カレーなる隣人

カレー(華麗)なる隣人。それは日々街の至るところで出会ってしまう、すくうカレースプーンの先に映る人間像

於”:モン

2016年05月15日 | 隣人(カレー)
iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

於:ライバック

2016年04月06日 | 隣人(カレー)
見回してみたけど、隣人に
ケーシー・ライバックはいなかった。
セガールもいなかった。

だけど、野菜カレーを頼む人が多数いた。

牛すじカレーは、ある意味潔いトッピング形式でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

於:ニューキャッスル

2016年03月13日 | 隣人(カレー)
正確には、「ニュー」ニューキャッスルだろうか。

元の店舗から数ブロック離れた地下で営業が再開されたニューキャッスル。

内装はがらりと変わっていてバー風?というよりバーなのかもしれない。

カウンターのみなので、自然と隣人との距離間も近くなるのだが、
なんでも本日の隣人は、昨晩の金曜日はうんだらかしてしまったようで朝まで飲んでたとか。
それは自由だが、「だるくて風呂に入る気になれない」とか。
「風呂に入る気になれない=???」
いくらカレー店とはいえ、それほど聞きたくない会話でしたねぇ〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

於:大正軒

2016年03月13日 | 隣人(カレー)
隣人というか、相席人。超目の前。

有楽町交通会館地下の大正軒は、昼間どきは長蛇の行列。

並んでいるときに、
行列の中にいた外国人にお店の人が注文をあらかじめとっていると、
「ワッツ イズ りこめんど」みたいな、私もそれほど英語に詳しくはないが、
「オススメ」を聞いているのはわかったので、
聞き取れなかった店員さんに教えてあげようかと思った瞬間、後ろの人が伝えてくれていた。

その人が本日の隣人というか相席人。

狭い店内なので相席も距離が近く若干の緊張感を持ちながら本日のランチ チキンカツカレーを食べる。

「う〜ん」久しぶりに感じた「新しいカレー」だった。
揚げ物が得意の大正軒の各種フライやハンバーグなどに使えそうな?使っているのか?
そんなデミグラスソースのようなカレー。酸味があって美味しかった。

隣人とはほぼ同じようなタイミングで食べ終わり、
テーブルティッシュを取るタイミングや、
御冷を飲むタイミングが重なりかけ、
最後までやや緊張し気が抜けないのは、仕方ないのないことですね。


○チキンカツカレー (本日価格 900円)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

於:シバ

2016年03月03日 | 隣人(カレー)
開店10分、すでに店内は満席。

入ってきたお客様を見て、自らカウンター席に移る一人客の隣人。

こんなお客さまがいるのは、お店の実力の証。

それにしても、このさっぱりスパイス使いはなんだー、素晴らしすぎる。

おかわりご飯も多いぞー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加