わんわんさんの楽釣行

メンバー募集中!面白くて面倒を掛けない人♪
メールはブックマークからお気軽に!

太刀魚修行・・・・・・・の話し

2017年06月24日 | Weblog
最近はピラール海人に乗って太刀魚ばっかり狙ってます

時期的なモンなのか行くポイントの特別な海底の形状のせいなのか分からないけどテンヤで数を釣るのは非常にテクニカルなのであります

とにかく誘わないと釣れません

誘いは小刻みに16ビートで竿をシェイク&シェイク

要は竿をシャクればエエんやろと思うでしょがこれが意外と難しいんです

僕は慣れないシャクリが上手く出来ず腕と肩がすぐに疲れたので諦めてヤメてしまって一日やって太刀魚5匹なんてコトが当たり前で御座いました

う~~~~んこれではダメな様な気がする・・・・・・・

そんな気になったので釣りの度にギコチナイ16ビートシェイクで頑張って太刀魚を狙ってた

1釣行・・・・・・2釣行・・・・・3釣行・・・・・・やってれば出来る様になるモンでそれなりに様になるモンである

慣れると肩の力も抜けて来るモンでシャクリ続けるのもそんなにシンドく無くなりました

それに伴いアタリも増えて釣果も上がって来ました

5匹が当たり前だったのが10匹が当たり前までにはなった

この日はハモ入れて10匹だったがサイズが良いので上等の釣果です



デカハモは初めて釣ったけど見た目通り気持ちの悪い引きをするモンですなぁ

船長がそのサイズは骨が硬いのでリリースが基本!って言われたが既にシメてしまったので持って帰るハメになってしまいました

・・・・・・・・その後、このハモがどうなったのか僕は知りません

こんな釣果でも8人乗って僕が竿頭です

0匹の人、1匹の人も居たぐらいなので16ビートシャクリは良く釣れるってコトなんです

僕はまだ伸びシロが有るのが自分で分かってます

アタリが有っても獲れてナイのが何匹も居るのですがコイツらをノセる方法に手を焼いてるんです

上手な人なら獲れるんです獲れない僕はまだまだ上手じゃないんです

とにかくココの太刀魚はアタリも小さいし食い上げのクセも酷いんじゃ~ぁ

食いも浅い感じなので途中でバレるコトも多いし釣るのが難しいのぅ

アタリを感じ竿をシャクリ上げてもそれ以上に食い上がってるコトもありバラすコトもシバシバで腕の長さが3m有ればのぅ・・・・・・・邪魔だけど

最近は食い上げられたら「あっアタったう~ん、どないしましょ」と長考しアワセも入れずにその場で固まり体の動きが止まる有様なのであります

よ~するに、サクッと引き込んでくれりゃ楽チン簡単なのだが引き込まないから非常にテクニカルな釣りになってます

とりあえず腕前を上げるには時間が必要なので時間の掛からないテンヤをプチ改造して次回試してみます

目標15匹・・・・・・・・無理かな

ではまた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アタリが無いと眠いわい・・・・・・・の話し

2017年06月09日 | Weblog
1日は来島へアコウを釣りに行った・・・・・・・・

アタリ無く目を閉じれば、眠たくて仕方が無い

されど落水危なく仕方なく目を開ければ何と綺麗な青空か

輝く定めの太陽眩しいがやっぱり眠たくて仕方が無い

バラシも無いアタリが無いから当たり前

ダラダラとでもやり続けるしかないから大好きな睡魔と戦いながら釣りを続ける

6人乗って合計20匹にも届かず一人、1~3?4?匹って感じで終わった

この日は何処の船も釣れてなく状況がワルワルだった様子

僕はアコウ2匹と鯛1枚でした

朝、港に着いた時に最近流れが悪く釣果がこれ以上下がり様が無い所で低空飛行が続いてるアンドウ君が居たので不安はあったんです・・・・・・・

レーダーにも探知されない、ジェット戦闘機ならべらぼうに燃費が悪くなる空域で釣りをしてるワケだが墜落しないで釣り続けてるアンドウ君は心が強い男なんだと思います

操縦桿を引けば上昇出来るのだがその乗り物には操縦桿が無いので上昇は高く飛び上がったイルカやクジラが下から乗り物にぶつかり機首を上げてもらう様な運任せな状態です

まぁ、僕もこういう時期もありますけど

僕の心は大したモノで折れません

なんせメタルトップ並に折れずに曲がりますからね

メタルトップも曲がりすぎると折れるけど僕は折れずに心が溶けてヤル気が無くなるだけなんで平気なんです

ちなみにこの日の僕とアンドウ君は同じ釣果でマナベ君はそれ以下の有様でした

気分を変えて6日の火曜日は久しぶりの正漁丸

前日の18時まで行く気も更々無かったがジョージ船長から営業の電話が入りタコ&太刀魚狙いで出船

ジョージ船長に来て下さいと言われると狙いはどうあれ釣果はどうあれ行くしかない

ジョージ船長は人が良く人間が好きなので自分が行ける日なら断れないのであります

朝、タコ狙いからスタート

水深30m程しかないが僕は電動リール

も~~ォ、便利&楽チンに慣れすぎて疲れる手巻きには戻れない

きっと災害に巻き込まれたら真っ先に死ぬタイプの人間に成り下がってる

別にそれでも良いとの考えなので楽チンの釣行のままで行きまっせ

この日のポイントではあまり竿を叩かずに誘った方が釣れるってコトだったが何でその方が釣れるのかってコトは僕には分からない

昼前までやってタコ5杯良かったのか悪かったのかも分からない



まぁ久しぶりのタコ釣りで面白かった大体皆5杯前後の釣果みたいでした

太刀魚釣りにポイント移動

真横には数年振に出会った通称ナベさんが居たが僕と目が有っても反応が無かったので僕のコトを忘れてると思い他人のフリして並んで釣り開始

皆はテンヤ釣りでナベさんまずはジギングで始めた、と、ナベさんが強烈に引く魚をヒット

かなりデカそうで多分ブリだと皆が思ってた

船の上から姿が見えて・・・・・・・・キモコワっ

網に入ったその物体は巨大アナゴかアナコンダかと思ったけどハモだった

多分メーター超えてました

こんなにデカいハモを見たのも初めてだったがハモがそんなにデカくなるってコトも衝撃だった

これは釣れたら釣れたで持って帰っても後が困るから僕には釣れなくて良いと思いました

・・・・・・・太刀魚は中々釣れない

青物狙ってるのと同じ感じでひと流しの時間が短いオマケに駆け上がりのポイントだったので上手く対応、対処出来ずに僕は困りました

そういうポイントでの太刀魚の狙い方メモは僕の脳内の引き出しには入ってないんです

試行錯誤で何となくこんな感じでやれば良いかもとアタリも増えたが、気付いたのが釣りの後半だったので釣果8匹

船中では8匹で中の上の釣果でした

・・・・・・・ナベさん釣果悪かった太刀魚テンヤ、僕以上に苦手そう

港に着いて外に居た僕とキャビンから出てくるナベさんは目が合った  

ナベさん「ワンワンさん」今頃気付くって

ジョージ船長に「ワンワンさん居るなら教えんかい」ってジョージ君が何でか文句言われてる

最初から真横に居たと爆笑です

ナベさん釣りが始まると周り見てないんやなぁと思った

僕なんか落ち着きナイからキョロキョロしてるんやけど

船を降りてから話に花が咲きました

人には言えないショボイ話しやイケテナイ話しが聞けて面白かったです

僕は昔からそんなに変わらずマトモな人間みたいだと安心もし成長もしてナイって感じで微妙な感じです

さてさて来週は知りません

流れに身を任せますではまた





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2年振にマツイカ・・・・・・の話し

2017年05月28日 | Weblog
熊が出るっちゅ~のにタケノコ狩りに行って自分が狩られるってコトにならん様に岡山のお友達はそんなコトしないでね

・・・・・・・僕は全然同情出来無いので葬式にも行きませんよ

久しぶりに燧灘にマツイカ釣りに行って来ました

あまり良い状況ではナイと言うコトだったがコッチの海で釣りに行っても撃沈が目に見えてるのでマツイカさんと遊んでもらいました

毎度のコト、マツイカは四国中央市のサキカワさんにお世話になっております

去年は全然ダメダメで来れなかったので二年ぶりのマツイカ狙いでした

相変わらずこの街はパルプ工場が出す臭いで臭っさいのだが、不思議と一時間も同じ匂いを嗅いでると鼻が慣れて全然臭いと感じなくなるのは人体の不思議であります

太陽の就寝時間に合わせて真っ暗になった港から20時に出船

夜光虫をかき分け沖へ適当に走る



前回は欲張って竿を3本出したのは良いけどマツイカが釣れ出したらバタバタも良いトコで腕二本じゃ足りない

忙しすぎて釣りをしてるのか流れ作業をしてるのかワケがワカラン状態になる上に釣りが終わってみたらもうクタクタもエエとこだったので今回は竿は2本出しにしました

3本出しの方が2本出しより釣果は良いのだが単純に3本竿×30杯=90杯とはならず70~75杯って感じになります

何でかって言うと手が回らずその間に釣れてたイカがバレるってコトです

3本竿×30杯=90杯の釣果に出来るのは、そうね・・・・・・・多分、ピッコロと天津飯あたりなら可能かな

マツイカ釣りって不思議なモンで潮の加減なのか、何もせずに置き竿の方が良く釣れてみたり誘ってる時の方が良く釣れてみたりで釣るのが簡単な様で簡単ではナイです

この日はそんなに釣れなかったので竿3本出しでも良かったかもとも思ったけど潮で仕掛けのスッテも流されてたので3本出しにしてたら自分のラインが自分のラインにオマツリという愚行が起きる雰囲気だったのでやっぱり2本出しで正解でした

釣れるマツイカはまだ小さかったが40杯ほどは釣りました



結果は渋い釣果ですが楽しかったです夜釣りは雰囲気だけで楽しいです

一昨年は一晩で255杯も釣ったもんねぇ

もう2回は行きたいのでサキカワさんヨロシクお願いします

今年は鯛もタコも釣れ出しのスタート時期が遅れてるのだがマツイカも遅れてるみたいです

サワラは例年の倍は良かったらしい・・・・・・・

大アジは何処かに消えてしまったらしい・・・・・・・・

鯛のノッコミは有った様な無かった様な状況・・・・・・・

タコは未だに沈黙・・・・・・・・

今年のケンサキイカはどうなるコトやら・・・・・・・・

次回は久しぶりに恵丸に行って来ます

アコウ狙いは僕には魅了無いけどまぁ旬のモンなので年に2~3回は行って根掛かりの恐怖を味わっとかんとね

まぁ面白可笑しく根掛かりさせて来るので期待して下さい



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よう釣らん・・・・・・・の話し

2017年05月22日 | Weblog
最近、釣れない上によう釣りません

真鯛は3週続けてチョットだけ狙ってみたが鯛にカスリ傷を付けれた程度で終わり僕の心の方の傷の方が深手を負う有様であった

とりあえず一枚釣らないコトには自分が全然釣れる気がしません

14日 日曜日は恒例のアンカレッジマリーナの釣り大会に参加した

釣り大会なんて興味もナイのだがケン・マツウラさんと行くのが面白いしこの時期の大会は釣りが終わってからの食事が浜辺でBBQなのでチョット楽しいのであります

今回の大会は7~8艇が出船で総勢30人ほどが参加した



メインは真鯛だったが・・・・・・・・・・・

ま~~~ぁ、よう釣らんわ~~~ぁ

僕が釣ったのは大きめのワニゴチ一匹

鯛の引きじゃ無いと感じたので鯛の引きは体が覚えてるってコトが分かり一安心はしたけど鯛が釣れん

せっかく一匹掛けたけどバラ寿司なんとも一匹が遠い・・・・・・・

っちゅ~ても30人が寄って集って鯛を狙って全船で2枚って釣果なのでどうにもならんかったです

鯛に見切りを付けてカサゴ、ヤズに狙いを変えてた人はボチボチ釣れてたがカサゴも小さめのヤズも魅力無く釣ろうと思わないから仕方ナシです

この日の僕はマツウラ艇のお掃除と肉をたら腹食べに行った様なモンでした

まぁタダ乗り&タダ飯良いんじゃない

16日 火曜日は海人で太刀魚釣りに行った

太刀魚は年中釣れるです型も良いから行くも良しです



テクニカルな釣りで僕のレベルで一日やって10匹前後が良いトコだと思います

・・・・・・・僕でそんなモンだからもっと釣れると思いますよ

この日のポイントは深が船が流れてる間に100~140mと変化し棚取りが難しくどう釣れば良いか?という心のメモは僕の脳内の引き出しに入って無かったので大苦戦しました

今度はこう釣ってみようと考え付いてはいますが、何で釣ってる時に思い付かないんやろと泣けてきます
それで釣れなければ知りません一生、釣れない人になるだけです

まぁ太刀魚がダメなら僕でも釣れる魚を狙えばエエんです

今週は乗りたい船が出ないのであまり釣れてナイけど四国中央市にマツイカ釣りに行ってみます

これまた2年ぶりなのでどんな感じで釣ってたか忘れてるので苦戦しそう

釣りはどうあれ初詣は5年に一回行くか行かないかだけど、サキカワさんの顔を年一回は拝んでおかねばダメな気がしてますよ

とりあえず夜釣りは雰囲気が何かワカランけど楽しくてオモロイから楽しみです

また御報告します













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにありが島・・・・・・・の話し

2017年05月13日 | Weblog
連休も終わり落ち着いたので、釣りに行きましょ~っと思ったけど乗りたい船が出ないのでどないしましょ~っと思ってたらマツウラさんが海の様子を見に行きましょ~っと誘われたので迷うコト無く行ってみましょ~っと思い行って来ました

9時30分のんびり出船でマリーナを出発

近場の真鯛ポイントでまずはひと流し・・・・・・・・

鯛ラバ落として直ぐにマツウラさんがヒット

ご贈答品には良いサイズの52cmを釣り上げました

こんなに簡単に直ぐに釣れたのでマツウラさんはもっと釣れるとテンション上がるが僕は真逆で「この後はヤバイんじゃねぇの」と不安に思った

速攻で釣れた日は後が伸びないってなコトが良くあり僕はそのイメージしか頭に残ってないです

・・・・・・・・その後は想像通り泣かず飛ばずで30cm弱の小鯛を一枚追加し鯛釣りは終了

昼からは清水国明さんが「ありが島」に来てるのでマツウラさんと手土産持って遊びに行く

僕が前回この島に訪れたのは、まだロッジも工事中の時だったので完全に運営されてから来るのは初めてでありました

ありが島の浮き桟橋に到着!清水さんもお出迎えに来てます


黄色いTシャツ清水さん

まぁ前回来た時は工事関係者ばかりだったが今回は若者も多く居て島は活気に溢れてました

天気も良くバルコニーに座って手土産に持って来たみかんを食べながらワイワイです

記念撮影をするマツウラさんを僕が記念撮影



僕と清水さんとマツウラさんの3ショット写真は清水さんの携帯に入ってるので写真ナシ

偉そうに僕が真ん中で写ってるので写真欲しいです

釣りの話しの中で大アジのコトを教えてあげたら「・・・・・・釣りたい」と興味津々でした

「食べたいなら送りますが?」と言ってみたら「食べるより釣りたいんや」の返事

・・・・・・・・清水さんメッチャ釣りが好きなんやと思いました

とはいえ清水さんあっちこっちでアウトドアの運営&イベントやってて忙しいので中々行けそうになさそうですね

偉いモノだと思います想像し計画し実行し実現させる偉いモノだと思います

お金も掛かるし人手も要るし人を動かして動いてもらわねばならないのです

なかなか出来るコトじゃないですよね

僕にはム~~リ~~ぃ

この日衝撃を受けたのはコイツですコイツ



目には入っていたが木の枝だと思ってたので気にも止めなかったが動いたので頭が混乱

チョ~デカイんですけど初めてこの大きさのを見たんですけど

40cm以上はあったと思うんですけど、このミミズ

これだけデカイとキモくて触れません

これだけデカイと可愛げ感じません

モチロンこれを餌にして鯛を・・・・・・・とも思案はしたが触れないのにどうにも出来んわい

きっとヤギかイノシシにでも食われるんやろなぁ

と、まぁ島でのんびりはしていたがエンジン止めてて海水が循環して無い船のイケスに入った鯛のコトも気になり島を後にした・・・・・・・・

・・・・・・・やっぱり鯛は弱ってましたよ

僕が「鯛は大丈夫ですか?」とお知らせしてなかったら帰るのもっと遅くなりご臨終してたトコでした

島からの帰りにチョイと鯛を狙ったけどアタリも無く終了

まぁ魚は釣れなかったけど楽しかったから申し分なく面白い一日になりました

14日は恒例のアンカレッジマリーナの釣り大会

僕もマツウラ艇に乗り参加します

なかなか賞金に手が届かないので今回は何とか・・・・・・・

また報告します











コメント
この記事をはてなブックマークに追加