さいたまメンタル労務アドバイザー とことん日記(奮闘篇)

メンタルヘルス、ハラスメント、キャリアコンサルティングを得意とするさいたま在住社会保険労務士の奮闘記です。

立ち食いそば 雑感

2017-03-13 09:26:18 | 雑感

 どんより曇り空の月曜日の朝です。

 昨日は、卓球で汗流しした以外は、家でのんびり。

 その卓球では、ラケットを持った右手の薬指を卓球台にぶつけて突き指に。ちょっと腫れています。何かバチが当たったかなあ?

 ところで、私は本ブログでも何回か触れたかな 結構、昼飯で立ち食いソバやさんに入ります。

 注文するのは かき揚げそば か コロッケそばか 最近は かけそばが多いです。

 正直 かけそばチケットをお店の人に渡すときは ちょっとだけ恥ずかしいのですが・・・

  お店の人も「かけそば 1つ」というときは心なしか他のメニューの時よりも声が小さい感じ??

 その立ち食いソバにつき、先日 三谷幸喜さんが朝日新聞の「ありふれた生活」に書いていました。

 題は「コロッケそば食する極意」。

 さて、その極意とは? ちょっとご紹介。

 「すぐに箸をつけてはならない。・・・徐々に汁がコロッケに染み込んでいく。コロッケは、コロッケであることを断念し、汁と馴染み始める。待つこと2分。ここでようやく箸を取る。しかし、コロッケをつまんで、口に入れるような下品な真似は、くれぐれも、しないように。・・・まず、箸でコロッケをほぐす。・・・」

 ですって。この後、コロッケそばの醍醐味が展開するのですが・・・

 下品な私はここまでで醍醐味を断念です。

 それにしても、さすが作家ですねぇ。コロッケそばでここまで文章を盛り上げていくとは・・・

 立ち食いソバやさんで2分間待つなんて・・・フフッ 早く食べることこそね。

ジャンル:
独立開業起業
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『流れる星は生きている』 | トップ | 寒の戻り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL