shining's ブログ 「音楽と旅と珈琲と」

音楽大好き男の徒然なる日記

2016年最後のブログになります。

2016-12-31 | 日記
2016年が終わろうとしてます。

家の掃除に追われて、まだ終わっていません。
ふと気づいたのは、プラスチック素材のものは摩擦を避けて、雑巾はなるべく濡らして、なでるように拭くほうが汚れが落ちること。
短気・せっかちの人にはわかってもらえないでしょうけど。


最後になりましたが、まだ語っていないものをまとめて書きます。


「清原和博氏の覚せい剤取締法違反について」
悲しかったです。 引退時に出版した「男道」に感動していただけに。
でも、彼も人間で、決して強いヒーローではなかったんですね。
先日の「スポニチ」誌やTBS「ニュースキャスター」で包み隠さず語ってもらい、
やっと自分なりに納得がいきました。
まだまだいばらの道が続くかとは思いますが、
清原さんにはぜひ自分自身と闘い抜いて、少しでも野球の道に戻ってきて欲しいと
切に願っております。


「ピコ太郎ブームについて」
……来年の今頃、残っているんでしょうか? 
「鼠先輩」の再来みたいで……


「安倍晋三首相のハワイ真珠湾訪問と防衛大臣の靖国神社参拝について」
本当に“不戦の誓い”をするならば、真珠湾も大切だが中国訪問・韓国訪問もすべきじゃないのか?
何より防衛大臣の靖国参拝は安倍首相の言葉と矛盾する。
アジア諸国が不快に思ってる靖国参拝そのものを封印しない限り、日本は信頼されない国のままだろう。


TBS「プロ野球戦力外通告」を観る
http://www.tbs.co.jp/senryokugaitsuukoku/
今年も多くのドラマがあった。
その影で、努力が報われずに球界を去らざるを得ない男もあった。
だが、彼らには愛する家族がいる。
これからは、今まで支えてくれた家族のために生きることを選んだ。
それは決して間違いなんかじゃない。
それとは別に、今の派遣職の軽さはなんとかならないのか!?
たかだか時給1000円から1500円だけのために、短期間で振り廻される人々が多い
今の日本の社会の残酷さはなんだ!?
いくつになってもやり直しのきく社会こそ、男女でくくられない仕事こそ、
10年スパンでまじめに働き続けて家が買える社会こそ、こころ豊かな社会じゃないのか?


「さよならSMAP」
演劇や歌のフィールドで多くの人が才能を磨いていても、「ジャニーズ事務所」という鉄壁のためにその才能が開花されない幾多の人々を見てきた。
だからジャニタレは正直言うと疎ましいし、もっと他の人々に光が当たって欲しいと思っていた。
だが、彼らが多くの日本国民ならず、世界じゅうから愛された存在なのかも納得できた。
そんな彼らがメンバー間の不和を解消できないまま、「スマスマ」以外に最後のメッセージを残さずに今年で消えてゆく。
最終回、悲しかったよ。
メンバーも事務所のスタッフも、年内の東京新聞のメッセージ欄を見たか?
12月30日付の朝日新聞の8面大広告を見たか?
多くの人々がメンバーへの感謝と存続を願ってメッセージを贈ってきたのだ。
そんなみんなに恩返しをしたいと思わなかったのか?
そういう意味では、解散派の香取さんとかには(小学生から慕っていた方の退社には同情しますが)
“大人げないんじゃないですか?”と言いたい。
NHK「今夜も生でさだまさし」でも笑福亭鶴瓶さんが言ってたように、最後だからツアーをやって
ファンに感謝とさよならを告げてもよかったのではないか?
でも「スマスマ」の木村氏主演の「パロディー版探偵物語」とかは大好きでした。
それだけに惜しいです。
まずは、お疲れ様でした。

-----------------------------------
まだまだ語りたいものはありますが、2016年も終わりに近づきました。
来る2017年こそ、このブログをご覧の皆様がより幸せに近づけますようお祈りつつ、
2016年を送りたいと思います。

どうぞ良いお年をお迎えください。
ありがとうございました。


雪が降る町 [Live] UNICORN
ジャンル:
その他
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 総括2016/自分にとっての今... | TOP | Bridge Over Troubled Water ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 日記

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。