めのためのスポンサー探しに各自取り組む。由乃・しおりは飛び込みの営業、凛々子はダイレクトメール、真希は電話

 

 

飛び込み営業のためバスに乗り込む由乃。そこで最初は嫌で帰りたがっていたことを指摘され「バカ」(ほめ言葉)と言われる。このあたりの展開「花咲くいろは」みたい

 

 

その夜、彫刻のサンダルを見て話し合う由乃と早苗。自分の代わりっていくらでもいるのか?由乃は答える「「どんな仕事だって代わりはいても、結果はその人にしか出せないことがある。」

 

 

翌朝、作戦会議を開こうとすると、そこには早苗の姿が。早苗はIT大臣として今回の計画に意見を述べる。まず資金集めにはスポンサー探しとクラウドファンディングを

 

 

そして彫刻で彩る場所はチュパカブラ王宮ではなく駅に。早苗が駅にこだわる理由は「駅は町の玄関、そしてそこに暮らす人たちのランドマーク的存在、出会いと別れ、物語の生まれる場所。その物語を彫刻で彩るのよ」

 

 

そして「最初の一枚」を求めて

 

 

そしてやっと始まる第一歩

 

 

そして入ってくる電車、駅に降りる人たち

 

 

次回予告

 

 

PAのお仕事シリーズ第3段です。ただ前2作と違って扱っているテーマが生々しいというかリアル。

「花咲くいろは」は一人の少女の成長を軸にしたもので、「SHIROBAKO」はアニメ制作現場というものをユーモラスな形で表現したものであるに対し、「サクラクエスト」は町興し・過疎など今の日本が抱えているものを題材としています。それだけにその展開や結論がこのアニメの評価、つまり「神アニメ」・「クソアニメ」との評価へと繋がってしまうでしょう。

町興しや過疎をおもしろおかしく扱っては「現実離れしている」、「実態を知らない」などと顰蹙をかいそうですし、あまりリアルに寄せすぎるとアニメとしての独創性や特徴が薄れてしまうでしょう。

よそ者が町興しをしようとするとき、いかにそこに住む地域の人たちの支持を得られるかが大きなポイントとなります。

第1話を見たときは、1クール目は挫折の連続で2クール目から地域の人たちの理解も得られ徐々に盛り返していくのかな、と思ってまた。しかし案外に早くとっかかりがつかめたようですね。

今後どのような展開をしていくのか楽しみにしています。

 


 

関連記事

TVアニメ『サクラクエスト』イベント、「間野山サミット in ディファ有明」開催決定!


 

【Amazon.co.jp限定】サクラクエスト Vol.1(初回生産限定版)(早期予約特典:キャラクターブロマイド:織部凛々子/CV 田中ちえ美 複製サイン入り(L判)付)(第1巻購入特典:描き下ろしA3タペストリー付)(1~3巻連動購入特典:描き下ろし全巻収納BOX付)(全巻購入特典:メインキャスト5名複製サイン入り第13話コンテ集引換シリアルコード付) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
東宝

 

サクラクエスト Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
東宝

 

【Amazon.co.jp限定】サクラクエスト Vol.2(初回生産限定版)(1~3巻連動購入特典:描き下ろし全巻収納BOX付)(全巻購入特典:メインキャスト5名複製サイン入り第13話コンテ集引換シリアルコード付) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
東宝

 

サクラクエスト Vol.2(初回生産限定版) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
東宝

 

【Amazon.co.jp限定】「Morning Glory」【豪華盤】(TVアニメ『サクラクエスト』オープニングテーマ) (Amazon.co.jp限定 ジャケ写ブロマイド(OPso-bin描き下ろし絵柄使用)付)
クリエーター情報なし
東宝

 

【Amazon.co.jp限定】「Freesia」【豪華盤】(TVアニメ『サクラクエスト』エンディングテーマ) (Amazon.co.jp限定 ジャケ写ブロマイド(EDso-bin描き下ろし絵柄使用)付)
クリエーター情報なし
東宝

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月5日は「ガールズ&パンツ... | トップ | イベント紹介-「第35回キリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL