竜の眼

オリジナルファンタジードラゴンSS

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ごあんない

2050-12-31 00:00:00 | はじめに

 ブログについて 

 雑記、ご返事

 イラスト   バトン      twitter (しょうぜん)
      
【小説】 「竜の眼」-りゅうのまなざしー

   序章

   一の章 竜の血
     (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)

   二の章 竜の声
     (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) 

 フォトチャンネル   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2本目バトン・漫画描きさんに100の質問

2011-12-12 23:56:29 | バトン

こんばんは。

管理人のrimuranです。

ものかきさんと漫画描きさんではどう違うのでしょう。。。と思って拾ってきたバトンです。

回答さくさくすすんでしまいました(笑 )楽しんでいただけましたら幸いです。

 


「漫画描きさんに100の質問」


1 それでは参ります。PNを教えてください
 >rimuran又は瑞風斎祥善
 
2 その由来などあったら教えてください
 >rimuranはゲームをするとき使っている名前です。
 >瑞風斎祥善は実生活の華号(御室流)です。
 
3 下描きは何で描いていますか?
 >大学ノートに。
 
4 ペン(つけペン)は何を使っていますか?場所によって変える方はそれぞれを教えてください
 >主にかぶら、時々Gペン細いラインを引くときには丸ペン。でも持ち替えが面倒になったりしてかぶらのまま描くことも多いです。
 
5 インクは何を使っていますか?白黒とカラーで違う場合はそれぞれを教えてください
 >墨汁一本です。
 
6 ベタは何で塗っていますか?
 >百均の筆ペンと墨汁。
 
7 ホワイトは何を使っていますか?白黒とカラーで違う場合はそれぞれを教えて下さい
 >ポスターカラー白+面相筆か修正ペンで。
 
8 ハイライト目的でホワイトを多用しますか?
 >多用かどうかわかりませんが、ハイライトはホワイトでやります。
 
9 ライトボックス(トレース台)は使いますか?
 >使いません。持ってたけど子供にあげてしまいました。
 
10 原稿用紙はどこの何を使っていますか?
 >DELETERっす。
 
11 ワク線は何で引いていますか?
 >カラス口です。
 
12 定規は何センチ愛用ですか?
 >24cmと45cmの2本。
 
13 消しゴムは何を使っていますか?
 >プラスチック系事務用、消しクズがまとまるもの。
 
14 トーンは使いますか?お気に入りがあったら教えて下さい
 >うーん、普通に影に使います。12、13番あたりかな。
 
15 トーンは多用する方ですか?
 >これはあんまり使いたくない。
 
16 カラー画材は何を使っていますか?
 >さくら水彩絵の具+毛筆で。百均のパステル12色も使いやすいです。
 
17 興味深いと思う画法
 >画法っちゃーよく知りませんしーw
 
18 買おうか迷っている画材
 >油絵具一式。
 
19 製作段階で好きな工程
 >プロット立て。
 
20 よく使う背景効果を教えてください
 >ベタ。
 
21 顔の中身の描く順番を教えてください
 >輪郭→鼻→目→眉→髪
 
22 作画順番は今 コマ単位でバラバラ、1Pごと、工程ごと(人物全Pなど)のどれですか?
 >うーん、だいたい行程ごとかなあ。
 
23 表紙(扉絵)は最初、途中、最後のいつ頃描きますか?
 >最初20%、最後70%、残り10%は行程途中で描いたりします。
 
24 専用のコマ割りパターンのひな形など作っていますか?
 >作っていません。
 
25 人物の描き分け(顔や体格・年齢・性別などで)はしますか?
 >出来て当り前なんでしょうけど、なかなかどうして難しいもんです。
 
26どういうキャラを描くのが好きですか?又はよく描きますか?(殿方、女のコ、オヤジ、子ども、動物等)
 >10歳~30歳くらいの男女。動物。好きなものは描く頻度も高いです。

27 男性キャラと女性キャラでは得意(好き、よく描く)なのはどちらですか?
 >さて、どっちだろう。
 
28 技術的に描きがたいものを描くときのコツを教えてください!
 >とにかくまんず模倣することですねー。
 
29 マンガの中でよく使う効果音
 >「ダッ」 とか「だあーー」とか。
 
30 キャラクターのファッションや小物など気を使う方ですか?
 >ある程度は気を使います。
 
31 描くのはどういう時代が多い?また個人的に好きな時代などあったら
 >中世とか江戸とか。
 
32 描くのはどういう国が多い?また個人的に好きな国などあったら
 >日本国が多いです。
 
33 マンガを描く時何から(キャラ、ストーリー、世界設定など)考えますか?
 >ストーリィから考えます。
 
34 ストーリー構成で特に気にしている点は何ですか?
 >テンポ。時間の流れとか。よく尺が足りないと感想をいただくので注意しています。
 
35 脇キャラにも隠されたストーリーを作りますか?
 >絵に起こすためには、ある程度の人生の設定が要ますので作ります。
 
36 脇キャラが主キャラに昇格したりしますか?
 >今のところありません。
 
37 通常 総じて一作仕上げるのに何Pの場合、日数はどのくらいかかりますか?
 >早くて20Pで一カ月ぐらい。
 
38 それでは作画作業のみの場合は何Pの場合、日数はどのくらいかかりますか?
 >20Pで一週間ぐらい。
 
39 プロット(あらすじ)とネーム(全配置)、時間をかけるのはどちらですか?
 >そりゃ、ネームでしょう。

40 ネームは通常 何回ぐらい直しますか?
 >気が済むまで何度でも。設定から変えることもあります。
 
41 ネームの絵は詳細に描きますか?大まかに描きますか?
 >おおまかに。
 
42 ネーム作業で一番手こずるものは何ですか?
 >コマ割り。ストーリィの山をページの良い位置に持ってきたいので。
 
43 ネーム作業について何か一言
 >オラに元気をわけてくれーw
 
44 下描き線は詳細に描きますか?大まかに描きますか?
 >おおまかです。
 
45 ペン入れはもう自由自在ですか?
 >ははは(汗
 
46 普通のペンとつけペンではどちらが好きですか?
 >つけペンですね。
 
47 マンガをサイトに載せている方で、それはアナログ作画とデジタル作画のどちらよりですか?
 >デジタル画ばかりです。

48 マンガは今後アナログ作画とデジタル作画のどちらよりで描いていきますか?
 >デジタル画です。
 
49 画像をweb用ファイルにする時に何か気をつけていることなどあったら教えてください
 >pngとjpgの二種作っておきます。あと一覧表示にしてPCの負荷を軽くするようにしています。
 
50 50問目に参りました。ちなみに圧縮形式は.gif・.jpg・.png等で何が一番多いですか?
 >うーん、pngが多いですねー。jpgの方が用途おおいんですけど、どっちかっつうとpngの方が画像が綺麗なんで。
 
51 マンガ描きさんのサイト開設はオススメでしょうか?
 >おすすめおすすめ!ぜひ。

 52 トップ絵更新のペースを教えてください
 >一年毎です。
 
53 バナ-絵変更のペースを教えてください
 >一作品にひとつってとこでしょうかね。
 
54 サイトデザインのリニュ-アルは頻繁にしますか?
 >(笑)めったにしません。

55 あなたが過ごしやすい時間帯は朝・昼・夜のいつ頃ですか?
 >身体的には朝昼ですが、神様が降臨されるのは夜中です。
 
56 一日の中で描く時間はあなたにとって短いですか?長いですか?
 >短いです。

57 ながら描きしますか?何をしながら?
 >聞きながら見ながら食べながらは出来ません。常に仕上がったらどんな画になるか想像しながらしますし、ペン入れ中もページのバランスを考えながら描きます。
 
58 4コマは描きますか?
 >たまーに描きます。
 
59 マンガを分けてみて(ラブ、メッセージ、ギャグ、シリアス等々)現在あなたの描いているものはどんな感じだと思いますか?(造語でも構いません)
 >シリアスときどきギャグ。全体をとおして何かしらメッセージを残したい。
 
60 今 特に描いてみたいジャンルがありますか?
 >R指定ものです。
 
61 これまで描いたマンガの中で特にお気に入りはありますか?よかったらタイトル教えてください
 >モノノ怪二次R18「ないしょのはなし」4P
 
62 過去に描いたマンガのリメイクはしますか?また、少し後になってからリメイクしたい作品がありますか?
 >あります。二次ですが後編が描けていないのがある。前後篇じゃなく全篇に描き直したいです。

63 前作品と新作品のインターバルは現在 短いですか?長いですか?
 >うーん2年ぐらいあいてますね。これは長いのでしょうか?短いのでしょうか?
 
64 読みきりとシリーズ長編ではどちらが向いていると思いますか?
 >読み切りだと思います。
 
65 当初考えていたものと完成したものの話が全く変わっていることがありますか?
 >そりゃもうwww でも想定外だったみたいなのはありませんし、ペン入れの段階からかわることはありません。
 
66 何となく自分の描きたい方向がありますか?どういう感じ?
 >生死を扱ったものとか、日常の隣にある不思議な話ですが、お涙ちょうだいではなく、それもなた人生と納得いくような終わり方で。
 
67 どのマンガ雑誌が一番自分の作風に合っていると思いますか?
 >あー、雑誌買わないのでわかりません。
 
68 あなたはあなたのファンですか?
 >はい。
 
69 あたためているストーリーがありますか?
 >ふへへへ、たんとありまっせーw
 
70 描いている途中などで何か息抜きしますか?どんな息抜き?
 >twitter&コーヒーターイムッ 。とうッ
 
71 作品を描き上げた後、何か自分にごほうびしますか?
 >それ、いいですねえ!今度やってみましょう。
 
72 マンガの魅力は何だと思いますか?
 >見近すぎて。。。なんて言えばよいのでしょう。
 
73 差し支えなければ教えてください。日中のお姿は?(学生、社会人、等々)
 >ひきこもりの主婦です。 週一で前職場のお手伝いに行きます(ボランティアですぜ)
 
74 心の師匠
 >萩尾望都さん。
 
75 マンガを描く事以外で好きなことなどあったら
 >小説を少し書きます。乗馬もします。
 
76 私はこんな変な場所で描いたことがある
 >変って言うのかな、おはなし会で。おはなしのおばさんの話に合わせて、ホワイトボードに描いていきました。
 
77 人前で描くのは平気な方ですか?
 >簡単なイラスト、線画、落書きなら平気です。 ストーリィものとエロものは勘弁してほしい。
 
78 他のマンガ描きさんと交流がありますか?
 >はい。元漫画家1名。同人3名。ネットで数名。
 
79 絵画や写生はしますか?
 >たまーにします。
 
80 平均睡眠時間を教えてください
 >10時間ぐらい。
 
81 最近オススメ
 >「よんでますよ、アザゼルさん」 「テルマエ・ロマエ 」 「聖おにいさん」
 
82 冬の暖にコタツは使いますか?
 >電気行火は必須ですー。他は石油ストーブです。
 
83 歯は丈夫ですか?
 >いいえ。それにすぐ浮きます。
 
84 裸眼ですか?メガネですか?コンタクトですか?
 >メガネっす。

85 ツメはいつも短いですか?長いですか?
 >短いです。
 
86 肩はこりますか?
 >めったに凝りませんが、凝ればすぐ目と歯にもきます。
 
87 体(目・肩・腕・腰など)の為に何かしていますか?何かオススメケアあったら教えてください!
 >ラヂオ体操と目薬ですよ。
 
88 いつも影響受けるなあと思うものなどあったら
 >はて。
 
89 外国のマンガは読みますか?
 >若い頃、スヌーピーを読みましたけど、何処がいいのか分からなかったので、それ以来読んでません。
 
90 最近どこかへ旅行しました?
 >いいえ。
 
91 ところでお部屋はフローリング、畳、じゅうたん系のどれですか?
 >一階はフローリング&じゅうたん。二階は畳。
 
92 最近注目しているマンガ描きさん
 >今市子さん。
 
93 好きな雑誌は
 >ネムキ。
 
94 電話、メール、手紙、FAXの中でどれが一番好きですか?
 >強いて言えば電話ですかねー。
 
95 世界や日本のニュースはチェックしますか?
 >はい。ネットでですが。
 
96 感情の沸点が低い方ですか?高い方ですか?
 >問題によって違うと思います。引く違法だと思っていますがどうでしょうねー。
 
97 愛して止まないものをひとつ
 >お猫さま。
 
98 さけんでください
 >好きだあああああああああああああああああああああああああああああああッ
 
99 近況など
 >毎日twitterに顔を出しています。
 
100 お疲れさまでしたラストです!あなたにとってマンガを描くということは?
 >食事と同じですよ。

 

 

※お疲れ様でした!ここまでお付合いくださいましてありがとうございました。多謝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ものかきさんに100の質問

2011-12-12 23:56:04 | バトン

こんにちは。管理人のrimuranです。

きょうは「紙上の荒野」有村様のブログからバトンを失敬してきました。

なんと、物書きさんのためのバトンです。ちょ、おまーwww

はい。いいえ。で返答してる時点で物書きではないなと思いながらやってみました。

楽しんでいただけましたら、、、楽しめるかな?ま、いいや、、、いただけましたら幸いにございます。

有村さまありがとうございました。では。

 

※「紙上の荒野」様URLは以下のとおり 

 http://tsukasaarimura.blog.fc2.com/


 

[ ものかきさんに100の質問。]

1.お名前(P.N・H.N)を教えてください。
 >rimuranとかしょうぜんとか瑞風斎祥善とか。

2.ものかきになった、或いはものを書いたきっかけは?
 >中学生のころ小説を書くのが流行りまして、もれなく乗ったのがきっかけです。

3.ものかき歴はどれくらい?
 >中2の頃から書きはしていますが、中途半端ばかりで。途中リア充してましたので最近になって復活しました。ぼちぼちやってます。

4.今までに何作くらい完結させましたか?
   >一次が1点 二次が数点

5.最初に書いた小説のタイトルは?
 >「怪盗倶楽部」だったかな。引っ越しにつぐ引っ越しで行方不明になりました。

6.執筆のときは紙?PC?
 >昔はノートに、ちょっと前はワープロで、今はPC

7.執筆の際、原稿用紙(400字詰)を意識しますか?
 >別に。。。UPする時、レイアウトを考えますし、都合によっては文章を変えます。字数も加減する。

8.執筆は主にどこで行いますか?
 >居間で。

9.執筆がはかどる時間帯ってありますか?
 >11:00~27:00頃がさくさく進みます。

10.執筆のときに音楽は聴きますか?
 >聴きません。

11.得意な小説のジャンルは?
 >アクション&ファンタジー

12.長編、短編、どちらが多いですか?
 >短編、読み切り

13.どれくらいのペースで書きますか?
 >6カ月に1本書いたら良いほう。書いてるとは言えませんね。

14.途中でやめてしまった話はありますか?
 >それはもうたくさんwww

15.スランプに陥ったときはどうしますか?
 >書くのを止めまて、他のことをします。読書(例えば図書館に入り浸る)漫画読み描き、音楽鑑賞、人形や小物作り、町内散策(ウチの町はやたら広い)、手の込んだ料理をする、映画館に行く、、、といろいろ楽しむツールは持っていますので。

16.執筆活動のこと、周りの人は知っていますか?
 >実生活では娘①だけが知っている。

17.周りにものかき仲間はいますか?
 >いません。ネットで数人。でもこちらが一方的に思っているだけ、つまり方思いです。

18.感想や批判はどうやって得ていますか?
 >twitterやブログコメントなどで。

19.感想をもらうとどう思いますか?
 >たいへん嬉しいです。そしてノリの悪いお返事しか書けないのでたいへん申し訳ない。

20.厳しい批判を受けたときはどうしますか?
 >さあどうしましょう(笑)

21.本はよく読む方ですか?そのジャンルは?
 >あまり読みません。月に小説2冊程。漫画なら毎日でも読めるんですがねー。

22.小説を書いている最中(期間中)に他人の小説は読みますか?
 >コンスタントに読みます。

23.ドラマ・映画他、ストーリー性の高いメディアはよく観ますか?
 >よく見ます。ただしホームドラマは面白くないのでよっぽどでない限り見ない。

24.他人の創作物に影響は受けやすい方ですか?
 >あんまり。鈍感なんでしょうかね。

25.他人の小説で、つい気にしてしまうところはありますか?
 >文章のリズムと組み立てかた。

26.タイトルはどうやって決めていますか?
 >思いつくままに。

27.ストーリーとキャラクター、どちらが先に浮かびますか?
 >ストーリィ。

28.プロットはきちんと立てて書く方ですか?
 >とりあえず立てます。

29.キャラクターの設定は詳しく決める方ですか?
 >絵に描いてイメージを固めてから細かいところを決めますが、あまり詳しくはないと思います。

30.人物名その他固有名詞はどうやって決めていますか?
 >思いつくまま気の向くままに。

31.自分の小説、値段をつけるとしたら?
 >0円

32.自費出版でもいいから一度は出版してみたいと思いますか?
 >いいえ。

33.同人活動の経験はありますか?(二次・オリジナル問わず)
 >あります。昔は「海のトリトン」で、最近は「モノノ怪」と「竜の眼」で。

34.新人賞などの投稿の経験はありますか?
 >ありません。

35.将来プロになりたいですか?(なれると思うか、ではなく)
 >いいえ。旬はとうに過ぎましたから。

36.実体験でネタになりそうなことが……書きますか?
 >書きます。

37.暮らしてみたい場所・時代などはありますか?
 >今現在のココが良いです。

38.タイムマシンがあったら、どう使いたいですか?
 >時代考証に。この目で確かめたい。

39.もし小説を書いていなかったら、何か変わっていましたか?
 >別に何もかわらず。

40.学校の国語、役に立っていると思いますか?
 >古典や古文など感謝しています。

41.オンライン小説はよく読む方ですか?
 >たまに読みます。

42.掲示板への書き込みはよくする方ですか?
 >めったにしません。拍手は必ず一押しします。感謝をこめて。

43.感想を伝えるのは得意ですか?
 >めっちゃ不得意です。

44.厳しい批判だと思うことでも相手に伝えますか?
 >いいえ。思っても人それぞれですからあえてしません。その人の味でしょうから。

45.初期の頃と比べて、成長したと思いますか?
 >少しは読める文章になりました。。。と思います。

46.自分の小説に満足していますか?
 >いいえ。

47.ここを直したい!ひとつ欠点が直せるとしたら?
 >ひとつで済まないしwww

48.小説を書いていてよかったと思うことは?
 >漫画と小説での、頭の使い方の違いが良く分かったことですね。切り替えるのもまた楽し。

49.逆に嫌だと思うことは?
 >過分にお褒めくださったりすること。社交辞令がお上手だなと思う自分が嫌。

50.尊敬する作家さん(プロ・アマ問わず)はいますか?
 >すみません。漫画描きなんでしょうかね。尊敬する漫画家さんは居ても小説家さんは居ません。好きな作家さんなら司馬遼太郎さん、都筑道夫さん、有村司さん。

51.よく使う舞台設定とかありますか?
 >そんなに書いてないので。

52.キャラクターの名前、カタカナ?漢字?
 >片仮名の方が多いです。

53.実生活(近所や学校など)を舞台のモデルにすることはありますか?
 >遠方ならあります。

54.身近な人物をモデルにしたことはありますか?
 >ありません。

55.有名人を意識して書いたことはありますか?
 >ありません。

56.暗めの話と明るめの話、どちらが多いですか?
 >暗め多し。

57.恋愛要素のある作品はよく書きますか?
 >二次で少し。

58.推理ものって書いたことありますか?
 >ありません。書くのは無理です。

59.一人称と三人称どちらが得意ですか?
 >三人称。

60.今書いている他に書いてみたいジャンルはありますか?
 >「家政婦は見た」的な自叙伝か昔話をSF解釈したものとか。

61.主人公が自分に似ていることはありますか?
 >恥ずかしながらあります。

62.メインキャラの年齢は貴方の実年齢に近いですか?
 >かなり遠い。

63.一作に出てくるキャラクターは何人くらい?
 >言葉を交わして2人~10人。モブを入れるとそれ以上。

64.男女の比率は?
 >さあ~、五分五分かな?

65.自作の登場人物になってみたいと思いますか?
 >いいえ(キッパリ

66.自分のキャラクター、気に入っていますか?
 >お気に入りです。

67.実在したら惚れるかも、というキャラクターはいますか?
 >いいえ。

68.この人だけは好きになれないというキャラクターはいますか?
 >いいえ。

69.好みと出番は比例していますか?
 >たぶん。

70.好きなキャラクターを優先して番外編など書いたことがありますか?
 >ありません。

71.貴方なりのファンタジーの定義を教えて下さい。
 >すみません、ありません。

72.SFの時代設定、書くのならどちらかというと現代寄り?それとも超未来?
 >未来でしょうねー。

73.魔法と超能力、身につけるならどちら?
 >超能力。

74.パラレルな設定の番外編を書きたいと思うことはありますか?
 >チャンスがあればやってみたい。

75.口癖・決め台詞のあるキャラクターはいますか?それは何ですか?
 >途中で放っぽってある小説「惑星角端」ですが、主人公と政府の間を取り持つ女役人。主人公(男)にパートナー(女)をあてがう度に「好きにしていいわよ」と囁きます。

76.キャラクターが死ぬことについてどう思いますか?
 >必要があるから消すのだと思います。

77.キャラクターが生き返ることについてどう思いますか?
 >必要があるから死と同様に。

78.主人公が死んでしまった作品はありますか?
 >「惑星角端」主人公はいわば自殺\(^o^)/

79.ハッピーエンド志向は高いですか?
 >高い方だと思います。死んでもハッピーエンドなんですから。

80.連載形式を取ったことがありますか?
 >はい「竜の眼」だけです。早くも後悔していますが(* ̄ω ̄)

81.ラストを変えてしまったことありますか?
 >有り有り (^^ゞ

82.御都合主義ってどう思いますか?
 >批判されているなら辛いですね。でも他人様の作品を拝読するには触りありません。意図的であってもなくても面白いならokですよ。

83.『永遠』ってあると思いますか?
 >考え方ですよねー。自分はあると思います。

84.書き出しはセリフで始まることが多いですか?
 >まあ、いろいろ。

85.物語の冒頭に詩を入れたことありますか?
 >ありません。

86.近未来ものと、歴史もの、書いてみたいのはどっち?
 >歴史ものかなあ。

87.キャラクターのイラストを描くことがありますか?
 >むしろこっちがメイン。

88.作品理解の為に設定集・人物紹介を置くことについてどう思いますか?
 >いいんでないですか。自分はストーリィを追って理解していくのが好きなので読みませんけど。

89.貴方は設定集・人物紹介を置いていますか?
 >書いてません。

90.作品によって、文体など意識して変えますか?
 >そんな力量ありません。

91.資料は集めて書く方ですか?
 >はい。分からないこと多いので、とにかくググってきます。出来る範囲で誠実に表現したいですから。

92.実在のメーカー・ブランド名を取り入れることはありますか?
 >ありません。

93.自分の文才は親譲りだ、と思いますか?
 >思いません。両親とも本すら読まないですし。

94.超常現象って信じる方ですか?
 >信じます。実際ありますよ。

95.「不幸な方が創作は上手くいく」説、どう思いますか?
 >ははは。笑っていいですか?

96.朝起きたとき、夢はよく覚えている方ですか?
 >はい。霊的メッセージが強い夢ほどくっきりと。何年経っても鮮明に覚えています。

97.今現在書いている作品の見所は?
 >うーーーん。

98.今だから言える裏話があれば教えて下さい。
 >残念ながらありません。

99.自分の作品から、何かひとつ勧めてください。
 >モノノ怪二次創作。薬加「人面瘡」自分にしちゃあテンポ良い方。お江戸の裏長屋での同棲生活は成人指定書です。

   人面瘡URL http://novel18.syosetu.com/n2901t/

100.ここまで読んでくれた方に何か一言。
 >物書きというほど書いていませんのについバトンを持ってきてしまいました。
   ここまで戯言にお付合いくださいましてありがとうございました。
  バトンに回答するなら小説を書けばいいのにと思いますが、これも書けない時の息抜きとご理解くださいますよう。ひらに、ひらに。
  

 

___________

※当ブログにお越しくださいましてありがとうございます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三の章「竜の心」(2)

2011-07-29 23:52:54 | 「竜の眼」三の章

竜の眼 三の章「竜の心」 

 

 

さっきの二人の話では、次の満月には雪で埋まるらしいから、出て行くなら早い方がいい。

だけど、また防具を着けるのは躊躇われた。

もう戦場に降りることもないのだから……

 

 

2の話:冬のはじまり2

 

 

アージは、フエラの白竜と共にハリへ行き、ハリが支配する沙漠の村や町を、義父を捜して訊ねまわったのだ。

ようやくヒトツと会えたのは、ハリの南の国境。

そこで繰り返される小競り合いは、大きな争いにならぬよう、損失を最小限に抑える、慣れ合いの戦場だった。

逼迫した戦ならどんな竜でも前線にだされただろうが、お互いを退け合うだけの戦に、片目のワイバーンを駆るものはまずいなかった。

 

幸運の名のもとに、ヒトツは飢えと渇きとは無縁の暮らしをしていたのだった。

 

まさか戦闘に駆りだされるとは。

良く生きていたと大喜びのアージだったが、アージが思うほどヒトツはアージを思っていなかった。

ちゃんと食べているのか、身体を壊していないかと随分心配していたのに。

ヒトツは自由のかわりに人族から与えられたもので満足していると言った。

あのヒトツが、仲間のワイバーンの世話になるのを嫌って、離れて暮らしていた義父が、人族に飼いならされていたのだ。

 

信じられない、いや、信じたくない現実がそこにあった。

 

「オレを追っかけてここまでこれたんだ。アージ、お前はもう一人でやれるさ」

 

「ヒトツ!」

 

「早く行っちまえ」

 

言葉ひとつに傷つき。

それは今もアージの胸にひっかかっている。

 

 

 

 

 

包みの中から、頭ひとつとび出している剣を取り出して、腰にさげてみたがどうも落着かない。

女の服は、腰からのドレープが多く、しかもエプロンのように別布が巻いてあったからだ。

 

「仕方がない。背負うか」

 

もともと兵士の剣だったから、アージには大きいものだった。

抜くにはちょっとコツが要るが、腰に下げるよりは運びやすくなるだろう。

防具のベルトを鞘に取り付けて、アージは階段に向かった。

 

階下におりると、そこには石つくりの囲炉裏を中心に、生活の一式が広がっていた。

ぐるりと見渡せば、太い丸太を組み上げた壁は、2階と違ってきれいな白い土に覆われており、くり貫かれたように口を開けた窓のガラスが、むこうの景色と光を透している。

白いレースのカーテン。

無造作に活れられた花。

大きなテーブルには椅子が3脚。

出入り口の扉を挟んでチェストや食器棚が並び、床に置かれた篭の中から野菜が顔を出している台所。

小部屋があるのか、その奥にはまた小さな扉。

壁の中ほどには、小さな火が薪の間からのぞく囲炉裏があり、煙出しの煙突が被さっていて、ほっこりと温かい空気が、ここから広がっている。

 

そして、下りてこいと言った女は、アージに気付かず、囲炉裏の前に腰掛けて作業に夢中だった。

 

「さっきは、あ、ありがとう」

 

細かい作業なのか、少し背を丸めて……女は、アージに声をかけられて、手元に沈めていた顔をあげた。

 

 

 

女の名はハンナと云った。

昼間の男の名はガンザ・トペと云うそうだ。

 

「幼馴染みなんだよ」

 

こんなちっちゃい頃から一緒に大きくなったのさ。

と、ハンナはテーブルの高さあたりで、子供の頭をさする仕草を見せた。

 

ハンナの話によると、アージは、そのガンザ・トペに、大峯越えのルートで見つけられたそうだ。

点在する集落を回って商売をしているガンザ・トペは、アージを拾ったのも金になるかもしれないと思ったからだと言うのだが。

 

「ひどいな」

 

アージは笑ってしまった。

そうするとこの女、私をあの男から買ったのだろうか。

見ず知らずの人間に拾われるのは二度目だ。

一度目は巡りの親方。

あの時は本当に、何も分からず吠えて暴れるだけの、ヒトの形をした哀れな竜の子だった。

義父を捜してやるなんて上手く騙されたようなものだったが、人の暮らし方のいろいろを教えてもらったし、逃げ出すほどの辛い事はなかった。

 

だが、この女、ハンナはどんなだろう? 

無理な条件で拘束されるようなら、逃げるにかぎる。

 

背丈も肉付きも似たようなもの。

歳は巡りの姉さんたちより上かもしれない。

つまり、取っ組みあったって負ける気がしないのだ。

ハンナに勧められるまま椅子に座ったアージだったが、気取られぬようそっと姿勢を前傾させるのだった。

 

「それで、わたしはいくらだった?」

 

アージはテーブルに立てかけた剣を静かに握りしめる。

女の出方によっちゃあ剣を抜くことになるかもしれないと、気を引き締めた。

ところがハンナは、囲炉裏に大鍋を掛けながら

 

「ガンちゃんはあたしから金をとりゃしないのさ。第一そんなこと聞いてどうすんだい?」

 

と言い、湯を沸かそうというのか、汲み置きの水を大鍋に移し、火の上になるように調節した。

 

 

この女、どうも調子が狂う。

金にしようとした男は、ハンナから金を受け取らず、ハンナは、わたしをどうこうする気はないようだ。

それなら、丁重に礼を言ってここから出ていけばいい。

お世話になりましたと、ありがとうございましたと言えばいいのだ。

 

だが、アージの身体は動かなかった。

 

白竜と別れて何処へと行くあてなどなく、また、白竜と遠く離れるのも嫌だったからだと思う。

それに、人族の住まいで目を覚まし、食事をとるのは初めてなのに、妙に落ち着くのが不思議だった。

巡りの一座にいて人の暮らしにはすっかり慣れていても、旅芸の団体生活とは大きく違うなにかを感じていたのだろうか。

 

 

「あんたね」

 

ハンナは腰に手を当てて、アージを覗きこんで言った。

 

「あんた、少しは感謝しなよ」

 

言葉の調子から恩に着せようとしているのではないと分かる。

言葉に命が助かってよかったと喜んでいる温かさがある。

なんて応えればいいのだろう。

黙りこんでしまったアージに、困惑したハンナの顔がそこにあった。

 

 

「まあいいさ。大事なのはね、あんたがこれからどうしたいかだよ」

 

そしてハンナは窓を指差す。

 

「ほら見てごらん」

外はすっかり暗くなっていた。

 

「雪が……」

 

闇の中にもはっきりと、降っているのが見え、アージの目は、窓の外の雪を追う。

 

「まだ積もりゃしない……明日は分からないけどね」

 

そう言ったハンナの口調が、妙に寂しそうに聞こえたのは、アージ自身がそうだったからなのかもしれない。

それとも、今までのほぼ三年の月日が、アージの大部分を人の子に変えてしまっていたからかもしれない。

 

「……何処にも行くあてなんかないんだ」

 

ハンナに気を許したわけではないが、行くあてがないのは本当のことなのだ。

その言葉にハンナは素早く反応し、今、思いついたように、パチンと手を打った。

 

「よし、それならここを手伝ってもらおうじゃないか」

 

「手伝う?」

 

「行くあてがないなら、そうおしよ。春まであたし一人なんだから、遠慮はいらないよ」

 

「何を手伝うんだ?」

 

「ああ、冬の間はね、仕事がたんとあるんだよ」

 

 

 

ガンザ・トペに言ったとおり、ハンナは初めからアージをひと冬ここに住まわせるつもりだった。

しかしそれは、冬のたいくつな日々を解消するのが目的であって、その為にアージを恩で縛りつけることはしたくない。

縛りつけることによって、関係がぎくしゃくするかもしれず、ささくれ立った気分で冬を過ごすのは御免だとハンナは思っていた。

 

「わかった」

 

アージの紅い瞳がハンナを映す。

このあたりでは見ない色。

髪の紅色に金が混じるのは、肌同様に焼けているからだろう。

万が一反りがあわないようなら、追い出してやるよと威勢よく言っていたハンナが、今はその気も無くなっているのは、この娘の真っ直ぐな眼差しに射抜かれたからなのだろうか。

 

 

 

                竜の眼 三の章「竜の心」2   終わり 2011.07.29

 

 

 

 

 

                

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

描いてみた⑯

2011-06-22 20:15:12 | イラスト


ちょっとづつ描いています。
「ナバ」を乗せて走る竜「ポチ」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加