ジャムリン笑顔で懸賞

懸賞や日々のことを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナルニア国物語

2006-02-18 11:04:29 | 映画
昨日 愛知県勤労会館で行われた ナルニア国物語 の試写会へ行ってきました。

会場に着いたらレッドカーペットがひかれていたので
昨日がジャパンプレミアだし、もしかして・・・・なんて期待をしましたが大間違い。
セレブリティーとして紹介されレッドカーペットを歩いたのは、地元アナウンサーがほとんど。
その他に矢野きよ実さん、池谷幸雄さんなどでした。



STORY
第二次世界大戦下のイギリス。
ペベンシー家の4人の子供たちは、疎開先の屋敷の空き部屋で大きな「衣装ダンス」を見つける。
その扉の向こうでは、あらゆる想像を超えた別世界・ナルニア国が4人を待っていた。
(ちらしより)


すごいスケール大きい映画で圧倒されました。
ディズニーだけあって完璧の出来だと思います。

55年前にイギリスのC.S.ルイスが書かれた本の映画化。
ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)

岩波書店

このアイテムの詳細を見る

原作を読んでないので、見始めた時は「どうしてライオンと魔女」???と
疑問でしたが話が進んでいくと、「ああ そうなんだ」と疑問は一気に解消。

はじめ第1章ってなってるので話の途中で「次回に続く・・・」みたいになるのかと
思って心配しましたが完結して話が終わったので、気分もすっきり


タムナスさんがいい味だしてますね
登場したときから かわいらしさに目を奪われました。
ルーシーがタムナスさんの家で眠ってしまうシーンで一瞬悪者?と疑った自分が恥ずかしいです。
タムナスさんは本当にいい人でしたね。
私もタムナスさんと友達になりたい。

白い魔女を見ている時、氷の魔女だと勝手に思ってて、
なぜ雪が解けたのに死なないの~なんて思ってました。
白い魔女!!なんですよね。
自分で理解し、自分の間違いに笑ってしまいました。


今までファンタジー映画はちょっと苦手だな~と思っていたのですが
偏見だったみたいです。
まだ馴染めない部分も少しがありますが、
私の心の扉は「ナルニア国物語」で開かれました

第2章もたぶん見ると思います。

ナルニア国物語公式ホームページ:http://www.disney.co.jp/movies/narnia/shell_content.html



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県庁の星 | トップ | アロマーモ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (peche)
2006-02-18 21:30:54
こちらでは初めまして。pecheと申します。

先日はうちのブログにトラバどうもありがとうございました。

試写会に行かれたんですね~。

記事を読んで原作も読んでみたいなぁと思いました。

私も第一章ということで、不完全燃焼みたいな形で終わってしまったら嫌だなぁと思っていたのですが、すっきりでしたよね(笑)

そしてあの魔女は氷の魔女ではなくて、白い魔女なんですね!今気付きました(笑)

ずっと氷の魔女だと思ってました。良かった教えて頂けて(^v^)



私も第二章も見たいと思ってます。

楽しみですね☆
pecheさん (ジャムリン)
2006-02-19 15:55:06
pecheさんコメントありがとうございます。



私も氷の魔女だと映画を見ている時は思っていました。

家に帰り、ちらしを見ると・・・なんと白い魔女!!

私達と同じように氷の魔女だと思っている人

たぶん大勢いそうですよね。



第2章も期待しています。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 ☆今年16本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/narnia/shell_content.html原題:THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE製作:2005年アメリカ監督:アンドリュー・アダムソン出演:ウィリアム・モー.
ナルニア国物語 第一幕 ライオンと魔女 (システムエンジニアの晴耕雨読)
「ナルニア国物語」見てきました。C.S.ルイスの原作は、「ロード・オブ・ザ・リング」と双璧とのことで、昨年来、ずっーと心待ちにしていました。期待値が高すぎたせいか、ディズニー映画だったためか、花粉症で少し疲れ気味たったせいか、少し肩透かし・・。2時間半...