shining's ブログ 「音楽と旅と珈琲と」

音楽大好き男の徒然なる日記

企業倫理・地域交通としての器を疑う/北海道新聞・社説より

2016-12-24 | 日記
北海道新聞 2016年12月24日付社説
「日高線廃止伝達 既成事実化を急ぐのか」
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0102140.html

先月に突然、JR北海道は全路線の半分にも相当する
「単独維持困難」路線を発表した。

北海道新聞 2016年11月24日付社説
「鉄道網の維持 道が前面に立つべきだ」
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0093774.html

そんなことは、1987年の国鉄の分割民営化である程度わかってた事じゃないのか。
今頃になって「なに泣き言っているんだ」としか言いようがない。

もともとは「公共交通(鉄道)よりも高速道路」
「鉄道は馬鹿の一つ覚えで“整備新幹線”一本やり、そのためには在来線でさえ“第三セクター化”して切り捨てる」という国策が間違っていたのだ。

そういう事も把握せずに有権者が「何はなくとも自民党」で投票してきた選挙のツケでもある。


さて、上記の社説だが、そのような態度をとること自体、もう公共交通の責任・企業責任を放棄していることであり、
もうJR北海道に道内の公共交通を任せられないということはわかった。


国土交通省は早急に、JR東日本への吸収を検討すべき事態だと思い知るべきだ。

-----------------------------------

ちなみに、つい先日12月13日の「クローズアップ現代+」でも放送されていた。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3907/1.html

印象的なのが、この部分。

── 海外では今、どうなっている?
加藤博和さん(名古屋大学大学院 准教授):
 日本では採算性重視なんですが、
 ヨーロッパとかアメリカでは、「もともと鉄道は赤字であるのが当然」という考え方でして、
 日本だと赤字負担というんですが、そうではなく、
 「公共サービスに対する投資、この地域に必要なのだから利用者だけでなく、
 地域全体で支援していくということが当然である
」ということなんです。
 日本でも、この考え方は入れていかないといけないと思います。

やはり、「ガソリン税」的制度を道路から公共交通(鉄道・路線バス)に振り替える必要があるのだ。
『北海道』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマス特集(6)/「今年... | TOP | Merry Christmas / Happy Hol... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。