gooブログはじめました!

隠喩概念空間連続跳躍の技

津波の予見可能性が争点=東電元会長ら刑事裁判-東京地裁

2017-03-29 22:12:36 | 日記
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032901271&g=eqa

東京電力福島第1原発事故をめぐり、
業務上過失致死傷罪で強制起訴された勝俣恒久元会長(77)ら3人の裁判で、
津波襲来を予見できたかが主な争点となることが分かった。
東京地裁で29日、主張や証拠を整理する公判前整理手続きの第1回期日が開かれ、
初公判に向けた協議が本格化した。
 勝俣元会長と武藤栄(66)、武黒一郎(71)両元副社長は昨年2月、
検察官役の指定弁護士に強制起訴された。29日の手続きに3人は出席しなかった。
 津波の予見可能性をめぐっては、福島県から避難した住民らが起こした民事訴訟で前橋地裁が17日、
「東電は津波を予見できた」とする初判断を示している。
 勝俣元会長ら3人は、津波襲来による原発事故を予見できたのに適切な措置を怠り、
2011年3月に事故を起こし、近隣病院の入院患者44人を死亡させたなどとして強制起訴された。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発避難訴訟、国に賠償命じ... | トップ | 東電株主代表訴訟、被告5人に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。