カレーなる隣人

カレー(華麗)なる隣人。それは日々街の至るところで出会ってしまう、すくうカレースプーンの先に映る人間像

於:岩井海岸海の家

2016年08月09日 | 隣人(カレー)
この海の家レベル高!

鯵のたたきとかあるし(海の家の脇で漁師?のおっちゃんたちが必死にさばいている)、カツカレーもクオリティが高い。

隣人は隣の席の家族。

にしても、子供が小さいからってお父さん、ホラ吹きすぎ。

「あの島まで速攻行って帰ってこれる!」

とか、まあ本当かもしれないけど、いやーかなり難しいと思うな。

でもせっかく夏休みをとって子供を海に連れてきたお父さん、このくらいかっこつけてもいいかもね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

於:はちどり食堂

2016年07月27日 | 隣人(カレー)
鴨川の森の中に出張してきた食堂です。

インド風のさっぱり体にやさしいカレー、ひさしぶり。

本日の隣人は相方。カレーなる隣人史上初?

とにかく価値観というか、常識というか、塩梅というか、食べ物のチョイスというか、アルコールの量とかが合っています。
これからずっと一緒にいるかもしれません。

ピリピリとちょっとした刺激があるけど、体にやさしく、いつまでも食べていられる今日のカレーのような相方がいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

於:LAND

2016年07月13日 | 隣人(カレー)
こちら今年のdancyuのカレー特集号のトップバッターだった「LAND」。

開店直後に店内イン。
すぐにパタパタとお客様が入ってくる。
その中の一人のおじさん「8名くらいいいかな?」
なんでも、仲間が階下にいるのか、もうすぐ集まってくるのかわからないが、
団体様らしい。

結局一度外に出て、戻ってきたときは、
「ゆっくり話できなそうだから、いいや」ということでキャンセル。

本来飲食店とは、
お客様が楽しく食事をし、会話をして、有意義な時間を過ごしていただくもの、
場合によっては、
提供される食べ物うんぬんよりも、楽しくさわげる居酒屋、会話だけをするための喫茶店という場合もある。

でも、でも、たぶんカレー屋はちがうんだろうな。
「集中」
目の前のお皿に広がる宇宙に集中してほしいと思うのだった。
私も、そしてきっとお店側も。

●ポークカレー 1200円
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

於:バーンタイ

2016年07月06日 | 隣人(カレー)
車を停めて、暖簾が出てない店先を覗いていると、「ダイジョブよ〜」と誘われる。恐る恐る店内に入ると、そこは元居酒屋みたいだが、半分以上既にタイ化している。

グリーンカレーをすすっていると、なにやら日本人らしいオヤジとタイ人女性がスーツケースを持って店内へ。よく見かけそうな絵面だか、なぜここ?
そのうちその女性は、気難しい顔して、客の俺を全く気遣うそぶりもなく、ため息の連続。
女将さんは、タイ米が5キロ2,300円だとのたまっている。

館山にあるリトルバンコク、バーンタイ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

於:マザームーンカフェ

2016年06月22日 | 隣人(カレー)
平日のお昼、おしゃれカフェに食事をしにきている隣人は圧倒的に女性。

そして対応する店員さんは男性が多い。

偶然か、戦略か。

に、してもなかなか主役になれないグリーンカレー。
アジアンカフェやおしゃれカフェに、かなりの頻度で出没するグリーンカレーだが、
看板メニューのちょっと下で「一応ありますよ」的な立場がおおい。
普通においしいけど、「一押しグリーンカレー」をいつか食べてみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加