よしだルーム

吉田政勝の文学的な日々

石原裕次郎のことば

2017-06-10 13:42:44 | 日記

この言葉は・・・
これは某牧場のトイレに入ったら貼ってあった。主人は裕次郎のその言葉を毎日見つめていたにちがいない。菜根譚という本を愛用する私が、どこかで読んだ箴言と気づいた。このように人付き合いしたい。人は相手に要求するばかり。してやったら忘れる・・・なかなか容易くない。
菜根譚にあった。
裕次郎に渡哲也、なかにし礼が心酔した。彼の魅力と同時に哲学という箴言が人柄につながっていた。7月17日、裕次郎没後30年である。永遠の大スターである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まるちゃんが教えてくれる~ | トップ | 寒風の華・山下僚写真集 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。