津市 眼鏡店 オプトハウスmiyata

三重県津市西丸之内5-12
TEL:059-228-5547
AM10:00~PM7:00
水曜定休

等伯

2017年06月17日 | アート・文化

先週の定休日は久々の京都へ。

まず午前中は日頃の運動不足解消の為、「清水寺」へ行ってきました。

「京都駅前」から市バスで「清水道」まで約20分。

バス停から1キロの参道は延々上り坂が続きます。^^:

産寧坂あたりは平日でもすごい賑わいですね。

やはり修学旅行の子供たちや、外国人観光客が多いです。

ようやく山門へ到着。

本堂の中です。

今は修復工事のまっただ中でした。

音羽の滝。

自分も小学生のころ、水を汲んだ記憶がありますねー。

  

そして午後からは今回の目的地の「智積院」へ。

元は豊臣秀吉が愛児鶴松の菩提を弔うために建立した「祥雲寺」で、

後に徳川家康が寄進して仏教研学の道場として栄えたそうです。

そして、広い境内の一角に収蔵庫があります。

中は、秀吉の命により絵師「長谷川等伯」一門が描いた障壁画が展示されています。

桃山文化の特徴的な金箔を使用した煌びやかな作品です。

撮影は残念ながらNGです。

当時の襖絵がそのまま現存しています。

もちろん有名な「楓図」や「桜図」もあります。

この絵に会うために京都へ来ました。

    

次に講堂へ向かいます。

ここには先ほどの等伯の襖絵を復元して、当時の状態を再現した部屋があります。

ここは限定的に撮影OKでした。

等伯の「楓図」の復元図。

こちらは等伯の息子、久蔵が描いた「桜図」復元図。

奥の床の間には「松と葵の図」もあります。

本物の絵は400年以上の歳月と共に少し色褪せてしまってますが、

本物を見たあとに復元図をみると、あまりに煌びやかさに驚かされますねー。

部屋の正面には「利休の好んだ庭園」も見られます。

清水寺とは全く正反対の静寂に包まれた場所です。

賑やかなところも良いですが、やっぱり京都らしさを感じます。

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BJ最新作 | トップ | カーボンフレーム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。