わんわんさんの楽釣行

メンバー募集中!面白くて面倒を掛けない人♪
メールはブックマークからお気軽に!

ようこそ松山へ・・・・・・の話し

2017年04月22日 | Weblog
4月11日 

この日はオオノさんと東京③人組とケン・マツウラさんとピーター・フランクルさんと一緒に黒岩で青物狙いで出船しました

ようこそいらしゃい久しぶりにこのメンバーになりました



黒岩新艇で記念撮影

と、まぁ出船したのは良いのだが予報通り雨は降るは寒いは波は有るわで僕は全然ヤル気が湧きません

何かワカランけど太陽光を浴びてないと僕は元気出んわ~ぁ

オマケにこの日は好きではないジギングオンリーでの青物狙いなのでヤレヤレなのでありました

黒岩新艇がデカイから砕け散ったガラスみたいな海面を揺れながらでも航行出来るが瀬戸内サイズの遊漁船なら普通は釣り中止です

・・・・・・この日の青物は渋かった

波が有るのでポイントも限られてたので仕方がナイ

釣れるのは小さめのヤズだと分かって僕はタコベイトで作ったジギングサビキを付けて電動リールでシャクル

ピーターさんがポツポツと釣ってるのに僕は釣れない

スピニングタックルを使えば釣れそうな気はしてたのだが電動リールで釣りたい気持ちとタコサビキで釣りたい気持ちの方が大きくひつこく電動でやり続けた

アタリは結構あるのだが不思議とノって来ない

釣れない理由が分からずヤメるにヤメれない負のスパイラルに落ちる

ロッドは確かにインナーロッド230cmとジギングには長いので操作性が悪いけど釣れても良いはず

この時ホントに決断した!このロッド切って短くしてやろうと

前々からどうにか短くしてやろうと考えてはいたが、方法をやっと思いついたので実際すでに竿先20cm切って短くしました

使うのが楽しみですヘシ折れるかもしれませんけどそれはそれで笑えるのでアリです

なんとかタコサビキで1匹釣って使うのをヤメてスピニングタックルに交換

リール巻いたらすぐ釣れたわい

釣れれば楽しいけどやっぱり電動ジギングを理解したいです

手本になる先生が周りに居ないので釣れる様になるまで時間が掛かりそう

ヤズは一人2~10匹、メジロ1匹

ピーターさんが竿頭ですメジロも釣ったしね

まぁ釣ってる時の集中力と気持ちが違うモン

ピーターさんはず~~っと釣ってやろうとリールを巻いてるけど、僕なんか何時釣れるんやろか~ぁリール巻くの怠いなぁってやってるから釣果も落ちます

ジアイの時は流石の僕でも気合入れてジグをシャクリますがそれ以外は・・・・・・・

とにかくこの日は全員が釣れたし出船出来ただけでも運が良かったと思います

しかしまぁタックルを海に落とした輩が居たりザックリと指を怪我してキャビン外壁に血痕を残した人も居たりで僕は釣りのコトよりそっちの方が頭に残りますよ

人のタックルを落とすのもダメだが怪我はもっとイケマセン

皆さんも気を付けて釣りしてね~ぇ

寒かったので体力消耗し疲れたわ~~ぁ

翌日はピラール海人をチャーターしてピーターさんと二人で大アジ狙い

ま~~~ぁて、ベタ凪ですよベタ凪

絵に書いた様な釣り日よりで御座いまして僕も元気

船に二人なので吹流し仕掛けを使う釣り自体全然難しくない

ジャミカゴにジャミを詰めて海に沈めて底に着いたら数メートル仕掛けを上げて待ってみたり竿をあおってジャミを出してみたりの繰り返しで釣れる

オマケにこの日の大アジさんはヤル気があり苦労しなかった

初めて大アジをやったピーターさんと釣り慣れてる僕の釣果に差は無く二人共が20匹チョットは釣った

吹流し釣りって簡単なんやなぁ少し僕は考え過ぎてたとこの日思いました

ピーターさん50cmオーバーの大アジゲットでピースサイン



大アジ釣りは小さなアジが釣れ出したら終了のお知らせです

潮の加減なんだと思うけど終わりが近づいたらホントに小さいアジが釣れだすもんねぇ

アジは切り上げ今年初のタコ狙いで移動

今年はタコが遅れてて釣れてる話しなど耳にしていないから何とか1杯だけでもと竿をシャクルが全然ダメです

諦めていたその時にキタ~~ぁ

中々重い手応えでサイズが楽しみじゃと釣り上げたら・・・・・・・

石を4個も抱えてて本体はチョット期待外れだった



まぁとりあえず姿を見れたから良しとしよう

結局獲れたのはこの1杯だけでした

まぁタコシーズンはこれからですよこれから

12日、19日も大アジ釣りに行った

なんだかんだで毎週大アジ釣りに行ってます

毎週の様に行ってるので手馴れたモンで毎週竿頭になります

船で10匹釣った人が居なくても僕は15匹は釣ります

手馴れてるから手返しは早いんかも

サビキは安上がりに済む様に自前で作って持って行ってます

サビキがダメになり使えなくなる原因は人災がダントツです

慣れて無い人が周りに居るとどうしてもオマツリさせられます

復旧に時間が掛かると判断したら僕は自分の仕掛けを泣く泣く切ります

僕は根掛かりなんかしません、アジにラインを切られるコトもありません

船でお勧めのサビキは間違い無く釣れますが僕はいっつもこの針を使ってサビキ作ってます



管付きの針なのでライン通すだけで仕掛けが出来ます

幹糸5号で50cm間隔でビーズ玉5個の5本針枝ス3号

人のPEラインが枝スにグリグリに巻き付いたりした時は針を取ってPEライン抜いて針を付け直すだけで復旧完了

針がダメになった時はその針だけ変えれば済むので復旧が早くて安上がりで済みます

今の所この仕掛けでも普通に釣れますが釣れなくなる時もあると思い船でお勧めのサビキも何時も持ってます

針の色はピンクとグリーンとホワイトの3色あるけど、どの色にも食い付きます

アジにも好みが有るかも知れないので三色とも使ってるけどピンクはどちらかと言うと人気が無い様な気が・・・・・・・・

どうもグリーンが釣れてるイメージが有るので僕はグリーン2本、ホワイト2本、ピンク1本の割合でサビキ作ってます

まぁ責任取れないので参考程度にしといて下さい

来週は何処に行くんやろ誰か教えて下さい

いっつもこんな感じですが・・・・・・・・

どっか行って来ます



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縦釣りで大アジ狙い・・・・・・・の話し

2017年04月08日 | Weblog
またまたメガアジを狙って来ました

今回はピラール海人の乗合便に乗ってサビキ仕掛けの下にジャミかごとオモリを付ける縦釣りです

この日は5名での出船で左舷に二人、右舷に三人で僕は船長とチャプチャプ話しが出来る真ん中の釣り座です

釣り座が真ん中ってのは悪くはないけど通路での釣りなので身体が大きい僕にはメチャ狭い

座って釣りも出来ず船のバックミラーには頭ぶつけるわ膝小僧をぶつけるわ運動量が爆発的に増える

心の中で「これはアスレチックランドかい」と嘆きながら釣りをしてました

家に帰って膝小僧が痛いと見たらレインウェア履いてたのに一円玉ほどの大きさを擦りむいて血が出たらしくカサブタになってました

長靴履いてるからどっかに足を引っ掛かけて膝小僧をぶつけるんでしょねぇ

まぁ良い運動にはなったわい

ポイントには数隻の船が団子状態で集まってた

海人も集団に混じる

さてさて周りの船は釣れてるかな

・・・・・・・見た感じでは、ほぼほぼ竿曲がって無くて状況厳しい雰囲気

潮加減が悪いのか魚のスイッチが入ってないらしく苦戦を強いられる

オマケにこちらの船には5人しか乗ってないので人数が乗ってる船に魚を拉致される

そりゃジャミを撒く人数が多い船にアジも引っ張られるよね~~ぇ

まぁ船も固まって集まってるから釣れないコトはないですがね

アジはやっぱり有利な船後ろが一番乗りでヒットした

次は真ん中の僕の番だろと思ったら僕を飛ばして船の前が釣れた

・・・・・・なんでやねん

後ろ二匹目、僕釣れず

やっとヒットしエンジン掛かるかと喜んでたら目の前まで釣り上げてたのにメガアジは網をすり抜け脱走

目の前でバレるのが精神的に一番ダメージを受ける

悲しくて涙が流れる前になんとかまたヒット

・・・・・・・・・・大アジじゃなく尺メバル

なんでなんでなのよすでに皆は釣ってるのに僕だけ取り残されてるヤン

尺メバルを見つめる僕はしかめっ面です

大体、僕はスロースタートで始まる方が最終的には比較的釣果が良いのは薄々感じてるのだが今回はチョットヤバイ気が・・・・・・

と不安になってたがエンジンの回転数が上がってからは僕の調子は維持され続けた

エンジンの回転数が上がって僕の頭の回転数も珍しく上がったらしく団子に集まってた他船のどの場所に船が着いたら釣れそうあの船が横に来たら多分釣れるだろうとかが何となく分かり周りの船の配置を見ながらジャミを少なく出したり多く出したりと小技を使ってました

そんな小技を効かせてたら右舷前も後ろも釣れて無いのに僕だけが楽しく釣ってる感じで船尾の釣り人から「何で釣れるのォ~~」と悲鳴が上がった

同じサビキで同じ様に釣ってるんだから「何で?」と思うやろなぁ

逆の立場なら僕もそう思うもん

とにかく釣れなくなったらいくらジャミを撒いても全然釣れなくなるので釣れる間に集中して頑張って釣るのです

実際この日は状況イマイチで釣れてる時間が短かったのだ

集中しだすと僕は周りは見えず自分のコトしか気にしてません

釣りが終わって船尾の人が7匹とか言ってたが聞いたときは何が7匹なんやろ?と理解できず・・・・・・?????

聞けばこの日の釣果が7匹だった有利な船尾で7匹かね

他の人もそんなモンかそれ以下で僕の釣果が17匹と不思議とズバ抜けて良かったのだ



この状況下で優秀じゃん小技なの?小技を効かせたせいで良く釣れたの?????

それだけ周りを犠牲にして自分は釣ったってコトなの?人を踏み台にするのが好きな人間だから釣れたの?いやいや腕が良かったからに違いないんですそうだ、そうしとこう

小ズルいのも腕前の内です



デカイアジのサイズは55cm近くありました

この大きさのアジも見慣れたので全然ビックリしないしサイズに興味も無くなってます

・・・・・・・でも来週も大アジ狙いに行くんです楽しみなんです

来週は僕が提案したのはエエけど実際どうなるんだろう?やらないと分からないと言う不安半分期待半分って釣行で・・・・・・・・さて

まぁ何とかなるでしょ

来週は連戦チョッピリ頑張ってイッパイ楽しんで来ます












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大アジシーズン突入・・・・・・の話

2017年03月25日 | Weblog
太刀魚シーズンも終わり・・・・・・・やっと大アジを釣りに行くコトが出来ました

太刀魚も僕の調子も上がってたのでもうチョットやりたかったなぁ

釣りに行ける日が時化るので二週間ぶりの釣行で御座います

大アジ釣りには二通りの釣り方があります

普通の釣り方は普通のアジサビキを使った縦の釣りで仕掛けの下にジャミカゴとオモリを付けての釣りです

乗合船、普通の遊漁船ではこの釣り方は常識で御座います

基本、狙う棚はベタ底で釣り座が船の前ではジャミが潮で後ろに流れるので釣果を上げるのは基本釣りがいくら上手くても難しい

漁師船は天秤の下にジャミカゴとオモリで天秤後ろにクッションゴムを付け吹流し仕掛けを付けて釣るので釣り座が船の前でも釣れます

仕掛けが3mあるので定員4人ってトコなのでまぁ乗合船では使えない仕掛けです

釣る棚は縦釣りと違い横釣りなので底から3mだったり5mだったりまちまちです

釣り方はジャミを撒くタイミングの取り方が入って来るのでベタ底だけ狙う縦釣りよりはコツが要ります

50cmのアジが釣れた場合、縦釣りならグィンと引き込み良く引くけどクッションゴムを付けた吹流し仕掛けだとアタリは小さくゴンゴン引く手応えってのはそんなにありません

どっちの方が釣れるのか??どっちでも釣れるけど条件次第やね

と、まぁ今年一発目の大アジ狙いはオオノさんと二人ってコトだったので釣り座を気にするコトも無い長浜の漁師船で行って来ました

顔なじみの長浜漁船は僕とオオノさん二人居れば貸切で出てくれるので有難い話しです

沖合の船団に混じって釣り開始

・・・・・・・どうやって釣ってたっけ

毎度のコトながらメバルやハギよりはマシだけど物覚えが悪いです

魚に生まれ変わったら僕なんかすぐ釣られてしまいそうです

他の船にはお客さんが5人も6人も乗ってる

皆、吹流し仕掛けだがオマツリせんの?見てると当たり前にオマツリするよね

だって魚は泳ぐから3人しか乗ってない僕らでもたまにオマツリするもん

追い食いさせるのはオマツリ防止の為、禁止事項では無いが人としてさせません

アジは居るのだがボコボコとは釣れずボチボチって感じです

4月に入ったらもっと良くなる話しなので期待してます

でも20匹ほども釣れればこのサイズなら十分クーラーは賑やかです

一番デカイアジは55cmでした

この日釣ったアジは何処かからの流れ者では無く長浜沖で育った居付きアジだという話しでした



もっと釣れろと思ってもみたが40匹も50匹もホントに釣れたらシメるの大変やしクーラー重くなるし想像したら嫌になった

なんせアジとはいえデカイから暴れまくるのを押さえ込むのも大変やしシメるコッチも血まみれになるし超憂鬱な作業でチョ~イヤ~なモンですわ

・・・・・・・てなコトを言っても釣れてるウチは後先考えず釣り続けますけどね

翌日はアジを5匹持ってミカンカフェとルフランルフランにお裾分け

お裾分けの後はこうなった



・・・・・・・ん~ん冷蔵庫に入らん分けよう

どっちのケーキも美味いわい

知ってた3月はケーキ屋さん一番忙しい時期やで~ぇ

稼ぎ時でなんやで~ぇ

クリスマスは忙しいけど人件費&材料費もドンっと増えるのでそんなに儲からないんですよ

まぁ内情が分かればパティシエの仕事は大変で僕には務まりません

来週も釣りに行くつもりだが天気が・・・・・・・・

春風で 桜開けど鼻詰まる

海に出ても花粉は飛んでるわい・・・・・・辛っ

頭が回らないのでこのへんで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あ~ぁ、ブログ更新しよ・・・・・・・の話し

2017年03月12日 | Weblog
ブログ更新しますよすれば良いんでしょ

最近僕が全然ブログを更新しないとピーターさんからも言われ東京組からも言われ良く知らない釣り客からも言われる有様なので更新してみます

ワンワンオリジナルテンヤのコトも聞かれるのでお知らせします

でもアンタ、釣りに出ても太刀魚2匹って日もありましたから~~ぁ、残念切腹古っ

花粉症も辛い魚が釣れないよりも10倍は辛い

今の僕の鼻なんて匂いを嗅ぐ為に存在せずただ鼻水をダラダラと流すだけに存在してるだけなので今は鼻は要らないです

どっかに蛇口でも有るん?ぐらい鼻水が流れるコトがあるよね

先月末はピーターさんと大野さんとナラさんと黒岩に行った

黒岩のお父さん「今日はちょっとしたサプライズ用意してます」なんて言うので何かな?と思ったら桟橋に新艇が浮いてるじゃないですか



乗合のお客さんほったらかして我々5人しか居ないのに新艇じゃい

黒岩のお父さんはピーターさんのファンなので僕まで良い思いが出来ました

メッチャ嬉しいやんメッチャ広いやんとりあえず乗り込みキャビンの周りを2周してやりましたよ

キャビンも快適エエとこで釣り船って言うより客船でした

5人しか居ないのでゆったりあぐらをかいてリラックスです

船は最高釣果は太刀魚8匹で僕が竿頭ショボ

今年の太刀魚はサイズが良いので指5本サイズが釣れてもビックリしない

ナラさんが太刀魚2匹でもビックリしない

オオノさんが太刀魚1匹も釣れなくってもビックリしない

ピーターさんがテレビに出ててもビックリしない

ってな具合で最近はビックリするコトも無くブログネタも無い

メバルを釣るのは簡単釣れるモンは釣れるから

釣るコトより仕掛けのトラブルと手返しのコトに頭を悩ませる

僕はメバル狙いで釣りに行こうとしないから知識の積み重ねが遅い

でも今年は違いますよ

移動中の船上では仕掛けを張らずにたるませるコトに自力でやっと気付いた

効率良く釣るなら5本仕掛けより8本針仕掛けやろとはいえ仕掛けがグチャグチャになるのは必至なのでトラブル無く使えるかもしれない方法を思い付いたから実際試して上手く行けばお知らせします・・・・・・多分失敗しそうですが

さてさて僕の太刀魚テンヤの話しですが、良い所取りしてるのでハッキリ言って釣れます

僕が使い分けてるテンヤの写真がコチラ



上から75号のシーソーテンヤ中が50号のシーソーテンヤ下が釣具屋に売ってるテンヤ

シーソーテンヤの原型は下の写真のブランコテンヤ



これは発想は良かったが「何処に合わせてバランス取ってんねん」で、大量に売れ残りワゴンセールで200円になっても買われないというお粗末な商品です

分かる人には手に持っただけで「コリャ釣れんで」と見抜いちゃいます

ここまで思い付いたのにツメが甘い悪い愚かの三拍子で残念もエエとこです

こういう小細工は僕の方が二枚は上手って感じやね

釣具屋のテンヤは掛かりは良いです



釣具屋のテンヤ、サイズ、餌の指し針の長さ、掛け針のサイズも使ってみて良い感じです・・・・・・が1個1000円ですよ1000円

まぁ作るの簡単だから僕は勿論買わずにパクらさてもらいます

この二つの良いトコ取りしたのがシーソーテンヤです

釣れるに決まってます



シーソーテンヤのバランスはメチャ微妙に合わせてます



餌を巻く銅線を付けるだけでバランスが狂うので始めっから後ろが少し上がる所に支点を合わせて微調整は後ろに付けたガン玉をヤスリで削って合わせてます

重さ15gのメガネを載せるだけでこれだけ傾きます



餌のイワシを付けると真っ直ぐ縦になるので周りの釣り客のは「?????何だあれは」と思ってるのを感じるし聞きに来る人も居ます

餌を付けて縦になっても海水に入ると水平に戻るんですよ

餌って思った程の沈下率は無いんです

骨の塊の頭は沈むのでモチロン、切って落としてテンヤに設置してますよ

太刀魚が餌を噛んで軽く引き込むだけで針が掛かるってトコがミソです

作り方を教えてって言われたけどまずはジグ作りからやってもらわんと教え様が無いです

針を付ける為のハンダ付けは自力で何とかして頂戴

ハンダゴテでは仕事にならんのでハンディガストーチをホームセンターで買って下さい

旋盤が家に有れば作ってから穴を開けるって方法も取れるけど僕はシリコン型に3ミリの銅パイプを仕込んで鉛を流してます



これが一番手間が掛からないと思います

ハンドドリルで穴あけなんて絶対ダメよ

高確率でドリルの刃が折れまっせ経験者談オレ

先日の海人は終わってみれば僕の一人勝ちで竿頭

午前中はカスリもしないので太刀魚シーズンやっぱり終わってるやんヤバイやん無謀釣行やんフィッシング詐欺やんだったが午後からはポチポチ釣れだして一安心でありました

僕はサクラ及び打子という詐欺一歩手前要員で乗ってるのでたまには仕事をします

しかしながらたまには人の為の餌まき係要員、人の為の魚確保要員でも乗船しております



13匹釣ってドラゴン9匹の固め打ち

まだ暫く太刀魚狙いでの出船で行けそうです

少々仲良くなった横と後ろの人が「あのテンヤがエエんや」と言ってましたがシーソーテンヤは僕の劣る腕を少しサポートしてるだけなので釣れたのはテンヤのせいじゃありません

お二人さんは太刀魚テンヤの経験が無いらしくPEライン1.0号でやってました

ま~ぁ見事に二人共ラインをブチ切られたねぇ

一人はブチンブチンと嫌な音を響かせながら2回の高切れ、一人は200mの高切れ

PEは最低でも1.5号を2号なら余裕です1号はイカンわい

200mの高切れに疑問を持った僕は本人に話しを聞いてみた

ズルズルとラインが出されて切られたと言うのでドラグをチェックしてみたらアララ

僕が鯛ラバで使うときのドラグ設定よりもズルズルでこんなんでドラゴン太刀魚が上がるワケが無い

何でこのドラグ設定なのか?と聞いたら自分は分からないから昨日釣具屋に行って調整してもらったとのコトだった

この店員は酷いと思いましたH君の周りにその人は居るはずやで

僕が凄く釣る人と見えたかもしれませんが高知の釣り客なら普通のテンヤでもっと釣ります

僕はこれ以上の伸びしろが無く限界に達してる中級レベルなんです

太刀魚テンヤ釣りは釣れる棚を見付けれるか見付けれないかだけの話しです

この日はベイトの反応が底から5mとか15mとかが多かったので皆、底から20m辺りまで探っていたと思われる

僕は底から30m周辺がこの日は熱いコトを察知してそこら周辺だけ探っていたのが功を奏し周りより釣れたのです

またデカイのばっかり釣れてホクホクです

底から30m付近で釣れると僕が気付いてるのに何で船長からマイクでお知らせが無いかと言いますと・・・・・・そんな所に漁探では魚の反応なんて丸っきり無いからです

ベイトのかなり上で釣れたりベイトが底から浮いてる反応のときに上では釣れず反応のかなり下で釣れてみたりと釣れる棚は日によって違うから厄介なのだ

この日はたまたま熱い棚を見付けのが早かったけど熱い棚を見付けるのは基本苦手で頭を抱えてる時間が長いのが普段の僕の姿です

釣れてる棚を教えてあげても良いのだが水深変われば棚も変わるしリールのカウンターが正確なのかも自信が無いので言いません

教えてあげて釣れなかったら感じ悪いでしょ

まぁ更新出来る内容はこんなモンかな~ぁ

次回は何処に行くのやら?アオリも行きたいが行ける日がまた天気が悪い

もう少しマメに更新しようと思います

ではご機嫌よう






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お寒うございます・・・・・・・の話し

2017年02月11日 | Weblog
久しぶりにブログの更新でございます

釣りには行ってます

更年期障害なのだろうか?今年から寒い朝に起きて釣りに行くのが「嫌やなぁ」と感じ始めました

学生の頃の学校に行くのが嫌やなぁ・・・・・・と思う感覚と似てます

港に行ってしまえばそんな感覚は忘れてますが朝起きて家を出るまでは布団に戻りたい気持ちで一杯で御座います

釣りは太刀魚ばっかりです毎週飽きながらでも太刀魚ばっかりです

ブログ更新が遅れてる理由は太刀魚ばっかり行ってるせいです

釣果の悪い僕を腕前以外で何とかしようと、自分に合った太刀魚テンヤを自作してそれで釣果をカバーしようと頭をひねっては作り、使ってみてイマイチなのでバラシして作り直しの繰り返しの連続でま~~ぁ何回作り直したコトかです

手探り状態で作るこの作業、想像以上に無い頭を使い時間が掛かるモンでしてブログ更新が遅れました

しかしながらやっと自分好みの太刀魚テンヤが出来て少々釣果も上がりました

も~ぉこの先は改造も改良もしなくて済みそうでやれやれです

釣れるのは毎回10~20匹がエエとこですけどね

とは言え最近釣れる太刀魚は型が良くて良く引きます

聞いた話しでは味も上々でとても美味いってコトです

僕は太刀魚を焼いてる匂いを嗅ぐと「臭っさ」ですから当然食べません

煮魚の匂いは僕は「あ~~~くゥ~~さ~~ぁ」ですから顔を見たら引いてるのが分かると思います



指5本サイズなんて最近は見慣れて驚きもしないし「おぉ」って思うのは指6本サイズからです

太刀魚釣るなら今は狙い目です

数はそんなに釣れないけどサイズは良いです



15匹しか入ってないけどドラゴンサイズ4匹も混じればクーラーは賑やかなモンです

この日は船の前、左舷二番目で釣ってた

僕の前は神戸からお越しのお客さん

右舷は倉敷からお越しの二人組

よ~~~~そんな遠い所から来るわ

なんか久しぶりに乗合の船に乗ってる気分になった

しかしながらその三名様は気の毒なコトになりまして・・・・・・

結構心の中でそのショボさにせせら笑うコトが多いんやけど、も~~ぉそんなの通り越してて笑うに笑えず可哀想になってました

あまりにドが過ぎるとコッチの気分も凹むんです

見て見ぬふり作戦しか無いのです

神戸のオジさんは不運も重なりPEライン高切れ60m70m80mの三連発

一回目と二回目の高切れでラインが足りなくなり底を取れず予備リールに変えて釣りをやってたがそれも80m高切れで底取りが出来なくなった

僕は「最初のリールのPEラインを結んで巻き取ってみたらどうですか?」と助言

オジさんラインを結んで巻き取って釣り開始

・・・・・・・・・オジさん一言「底が取れないです

僕はそれを聞いて萎んだ綿あめの様な雲が流れる青空をぼんやりと5秒ほど眺めてた

この日の水深は僕も始めての140mと想定外の深さでした

オジさんはしばらく底が取れないリールで釣りをしてたがほどなくしてヤメてしまいました

4匹しか釣れんしテンヤ4個も無くなるしPE無くなるし神戸から何しに来たんやろと本人が心では泣いてると思うけど笑顔でそう言ってました

・・・・・・・道後温泉に入って帰ろうと気持ちを入れ替えてた様子です

こんなツキの無い人を船で始めて見れて良かれ悪かれええモン見せてもろたわ~ぁ

右舷の倉敷組は太刀魚テンヤに関して素人だった様子

素人同士が相談して準備してももれなく準備不足です

二人で2~3匹ってわざわざ倉敷から来て惨すぎます

無くしたテンヤの数と太刀魚の数が同じって泣けます

釣りが終わってから聞いて来ても後の祭りですよ

聞くなら早く聞いてくれれば嘘でも教えてあげれただけに残念です

船の前で釣ってるのがこんな感じだから僕の釣果が凄く感じたのも致し方ないです

苦手苦手と言いながらやりながらテンヤ釣りは何度も僕はやってるのである程度、釣る腕は持ってるんだと思いました

僕はテンヤ1個も無くしませんでしたよ

新型テンヤのお披露目は次回辺りに

とりあえずもう一回テストしてから御報告します

来週も海人乗りたいなぁ

ではまた

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加