生物見遊散歩

「生物」を「見」て「遊」ぶ「散歩」を「(生)物見遊散(歩)」と呼んで、「自然観察」の姿勢として行こう。

淀川資料館・・枚方宿続き

2017年05月05日 | 日記
この日は、目的は、むしろ淀川資料館でした。
淀川河川公園の中で、枚方宿の間に、あります。





展示です。

淀川の生き物です。



淀川の改修の歴史です。



先ず、淀川って。



淀川の変遷等です。







古代、大阪のほとんどは海だったそうです。
長い年月をかけて、琵琶湖から注がれる淀の流れが土砂を運び、大阪の地を作ったと言います。
歴史の中で、幾度も姿形を変えていった淀川です。
その理由の半分は、自然の猛威の歴史です。
更にもう半分は、人と淀川との闘いの歴史です。
淀川資料館には、淀川と対峙し、歴史と文化を築いてきた人々が残した、貴重な本物の資料が展示されています。
ここへ来ると、これらの足跡に思いを馳せることができ、淀川の歴史に一歩近づくことができる様です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道・枚方宿 | トップ | 天野川・・淀川合流点付近 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL