わんわんさんの楽釣行

メンバー募集中!面白くて面倒を掛けない人♪
メールはブックマークからお気軽に!

サワラは想定外・・・・・・の話し

2016年09月11日 | Weblog
9月2日 金曜日 

お仕事がお休みになったので釣りに行くことに

まずはピラール海人にお問い合わせ

他に誰も予約が入ってナイのでどうしましょう

僕としては釣りをするかお家で過ごすかだがどうしましょう

結局、台風の影響でチョット出船してなかったので先を見据えて呑ませ釣りの試しと電動ジギングでの試し釣り調査釣行で出てみた

まずは餌のゼンゴの確保!多分釣れるみたいな感じで海に出てるので調査釣行には先が見えない面白さがある

出船早々、ソナーにトラブル

翌日から週末で釣り客が沢山来るのでこの日に不具合が見つかって良かったコト

釣りが終わって帰港してから修理っす

んなコトでこの日はソナー無し

まぁ漁探は有るし船の集団の近所に居たら何とかなるやろみたいなノリで出てます

ゼンゴはすぐ釣れた・・・・・・が釣れるのは豆アジばっかり

ほぼほぼ金魚みたいに可愛いゼンゴで餌にするのもチョット可哀想だった

・・・・・・と思いながらでも使うけど~~ぉ



豆アジの中に1匹だけ12~13センチの丁度良いサイズのゼンゴが居たのだが他のが小さいのでやたらデカく見えたのでマグナムと名前を付けてやった

まぁ取って置きの一匹、マグナムは秘密兵器というコトであります

他の豆アジは豆鉄砲というコトであります

餌を確保し青島方面へ

ポイントでは他の船も何隻も集まっている

呑ませ釣りは後回しってコトで電動ジギング開始リールはシーボーグ300Jでロッドは昔に買って今では使い道が全く無くなりすでに廃番になってる帆影230ー50インターライン

この組み合わせが割と良い感じ

どうでも良い竿なので折れを気にするコトなくグィングィンとシャクリまくる

そんなシャクリでも釣れるんよね~~~ぇ



・・・・・・って狙いが青物からサワラになってるし

他船もサワラ狙ってる様子だしサワラが釣れるなんて聞いてないし

サワラ狙うならそれなりの準備をして来るっちゅ~ネン

まれにも見ないほど準備をして来てません

手持ちのジグはセミロングの160gが3本

それも3本とも同じ形で間が良いコトに色も同じシルバーで選択肢はナシ

まぁ悩まなくて良いってメリットはあるけどサワラ狙いなら色は赤金、ショートジグがエエです

フォールで食わす感じが良かったので大きくシャクル

結構、アタルけど乗らない掛かったと思ったらバレるのリーダー噛まれる切られるで釣り早々、一匹目が釣れて船長にプレゼントしたのは良いけど二匹目釣るのにかなり苦労する

・・・・・・一匹目はたまたま上手いこと釣れたんだと思い知る

なかなか釣れないので残り2本のジグでチェンジ

チェンジと言ってもシルバーのドットが違うだけなので意味はナイ

気分の問題です気分の

そしたら上手いコト釣れたわい



電動リールを使っているけど僕は疲れてます

休む間がナイんです座る間がナイんです釣ってるのが僕だけなので休めナイんです

僕が釣りをしないと釣行が成立しないし船が燃料使って海に浮いてる意味もナイのだ

二匹目が釣れた後も頑張ったがアタリも無く終わった雰囲気なので青物狙いでポイント移動

根が荒いポイントの上、潮がメチャ早い

根掛かり上等でヤリたいのだが小まめに底取りしながらやってたのでは手持ちのオモリ6個なんてたちまち無くなる勢いで根掛かりしまくる

これでは釣りにならんので小まめに水深教えてもらいながら底から1m上げながら流す

魚の反応は有るのだがアタらない

何で釣れんのやろ????

小豆アジじゃ食ったところで全然腹は満たされないので食欲わかんのかねぇ・・・・・

下手な小豆鉄砲でも数撃ちゃアタると信じ反応の有るラインを何度も流すがアタらんがね

実に面白くナイ実にツマラン

も~~いい加減この日の釣りに飽きて来たのでヤメるコトにし最後のひと流し

ここで取って置きのマグナムを仕掛けに装填する

流石に普通のゼンゴサイズのアジなので手に引きが伝わってくる

小豆アジじゃ引きが感じ取れなかったので前アタリなんて当たり前に分かりませんでした

竿持つ手にゴトゴトっと応えが

根かな???と思い竿を上下

速攻でマグナムにヒット

やるじゃないマグナム仕事するじゃないマグナム最高だぜマグナム愛してるぜマグナム

しかし引くには引くが何このヤル気のナイ引きは青物でも無いしサメでも鯛でもナイ

何じゃろか~~ぁ?と釣れたのは80cmほどのスズキでした

取って置きのマグナム弾は誤認の誤爆をやっちまった

マグナム命と引き換えにデカイのをヤッてくれると期待したのに民兵のスズキさんヤッつけてどうすんのよ

スズキなんて普段中々釣れないのに寄りにもよって何で今釣れるんかねぇ

ま~~~~ぁガッカリしましたが笑えたからエエわい

はい、撤収~~~ゥ

あんまり釣れなかったけど結構笑える釣行になったので楽しかったっす

釣れても笑えない釣行より釣れなくても笑える釣行の方が楽しいに決まっているのです

釣りを本気でヤルなかれ(一部除く)金は失うが金は産まず所詮遊び

さて・・・・・・・今度は何処で笑わせてもらおうか

ではまた



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれやこれやとありまして・・・・・・の話し

2016年09月04日 | Weblog
アレやコレやと手先と頭と時間を使わなくてはイケナイ雑用がありましてブログ更新なんて後回しで御座いました

犬の散髪に使うバリカンの刃をやったコトも無いのに研いでみたりハサミを研いでみたり・・・・・・

切れなくなるかもとも思ったが意外と上手く研げて切れ味が戻りました

とりあえずヤってはみるモンやね

今は売られて居ないオオノさんお気に入りのジグを復刻してみたり・・・・・・



ピーターさんに頼まれた80号の太刀魚テンヤ1本針を作るのが一番大変でした

11月に沖縄で太刀魚を釣るらしいのだが水深が深い様で重たいテンヤが欲しくなったようです

大体が一番ヘビーな太刀魚テンヤは50号!フレンドに70号の手作り風のテンヤが売られていたが微妙な感じ

売ってるモノならクソ中国人並にパクって直ぐに作れるのだが売って無いモノをどう作れば良いのか分からない

なんせ太刀魚の掛け針だけってのがネットで探しても当たり前に売ってない

材料代は貰ったけど研究開発費は無いのでいかにケチりいかに蛍光シールを貼り易く作りいかに80号の重さのヘッドを作りいかにバランスを取るのかと問題山積みの工作となりました

計算すれば図面も書けるのだろうが計算など出来ないので大体山カンこんなモンのこんな感じでノロノロペース作業する

いや~ぁ~も~~ぉ、ア~ぁでもナイ、コ~ぉでもナイと太刀魚テンヤと数日睨めっこをし最終的に出来たのがコレ



実地テストはする間ナシだが、何だかイケソウな気がする~~~ぅ

メーカー保証無し!釣れるかどうかは分かりません



8月はピーターさん遊びに来ました

8月16日はオオノさん、マツウラさんも誘い一緒に剣先イカを釣りに南予まで行きました

マツウラさんは毎年誘ってみては結局来ないパターンだったのだが今回はピーターさんが一緒だったので気が向いたらしく初めての参戦となった

イカ釣りが余り面白く無いイメージが有ったのかも



船上準備中!僕は自分の含めて3人分の用意をしないとイケナイので大忙し

初めての沖流しでのイカ釣りでチョット楽しみだったがこの夜は非常に渋かった

大潮の満月ってやっぱりダメなんかなぁ・・・・・・

ポツポツしか釣れないが何ででしょう?やっぱりイカ釣りは面白い

ケン・マツウラ社長がケン・サキイカを釣るってか



後からイカ釣りの感想を聞いたら「面白かった」とのコトで良かった良かった

写真の顔みたら楽しそうやもんねぇ

ピーターさんは光に誘われてやって来るシイラを毎度釣りたがるけど釣った後が僕は大変なのでその願いは却下しました

シイラがデカけりゃ他人の仕掛けを巻き込む恐れもアリというコトでして

夜釣りでのライントラブル困るんです視点がボヤて細かいコトするのが困難なんです

ってワケでイカに集中



僕はイカメタルで適当に力を抜いてポチポチ釣って遊ぶ

シイラがやっぱり邪魔をする

僕の竿にシイラがヒット

まぁ慌てますシイラなんかど~~でもエエけど仕掛けを持って行かれるのが非常に困る

泳いでる姿は60~70cmだからヤバイ

引くが・・・・・・ん??ん何やこのシイラは?ヤル気ナイぞ

釣り上げてビックリ!想定外の小ささ

40cmほどのシイラにリーダー4号を切るパワーなど無いわい

心配して損したので釣り上げたシイラはリリースせずにシメて持って帰りました

僕は普通の5本針スッテ仕掛けも用意してたのだが準備して船べりに置きっぱなしだったので暇してた船頭さんに使ってもらい自分の釣果を上げるという裏技を発動

僕が一番釣って無かったが僕が一番多くイカを持って帰りました

・・・・・・・23時頃、レーダーに雨雲の接近が確認された

小雨の感じじゃ無いみたい雨よりキャビンが無いこの船では雷が恐ろしい

確かに風が冷たくなって来て異界の扉が開いたのを肌で感じヤバイと思った

撤収!撤収!帰ろう帰りましょう

港に帰るまでにはしっかりずぶ濡れになりました

皆様を家までお届けし自宅に帰ったのは2時過ぎで車の荷物を積み替え道具を片付けて3時半かね

・・・・・・・そして翌日の黒岩眠いよ

黒岩の父ちゃんはピーターさんのファンらしく僕とは扱いが違う

釣りが終わって待合所に戻ると「アイスクリームでもお食べぇ~~ぇ」って何なのよ

そんなサービスされたコトがナイで

僕のアイスも有るから文句はナイけどコレって人種差別じゃないのかね

何か良く分からないけど出船前に記念撮影



釣行の方は大変な一日となりまして・・・・・・・

鯛は激渋で青物が釣れてる情報も入らず僕は暑いし疲れてるのでダラダラです



真面目に鯛ラバを巻き続ける気合なんてナイです電動リールにお任せです

釣る姿勢なんてチャーターなんでお構いなしロッドを担いでもクーラーに寝ながらでもリール巻いてればそのうち鯛は釣れる

こんな調子でも手巻きで頑張てるオオノさん&ナラさんに釣れなかった鯛を僕は釣ってしまう理不尽さ



しかしながら釣る気合、情熱、気持ちで優っているピーターさんがやっぱり一番釣り3枚ゲット



時刻は15時が近くで今日はここまでだろうなぁ・・・・・・って思ってる所に青物が釣れ始めたとの連絡が入りポイントを移動

ジグ投入!真っ先に僕にヒットがあり魚の引きにタマゲル

もちろん最近の僕はジギングでも電動リールです

そ~~と~~引くんですけどハマチの引きじゃナイんですけど

簡単には上がって来ないのでシンドイ

サイズはほぼブリと言っても良いメジロで80cmを2~3cm切るだけのサイズ

まれに見る高活性で当たり前に全員安打







とにかく釣れる間が短すぎる

僕は3匹釣り上げた後に釣るのをヤメて船長に「もうヤメようと」提案するコトになる

僕のポンコツ70リッターのクーラーはお腹一杯でもう魚なんて入りません

オオノさんのクーラーにも入りません



終了を宣言するがピーターさんは毎度の様にヤメないので僕がヤメさせますガルルルル~ゥ

港に帰りクーラーを運ぶが一人では当然持ち上がらず二人でも休み休み運ぶハメとなった

あまりのクーラーの重たさにイラっとして船長に「こんなに釣らせたら後が大変やのに客のコトを全然考えてナイよね」と文句を言ったら「エエっそんなコト言われたコトがナイ」とビックリされた

まぁ理不尽ですコト

これだけ釣れたらピーターさん明日は行かなくて良いだろ

・・・・・・と思ってたのに「行きたい」と言う

僕は明日はエアコンの効いた自分の部屋でゴロゴロしたかったのだ

マジで行きたくナイ僕と釣りに行きたいピーターさん、さぁどうなる

大体3連戦が出来る様に僕の体は改造されてない

そこまで釣りが好きってコトじゃナイんです週一ペースが丁度良いんです

大体半日便で出る船なんか・・・・・・ピラール海人???出るかも

一人でタクシーで行ってワケにもイカナイので出るなら一緒に行かンとイカンやろなぁ

海人に電話したら間が良いのか悪いのかタコ半日便で出船するって言うじゃなぁ~~ィ

オマケに船長に「おいでや」って言われたらまぁ行ってしまうよねぇ

結局、僕はピーターさんに文句を言いながらでも海人に乗船し二人でタコ上げ



ナンだカンだと言いながら結局は仲良しやねぇ

ボチボチ釣れてたから退屈せずに僕も楽しかったです

無風の快晴灼熱地獄状態なら僕はシボんでたはずだが、この日は風があり涼しかったので体も動いて助かったです

二人とも8杯ほど釣ったかな

釣りが終わって・・・・・・コーナンでタコを送る発泡スチロールの箱を買いその後、ピーターさんを駅まで送ったはずなのだが・・・・・・記憶がほとんどナイです

今度は10月に遊びに来るので何を釣ろうかしらねぇ

3連戦はキツイので2連戦で行きましょう

てなワケであれやこれやと色々あった最近で御座いました




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒラメ難しい・・・・・・の話し

2016年08月02日 | Weblog
釣れないのでブログ更新するのもダルいです

剣先イカ釣れてます

去年は全然ダメダメでしたが今年は良さそうですよ

7月20日 大潮なのにオオノさんと2年振に中泊に行って来ました

アンカー打ちの掛り釣りなので潮がブッ飛ぶかと思ってたけどほとんど動かない潮

風もあまり無いので虫の大群が押し寄せて来ると覚悟してたけどほとんど来ない虫

仕掛けが流されないし煩わしい虫も居ないので良い状況とは言えるのだが思ってた雰囲気と全然違うのが何だか不安・・・・・・

・・・・・・不安は的中

気づかない間に船が回ってた周りは暗闇で船が回ってるコトに気付かなかった

アンカーロープにスッテが引っ掛かり仕掛け丸ゴごとブチ切れでオオノさんと二人は泣きを見た


2回やられて一軍選手のスッテ達が無くなったのは超痛手の上、数千円がパ~ぁで御座います

注意のしようもなく泣き寝入りです

数も60杯ほどと伸び悩みイカのサイズもイマイチで不完全燃焼でしたが、久しぶりのイカ釣り面白かった

これからは沖流し釣りがエエねぇ

沖流し釣りならこんなコトにはならんし楽勝かな???

まだやったコトが無いので興味深々っちゅ~コトで近い内に行く予定です

27日は毎度撃沈を喰らっているヒラメを狙い長浜へ

水深は30mほどで楽チンです

ヒラメ釣りも数回しか行ったコトも無くアタリも少ないので未だに素人同然の僕です

仕掛けを落としてアタリがあるまでどうするか?

アタってからどうするか?

船頭さんに聞いてはいるが実際を経験しないと正解かどうかも分からない

一回目のアタリで合わせてはダメ二回目の引き込みでテンションを掛け更に引き込んだらアワセを入れるとは言うがアタリが少ないので身体がその動作を覚えないんです


この日の僕は5回アタリがあった

たった5回ではあるが普段から比べると全然マシで実際を5回も経験出来たのでスキルアップしました

一発目はヒラメでは無く鰤サイズの青物だった・・・・・・と思う

6号ハリスだったのでほぼ6秒でラインをブチ切られました

魚が船底方向にブリブリに走ったので魚の足を止める間も無く勝負をする間も無かったです

一回目のアタリはヒラメだったが待ち時間が短かったのか途中でバレた

二回目はかなりの大物ヒラメの手応え

ちょっと強引にヤリすぎてラインブレイク

三回目、小物だったらしくアジに噛み跡だけ残して何処かに消えた・・・・・・・

四回目、少しコツを掴んだらしく喰わせるのは上達慎重にやり取りしながらリールを巻くがバラシ過ぎてたのでビビリながらハンドル回す

・・・・・・・・・半分ほど巻き上げた所でナゼバレルの?

も~ダメです釣り上げれる気がしない

五回目の正直時間も時間なのでラストチャンス

も~ぉまたバレるとしか思ってない

バレないでと祈り続けながらリールを巻いた

この時、リールを巻いてる僕の心境は不安でハラハラってもんじゃない

ドキドキの感情は無くハラハラハラハラハラハラハラハラ~ぁだけで楽しくも無い

でも釣り上がったよ~~~~~ぉ



5回目でやっと獲れた嬉しさで23%ほど泣きそうでした

今回の釣行はバラシが多かった分、得る物も多く次回のヒラメ釣行が楽しみっす

今月、また行くで

後はウマズラハギを20枚ほどギャング針で引っ掛けてお土産確保

邪道の引掛け釣り僕にはオモロイです

8月はチョット面白いメンバーとチョット面白い釣行予定があるので楽しみであります

とりあえず明日はキスでも釣って遊んで来ま~す




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣りビジョン、フィッシングカフェ取材・・・・・・の話し

2016年07月19日 | Weblog
ピーター・フランクルさんの取材に同行してきました



多分こういうのはネタバレしたらダメっぽいので簡単にお知らせ

番組はシマノがスポンサーのフィッシングカフェという番組で釣りビジョンもしくはシマノ動画で観れます

・・・・・・が、放送は12月ってコトで随分先の話しです

年に3~4回ほどしか収録しないらしいので放送の間隔が空くのであります

内容はピーターさんと愉快な仲間達的な、もしくはわんわんさんの愉快な仲間達的な感じですが二日間の釣行取材とインタビューがどう放送されるか楽しみなトコです

今回の釣行は最高でした

天候は風が涼しく汗をかくほど暑くなくそしてベタ凪

ピーターさん超が付くほどの絶好調オオノさん超が付くほどの絶不調それはWミラクW

僕もオオノさんも使い慣れてる自分のタックルが使えないのはキツかったです

まぁ主役のピーターさんが釣れたからそれで良しですがね

撮れ高十分で取材陣も非常に助かってました

番組は30分&30分の60分番組なので僕も2~3分は映るんかなぁ??

なんせ笑いの要らないガッチリした番組なので僕向きで無くただただ真面目に釣りをしてたから気疲れしました

お茶らけた番組取材ならハジけれるのにねぇ

ず~~~~ぅっと立ちっぱなしで釣りをするなんて数年ぶりのコトで腰が痛くなったわい

でも面白かったな~ぁも~こんな話しは来ないだろなぁ

タダ飯、タダ乗り、鯛ラバ、ありがとうございました

詳しいコトが知りたかったら僕に聞いて下さい

今週は剣先イカ行ってみます

ではまた



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕が鵜飼に行くとはね・・・・・・・の話し

2016年07月09日 | Weblog
7月に入った途端にクソ暑くなって、も~日中の釣りは厳しい

夜釣りのイカか半日便じゃないと辛いので7月15日、16日の釣りビジョンの取材が終わったら瀬戸内から暫く姿を消す予定です

釣りビジョンはピーターフランクルさんに同行取材ですよ

僕は賑やかしに同乗するだけです

釣りビジョンはフィッシングカフェという番組でシマノがスポンサーなのでシマノ製品しか使えません

僕が使ってる鯛ラバ製品はリール以外、全てシマノでは無いちゅ~コトでタックル類は向こうが用意してくれるのであります

最新のモンを用意してくれるらしいので楽しみではありますが鯛なんて適当な道具で釣れるモンねぇ

鯛ラバの製品って釣具屋でもシマノはあんまりナイや~ん

先日、シマノのホームページからフィッシングカフェの動画を観たらお堅い番組やん

釣りビジョンという名前だけでナメてたけどフィッシングカフェは釣りが上手い若造如きが出る番組やないやん

釣りビジョンという名前だけでひとくくりにしてたけどそうじゃ無いっす

・・・・・・毎週釣りには行くけど釣りビジョンなんて観ないモン

釣りビジョンよりアニマックスの方が好きやもん

フィッシングカフェに出演してる人って教授に料理の鉄人や世界一のソムリエやカーデザイナーなどなど世界で活躍してる一流人ばっかりやん

この番組から声の掛かるピーターさんって偉いんやねぇ

普段ボ~~ぉっと生きてる僕の出る幕はナイわい・・・・・・・

賑やかしなんか必要ナイわい・・・・・・・

・・・・・・・まったくヤレヤレだぜぃ


7月3日 日曜日


東京組のナラさん&ヤナギダさん&カワムラさんが遊びにやって来ました

・・・・・・正直、このクソ暑い天気に良くも来てくれたモンです

ギャンギャン照りですギャンギャン照りで僕は炭化しそうです炭化

地球が溶けるで地球がクソクソ暑いネン

そんなこんなで皆で仲良く大洲観光と洒落込みました

まさか自分が生きてる内に鵜飼を見に行くなんて思ってもみなかった・・・・・・死んでからでも行けませんが


鵜飼漁まで時間があるので臥龍山荘を見学に行った

ま~~~~~~~ぁ久しぶりによく歩いたアツーぅ



写真で見ると立派に見えるが大したコトはナイです

写真は大体エエ様に見えるし立派にも見える

魚の釣果写真も同様アイドルも同様

庭には青々と苔が茂り絨毯の様で涼しげですが暑いもんは暑い

苔の手入れは良く出来てるね

山荘は南国の古民家って雰囲気で屋根は茅葺き屋根風で分厚く壁や襖は薄っぺらのペラです

内装も大したコトない

名の有る画家が壁板に描いた大きめの墨絵が保存の為、ガラスかアクリル板を貼り展示していたが室内は日陰だし斜めからでしか見れないので光が反射し何を描いてるのかもサッパリ分からない有様でした

装飾品も匠が作ったモノなら見渡してる間に自然と目が止まるのだが全然目に止まるモノは無く・・・・・・・残念

神社仏閣じゃないからこんなモノなんでしょう

名匠が彫った仏像の一体を見る方が値打ちあります

何とか時間を潰しやっと鵜飼の時間



鵜も仕事の前に晩飯なのか扉の向こうに居る人を見つめてる

多分、何時も御飯をくれる人なんでしょう

鵜の御飯はアユじゃありませんアジですよ鯵僕も知らなかった

鵜飼自体に興味が無いので観光客が聞かないコトを色々聞きました

肱川では鵜は害獣ですって海で魚を獲るより川の方が楽だから海から野良鵜がワンサカやって来て川魚を食い荒らすらしいです

オマケにアユだけ食べるのでは無く川で泳いでるモノを何でも食い倒すので川魚が激減するってコトです

アユ漁をやってる人はほとんど居ません

鵜なんかで魚は獲りませんって獲るなら投網でしょう

船頭さんは鵜飼のシーズンだけ小遣い稼ぎでバイトしてるってコトです

船は屋形船、初めて乗りました

海の釣り船に比べると視線はやたら低く流れてるだけなのでやたら静かで景色は流れの早さだけ流れる・・・・・・

近い距離で景色が流れて行くので僕の三半規管は船は揺れてナイのに揺れる

・・・・・・・・チョット気持ち悪いオマケに超暇

日が暮れて鵜飼漁が始まる



船の前に篝火が燃えそれ以上に圧倒的に明るいライトが三機

ハッキリ言って篝火は意味ナシ船頭の昔ながらの鵜匠の格好も意味ナシなんて言ってたら風情もありません

明確にショボイ催し物だけど楽しんで行こ~ぉ~ぜ



鵜飼漁の船は観光客が乗ってる船の横を通過します!それを我々は追うってコトです

手が届く所に鵜が来るけど触っちゃダメです

噛まれたら流血して酷いコトになって泣いちゃうそうです

鵜は一応潜って魚を探します水が濁って魚なんか見えてるとも思えませんが潜ります

鵜にしてみれば魚が捕れるかどうかは関係ありません

仕事上がりのご褒美に河原で御飯のアジをくれるからです

鵜を仕付けた鵜匠が利口なんだか人間に付き合ってる鵜が利口なんだか分かりません

ひとつ言えるコトは繋がれた鵜は何処にも逃げれないってコトです

20時下船、松山に帰るそれなりに旅行気分になりました

翌日は黒岩フィッシングでタコ&鯛狙い

も~暑いギャンギャンで朝から暑い

鯛は前日釣れていたので不安はなかったが・・・・・・・・・

朝一タコ一時間ほどやったんかな?

僕2杯・・・・・・・タコ小さい

カワムラさんだけボウズ

安心して下さいこの日タコ2杯、釣るような人間にロクなの居ませんから

タコ飽きて鯛狙いに変更・・・・・・

鯛の反応は有るのだがこの日は中々アタリが無いしアタってもノラないパターンで打つ手がナイ

こんなに苦戦するのはミラクルでありました

そんなとき・・・・・・・僕の背中側で釣ってたカワムラさんがもがいてる

もの凄い勢いで竿が引っ張られてる

それを見ていた僕は青物だと思ったのでラインが絡まない様に仕掛けを上げ見物に行く

全然上がらないしラインが出ていくこれが真鯛なら大ゴトサイズ絶対鯛と違う

僕が少しカワムラさんのドラグを緩めていたので何とかラインは切れずに保ってるが、もし緩めてなければ瞬殺でライン切れてたはず

あまりにカワムラさんが大変そうだったのでオオノさんがヘルプに入る

カワムラさんはハマチを釣ったコトが無く魚とのヤリ取りなんて分からない

・・・・・・・・頑張ってたけど残念のラインブレイク

PE0.8号のリーダー3.5号では素人さんが釣り上げるには厳しいサイズでした

あ~~ぁ~~、あんなの僕にも掛からまいかと思いながら普段のボ~っとと直射日光にさらされて頭がボ~っとのWボ~っとのボ~ボ~で電動リールにボ~っと鯛ラバを巻かせていたらヒット

竿でアワセず瞬間的にスプールの回転数を上げアワセを入れる

んん??スプールが僕の想定外で勢いよく回転してる

魚は上がってるんじゃナイ魚は下に逃げてるんだ

引っ張ってラインが出てるのに気付いた

バカほど引っ張ってるし最速回転で巻き上げるよりも早いスピードでブィ~ンって音出しながらスプールが逆回転してるしドラグのブレーキの摩擦で持ってるリールが熱っ

メッチャメチャそ~と~ヤバイですけど~~ぉ

久しぶりに釣りで焦ってるんですけど~~ぉ

絶対に鰤サイズなんとか獲ってカワムラさんを虐めたの敵を討つのだ

モーターの力じゃ上げるの無理なので手巻きで上げる

水深60mも無いのにラインを巻いては引きずり出されの繰り返しで100mほどラインを出された

PE0.8号リーダー4号では真正面から勝負してもコッチの部がかなり悪い

こういう時はチャーターは助かる皆に竿を上げてもらい船で魚を追いかけてもらうのだ

追いかけ近づいてラインは丁度60m、魚はベタ底に居る

あんまり刺激してまた走り出されるのもシンドイので無理に引っ張らず静態しつつ魚に上がってるのがバレん様にジックリと上げてゆく

僕が魚釣るのにこれだけ集中するのはそうはナイです

この時だけは余裕も無く皆の顔なんて一度も見ませんでした

魚も弱り徐々に上がって来て・・・・・・・見えてビックリ

オオノさんに無事にすくってもらい疲れて「もう何も言えね~ぇ



腹パンの卵持ち94cmのブリそりゃ時間掛かる~ぅ

これは船の協力が無いと獲れませんカワムラさんがバラシたのも多分このサイズだと思うので釣り上げるのは無理でした

カワムラさん安心して下さいこの日こんなブリを釣る人間にロクなの居ませんから

結局、鯛は一枚も釣れず

ナラさんが釣れたけど網が遅れて水面でさようなら~ぁ

ヤズが釣れてる情報が入ったのでちょっとヤズをやってみる

青物の準備なんかしてないし・・・・・・・

オオノさんは準備が良いからジグ持って来てるし利口だわ~ぁ

僕はタコ竿に借り物のジグに借り物の針を付けてジギングをやったのだがシャクリがど~もシックリ来ないので鯛ラバで釣るコトにした

スピニングタックル持っとけば楽しめた雰囲気

皆はジギングで僕は鯛ラバ鯛ラバ意外とアタルねぇ

釣り上げるのに時間が掛かるのがイカンけど

一匹目を釣り上げて二匹目を途中でバラして三匹目で・・・・・・・・ブチン

ヤズだからナメてゴリ巻きしたドラグ調整も適当にしてしもた

64mもPEライン高切れしてしもたヤル気が無くなってしもた

94cmのブリを釣り上げてヤズにラインを切られるこの愚かさ

ジアイの終わりかけにポイント入ったので結局、皆1~2匹しか釣れず残念でした

天気は今までに無いぐらい最高に良かった!暑さを除けば

釣果は今までに無いぐらい最高に悪かった一日となりました

東京の皆さん、こんな日はザラにあるんですよ

夏場は日中の釣りはヤメよ~やね~ぇいつ釣るの?夜でしょ

まぁそういうコトでヨロシクです

来週、フィッシングカフェ取材楽しんで来ます

曇れば良いなぁ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加