shining's ブログ 「音楽と旅と珈琲と」

音楽大好き男の徒然なる日記

期待したい「新青函トンネル」と、残念な結果の「日高本線」

2017-02-22 | 日記
遅くなってしまったが、北海道新聞にこんな記事が載っていた。

北海道新聞 2017年2月14日付記事
「青函に新たなトンネル構想 貨物と自動車用2本 経済団体発表」
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0368398.html

ケチだね、道新も。
どうせなら全文掲載してくれてもいいのに。

現状では青函トンネルが完全に「北海道新幹線」の運行を前提にされてしまっただけに、
やはり貨物列車の運行を考慮して、さらに自動車道も含む「第二トンネル」が必要となったわけだ。

自分としては歓迎したいことだ。
貨物列車が前提とはいえ在来線のゲージとなる訳だから、ひいては北海道新幹線のために廃止になった
夜行列車(寝台特急)の復活にも充分有利となるだろう。
個人的復活プラン(蓄電池駆動電車による“新サンライズエキスプレス”)は、
2015年8月26日付と同年8月31日付ブログで書きましたので、興味のある方はどうぞご参照ください。

ただ、20年後って………俺、生きているんだべか……?

-----------------------------------
そして、JR北海道の路線で残念な結果が。
NHK北海道NEWS WEB 2017年2月20日付記事
「JR日高線復旧 DMVに注目」
http://www.nhk.or.jp/sapporo-news/20170220/4055761.html

個人的には、たいへん残念だ。
輸送人員が多いのが鉄道のメリットなだけに採算性の問題があるのは承知だが、
赤字のひどいJR北海道としては「はじめから廃止ありき」の態度だったし、
沿線住民や交渉した自治体代表者の「マイレール意識」は、
同じ災害に見舞われたJR九頭竜線や「タマ駅長」の和歌山電鐵、赤字の目立つ銚子電鉄などに比べて
“その程度”だったのだろうか、とも思えるのだが。
『鉄道』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨星が流れた…/追悼・船村徹... | TOP | 風呂に入ってあったまろう/... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。