shining's ブログ 「音楽と旅と珈琲と」

音楽大好き男の徒然なる日記

JR北海道の路線縮小問題、今夜も「NHK BS1」にて放送

2017-06-29 | 日記
最近更新しませんでしたが、
昨年秋、突如として浮上した「JR北海道」の路線縮小問題が
ここにきてやっと「NHK BS1」にて放送されるようになりました。

6月27日深夜では2016年12月2日、JR北海道社長を迎えてTwitterを駆使して、
約73分にわたり放送された昨年秋放送の「北海道スペシャル」、
6月28日深夜では2017年3月放送の、JR北海道社内に取材カメラが入っての番組でした。

そして今夜6月29日深夜24:50は、
北海道スペシャル「“鉄路縮小”の衝撃~私たちは何を選ぶのか~」
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=700&date=2017-06-29&ch=11&eid=07141&f=2867
http://www4.nhk.or.jp/P2867/
2017年6月2日、道内の総合テレビで放送された番組の全国放送です。
高橋はるみ知事はここでやっと出演されたようだ。

やや遅かったが、NHK-BSの番組編成担当さんにはお礼を申し上げます。
また同じ内容の番組が放送された時、引き続き全国放送をお願い致します。
つまんない「金曜イチから」「歴史秘話ヒストリア」なんてやっている場合じゃない!


気になるのが、「バス転換」候補区域の沿線自治体が交渉のテーブルにつかない事。
気持ちはわからなくはないが、もしこのまま逃げてばかりで代替案もないのであれば
「時間切れ」として一方的に「路線廃止」が行われてしまうこともあり得る。
(都市部に住む人間として見れば、駄々こねている子供にしか見えない点もある)

逃げてはいけない。 アイディアを持って論戦しなければ。
「存続する意義」をアピールして、聴き手が納得できるものでなければならないのだ。
ただ、JR北海道も利用乗客数だけで対象路線を語るのではなく、
貨物輸送で活路を見い出せることも忘れないで欲しい。

駅前のコンビニなどの店舗設置や、
オンボロ車両から新しい車両への置き換え(省エネ低コストになるならマイクロバスだって良いじゃないか)、
JR貨物が扱わないならヤマト運輸・佐川急便などの有力運輸業に貨物事業で対象路線を提供するなど、
いろいろプランを出して見るべきだ。
(その場合、釧網線のオホーツク海沿岸や釧路湿原区間は「都市間輸送」的役割が強化されるので、路盤強化が必須だが)
例えば旭川~帯広間の快速「狩勝」を特別快速化して停車駅を美瑛・富良野・幾寅(南富良野)・新得・十勝清水に限定してスピードアップし、
うしろ1両は道北~十勝間の速達貨物便を運用するようにすれば重要さが増すはずだ。
なお、深雪・厳冬期の12月中旬から翌年3月中旬までは運休も止む無し、とは思います
(浦臼以遠の札沼/学園都市線は……すみません、自分にも存続する意義が見つかりません)

もう一回言う。 「バス転換区域」の自治体は協議から逃げてはいけない。
論戦に参加しなければ意見は反映されないだろう。

-----------------------------------
2017年6月29日付訪問者数:93名様
お付き合いいただきありがとうございました。
『テレビ』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村下孝蔵さんを偲ぶ/「かず... | TOP | TVアニメ『月がきれい』、万... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。