shining's ブログ 「音楽と旅と珈琲と」

音楽大好き男の徒然なる日記

「幼い日に」南こうせつ/おばさん、今までありがとう。(涙)

2016-10-27 | 音楽
「幼い日に」南こうせつ
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/xzqx0n" allowfullscreen></iframe>
幼い日に1975 投稿者 dm_50bb3d6a893a1

-----------------------------------

昨夜、仕事を終えて母からメールが届いた。

幼い頃から自分を可愛がってくれた「大叔母」さん(祖母の妹)が、老衰で亡くなったらしい。



幼い頃の思い出で、祖母と自転車でおばさんの家へ遊びに行ったことがよくあった。

ちょうど、この歌のイメージになる。

農家の家系らしく、日に焼けてとにかく明るく、僕を見守ってくれた人だった。

祖母が亡くなったあとも、自分が社会に出るまで何かにつけ気にかけてくれた人だった。



しかし、晩年は認知症になってしまい、5年以上前に訪ねた時は
もう自分のことがわからなくなっていた。

悲しかった。

泣きたいくらいに。

以来、おばさんは介護付き有料老人ホームに入り、二度と会うこともなかった。



この歌を聴いて、彼女を何度思い出したことだろう。

もう90歳以上だったし、老衰だったから、
「大往生」なのかもしれない。

でも、自分を育ててくれた人が亡くなるたびに、
「帰れる場所が確実になくなってゆく」淋しさがつのる。
左右が断崖絶壁の稜線を歩いている気分になる時がある。



おばさん、今までありがとう。


時を同じくして、三笠宮さまが逝去された。

昭和を「正しく語れる生き証人」がどんどん去っていく。
嗚呼。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒田よ!、大谷よ!燃える日... | TOP | 熱いぜ札幌ドーム!日本ハム... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。