shining's ブログ 「音楽と旅と珈琲と」

音楽大好き男の徒然なる日記

Thank you , Mr.Paul McCartney ! See you again in Japan !

2017-05-05 | 音楽
ポール・マッカートニー、本人コメント動画


2017年4月29日(土曜)。
再び待ちに待ったポール・マッカートニーの東京ドームでのコンサートだった。
今回も「日本武道館」が組み込まれていたけど、高過ぎて行けるわけがない。

前回友人と観に行ってからもう2年経ってしまったんだなあ。
今回も準備万端、開演時間から40分前には入口に立っていた。

が、今回は天候がどうも不安定な感じがする。
この日、東京ドームのある文京区は「雷雨に関する注意報」は発令されていた。
最低限これは、と思い、パンフレットを購入。
いよいよ入口へ。

開演前で驚いたのが、お手洗いへ長ーい行列が出来ていたこと。
列に並び始めて用を足すまで約20分弱。
開演は遅れること約20分。

開場BGMが「A Day in The Life」のカオスなオーケストレーションとピアノの衝撃の和音で
いよいよスタート!

PAUL McCARTNEY at TOKYO-DOME 2017.04.29(Sat.) SET LIST
M01 A HARD DAY’S NIGHT / THE BEATLES
M02 SAVE US / PAUL McCARTNEY ●
M03 CAN’T BUY ME LOVE / THE BEATLES
M04 JET / PAUL (WINGS)
M05 TEMPORARY SECRETARY / PAUL McCARTNEY
M06 LET ME ROLL IT / PAUL (WINGS)
M07 I’VE GOT A FEELING / THE BEATLES
M08 MY VALENTINE / PAUL McCARTNEY
M09 NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE / PAUL (WINGS)
M10 MAYBE I’M AMAZED / PAUL McCARTNEY
M11 I’VE JUST SEEN A FACE / THE BEATLES ●
M12 IN SPITE OF ALL THE DANGER / The Quarrymen △
M13 YOU WON’T SEE ME / THE BEATLES
M14 LOVE ME DO / THE BEATLES
M15 AND I LOVE HER / THE BEATLES
M16 BLACKBIRD / THE BEATLES
M17 HERE TODAY / PAUL McCARTNEY
M18 NEW / PAUL McCARTNEY
M19 QUEENIE EYE / PAUL McCARTNEY
M20 THE FOOL ON THE HILL / THE BEATLES
M21 LADY MADONNA / THE BEATLES
M22 FOURFIVESECONDS / Rihanna and Kanye West and Paul McCartney ■
M23 ELEANOR RIGBY / THE BEATLES
M24 I WANNA BE YOUR MAN / THE BEATLES ◎
M25 BEING FOR THE BENEFIT OF Mr. KITE! / THE BEATLES ☆
M26 SOMETHING / THE BEATLES
M27 OB-LA-DI, OB-LA-DA / THE BEATLES
M28 BAND ON THE RUN / PAUL (WINGS)
M29 BACK IN THE U.S.S.R. / THE BEATLES
M30 LET IT BE / THE BEATLES
M31 LIVE AND LET DIE / PAUL (WINGS)
M32 HEY JUDE / THE BEATLES
[ENCORE]
M33 YESTERDAY / THE BEATLES ◎
M34 SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) / THE BEATLES ☆
M35 HI HI HI / PAUL (WINGS)
M36 I SAW HER STANDING THERE / THE BEATLES ●
M37 GOLDEN SLUMBERS / THE BEATLES
M38 CARRY THAT WEIGHT / THE BEATLES
M39 THE END / THE BEATLES
39曲中、ザ・ビートルズ25曲、PAUL McCARTNEY (WINGS含む)13曲、クオリーメン1曲。
☆ SGT. PEPPER‘S LONELY HEARTS CLUB BAND収録楽曲
● 過去の日本公演では演奏されたことはあるが、今回の日本公演では初めて演奏された曲
◎ 1966年6月の武道館演奏曲目2曲
△ The Quarrymen=ザ・ビートルズとしてデビューする前のバンド時代のレパートリーです.
■リアーナとカニエ・ウエストと ポール・マッカートニーのコラボ曲です。
リアーナのアルバム『Anti』(2016年)収録。
※以上、Facebook「One on One Japan Tour 2017」より転載。

最高だよ、ポール!

2017年5月1日付「dot」記事より
「マタアイマショウ!」
ポール・マッカートニー【ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー2017】ついに終幕
https://dot.asahi.com/billboardnews/2017050100099.html
-----------------------------------
最後に、おまけ映像はやはりこれを。

Paul McCartney - Golden Slumbers / Carry That Weight / The End [HD]


「ゴールデン・スランバー」(山本安見 訳)

かつて 道があった
懐かしい故郷へとつづく道が
かつて 道があった
懐かしい家へとつづく道が
おやすみ 愛(いと)しい人よ 泣いてはいけない
僕が子守唄を歌ってあげよう

心地よいまどろみがきみの瞳を満たす
やがて 穏やかな微笑み浮かべ きみは目醒める
おやすみ 愛しい人よ 泣いてはいけない
僕が子守唄を歌ってあげよう

かつて 道があった
懐かしい故郷へとつづく道が
かつて 道があった
懐かしい家へとつづく道が
おやすみ 愛しい人よ 泣いてはいけない
僕が子守唄を歌ってあげよう

「キャリー・ザット・ウェイト」(山本安見 訳)

ボーイ、君はその重荷を背負っていくんだ
これからの長い人生 ずっと…
(以下略)

「ジ・エンド」(深川ぼたん 訳)

オーライ!
今夜僕の夢の中に出てきてよ

愛してる、愛してる、君を愛してる…

そして最後に君が手に入れる愛は
君が作り出す愛と同じなんだよ


人を愛しなさい、下心を捨てて。
2017年5月5日付訪問者数:101名様
お付き合いいただきありがとうございました。
『音楽』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "Blind Pilot" by Heatwave | TOP | Back to Sapporo・その26「芽... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。