生物見遊散歩

「生物」を「見」て「遊」ぶ「散歩」を「(生)物見遊散(歩)」と呼んで、「自然観察」の姿勢として行こう。

カルガモ親子

2017年08月09日 | 日記
この写真の下流側です。



石津川のこの場所です



カルガモの親子がいます。



川の段差のある場所を、親が子供に越えろと教えている様です。



なかなか、越えられないので、親が戻って来ています。



更に、親が段差を超えて、子供を待っています。



この日、私が見ている中では、子供は、この段差を越える事は出来ませんでした。



頑張って下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都会の自然観察会in梅田 | トップ | 梅田界隈 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL