gooブログはじめました!よろしく

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ 私は、日常の風景やイ
ベントなどを写真で紹介したいと思い開設をいたします。

横浜市の水道の生い立ち

2014-10-25 10:16:38 | 日記
 横浜は、開港とともに内外の船舶の往来と商社が四方から集り、次第に市街地は急激に発展し、人々の飲料水は井戸に求めたが、掘る井戸掘る井戸みな塩気を含み混濁して使用に堪えないものばかり、僅かに、2箇所、本町1丁目と本町2丁目だけであったことから、市民が先を争って朝から殺到するありさまで、水飢饉状態になり引いては町内に、水売業者さえ現れ、天秤棒に水桶をになって、遠く市外地の丘陵地の農家から運んで「水」「水」と売り歩いた当時の錦絵に、その姿が画かれている。
 このような状態で明治3年には、横浜市に水道施設に関する請願が相次いで寄せられた。
 明治4年には、高梨林右衛門他17名が資金を募り会社を設立し、多摩川から(起点は現三菱重工川崎工場構内)木樋水道(2尺四方枠を埋設)高島町に至る約3里(12Km)の水路を施設し、そこから市内各町へ配水管として大小木樋を通したが、明治15年には、破綻に終わった。
 この間、水売業者も事業的に発展し、水売船26隻もあり、それを直属の売り子129人が市中を売りさばいていた。しかし、飲料水の不足はいよいよ甚だしくまた、価格が高いことから、庶民には無縁であった。一方、伝染病患者が1、462人におよびそのほとんどがコレラ患者であった。
 このような経緯を経て、近代水道建設をイギリスのパーマー氏に託し、建設の設計等の契約を取り交わされた。氏は、多摩川水系と相模川水系のうち、水質や水源が県内が県外か、工事費等、の面から相模水系とした。また、水量も種々検討の結果、市民1人当たり20ガロン(1カロン約3.8リットル)の消費を見込むこととした。
 山手の高台地を除き、市民7万人の計画給水人口の対象としたが、人口増加等を見込み、導水管は容易に改良できないことから、10万人とした。これが横浜の近代水道の始まりであった。なお、工事費は、100万円であったことから、当時、宮内「伊藤博文」から大きな関心と心配をもたれ手紙まで寄せられた。それは、当時の横浜市の年間予算7万円であった。
 このような事から、横浜市の起債では許可されず神奈川県の主体のもとに4ケ年計画で工事を行うこととなり、明治17年12月に着工し、明治20年10月に完成して、横浜市に引き継ぐが、明治26年の夏季には断水・水不足が恒例となり、導水路全体を鋼管に改修する工事等行い、水源からの効率的な導水管として切り替え難局を乗り切った。その後、今日まで、相模湖、津久井湖、丹沢湖三保ダムの建設等を順次行い水源を確保しつつ横浜市の水道局が存立するに至っている。
以上 資料として、横浜市水道70年史より 横浜市水道局 発行
 なお、横浜市の埋立による工業用地及び住宅用地の確保と拡張が盛んに行われ、これがより一層水道の需要増大に大きく影響したものと思え参考に、資料として付け加えてみました。


(公有水面埋立法摘要以前の埋立(海面ないものもあります)

(上に同じ)

(水道仕様一覧表)

(人口の推移)

(公有水面埋立法に基づく埋立、地方公共団体が行ったものみで、民間企業分は除いています。)

(上に同じ)

(上に同じ)

(上に同じ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜の起源

2014-10-20 10:53:58 | 日記
 今回、金沢区にある、由緒ある金沢の四石・七井・八名木をご紹介してきましたが、この中で、七井は。当時の住民に欠かすことの出来ない飲料水等の確保であった模様であります。このことから、横浜市の水道事業に期待して、周辺のとりわけ久良岐郡の六浦村・金沢町などが合併を望んだとあったので、これら調べまとめてましたので、紹介いたします。
 先ず、横浜の地名の起こりでありますが、諸説あるようです。一つは、象ケ鼻と呼ばれる細長い砂洲が石川の台地から細長く突き出ていて、海上や陸地から見た様子が「横たわる浜」から、地名が起こったとする説、二つは、本牧岬から流れ出た土砂が象の鼻に似た砂洲を形成していたことから、「横浜」三つは、「浜の横」つまり浜のそばにある村と云う意味だという。説もあるようです。
 さて、横浜起源は、徳川12代将軍家慶の時代に編集された新編武蔵土記には、1827年(文政10年)頃の姿は、「其ノ民戸87東北ハ海岸ニ傍ヒ、西ハ洲乾ノ湊(現横浜公園及び港町附近一帯)ニテ南ハ中村、北方ノニ村(現中区石和町・元町以南の地)ニ隣レリ、東西10町又7~8町ノ処アリ南北モ大抵18町程ナリ」とある。すなわち、230年間の経過のうちにも12戸から87戸へと、この地に土着した地民の静かな発展がしのばれるのであった。なお、12戸と云うのは、1595年(文祿4年)9月朔日の縄張帖によれば、戸数わずかに増徳院ほか12戸の半漁半農の村落に過ぎなかったと云う。
 これが、1859年(安政6年)に横浜開港、久良岐郡「横浜村」からはじまり、その後、横浜町と改称(日本人町5町と外国人居留地)、1866年(慶応2年)範囲の拡大町数32町となる。1872年(明治5年)新橋~横浜間鉄道が開通、更に、1878年(明治11年)郡区町村編成法により、久良岐郡より「横浜区」が独立関内を中心とする市街地81か町で形成することとなった。
 更に、1889年(明治22年)市制施行されて、市域は、関内・桜木町(現在の中区一帯)の138か町を形成、次いで、1901(明治34年)から1939年(昭和14年)の38年間に6次にわたり市域拡張を図った。また、その間の1927年(昭和2年)に区政が引かれ鶴見区、神奈川区、中区、保土ヶ谷区、磯子区の6区が誕生した。
 その後、下記年表の様に周辺の町の併合や分区を繰返し現在の18区に至っているものであります。
横浜市水道70年史 横浜市水道局より

年表

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金沢七井 「御仲井」 

2014-10-11 16:06:25 | 日記

 今日は、「金沢七井」の最後の七つ目「御仲井」へ行くことにして家をでました。場所は、「京浜急行金沢文庫駅」の旧釜利谷通りから、コーポランドへ行く道に入りその先を左に入った処の民家の敷地にあると「金沢区生涯学習わの会」による資料に記されていたから、京浜急行金沢文庫駅で下車して、旧釜利谷通りを北西に向って1.5キロほど歩き、右にコーポランドへ行く道を探しても何処か全く分からない。
 例によって、飛び込みで聞くことにし、出来るだけ門構えの大きい家を見渡しながら行くと適当な屋敷を発見し、玄関の呼び出しベルを押すと中から、初老の女性が出てきたので、資料を示しながら金沢七井について説明するとそれなら、聞いたことがある。
 あのビニールハウスが立ち並んでいますが、その向こう側に、空き地があります。そこのT字路を右に入って行くと井戸のあるHMさんのお宅があります。と案内していただきました。彼女は、この町に生まれこの町で育ち過ごしてきましたのよ。今日は、昔のことを知っていて役に立ったと笑いながら、冗談交じりに話しておられました。
 早速、案内された通りの道筋を辿っていくと「御仲井」あるHMさんのお宅を見つけることが出来ました。呼び出しベルを二度ほど押して見るが、出てこないので諦めかけていると、スコップを持った主人が南側の庭の方からやって来ました。
 挨拶をして、早速、金沢七井の「御仲井」の井戸があると伺いきました。それで、その井戸を確認したいと話しますと、これです。と玄関直ぐの脇にある鉄蓋を指したので、思わず良かったと声をだしてしまいました。現役で井戸を保存されているのですね。と申し上げると、主人曰く、飲料水とまではいきませんが、庭の草花などに利用していますと話されていました。
 資料によりますとここに、「お寺があった」とありますが。と問いますと、主人いわく、金沢八景にある日蓮宗の「上行寺」と聞いて、私は、びっくりでした。あの「荒井」の井戸を屋敷に備えていた「上行寺」元住職の先代の寺が、ここにあったと聞いて、縁と云う事なのでしょうか。本当にびっくりいたしました。
 井戸の確認をして、ここを案内していただいたお宅に再度訪問し、お礼行ったところ、私もお役に立つことが出来たと笑顔で返してくれました。
 さて、これで金沢七井を全て見て歩きましたが、保存され残っていたのは、「染井、亀井、白井、赤井、御仲井」の5つでありました。このうち、確りと井戸の名前を石に刻んで、誰にも分る様に保存されていたのは、最初の訪れた「染井」1件でありました。残念ながら跡形もなく姿形もなかったのは、「荒井」ですが、この井戸は、国道16号の整備に伴い道路の敷地として埋没され、もう一つの「御井戸」は、自宅の建て替えによる土地利用の関係から、埋没したこの二か所でありました。
 七井の当初の目的は、一方は、海に面し、もう一方の背後地は丘陵地であることから、飲料水に困っていた住民の飲料水等として、井戸水は生活に欠かせない手段して活用されてきましたが、明治の始めから横浜区が周りの町村巻き込みながら横浜の拡張に取り組んむ、とりわけ久良岐郡の村や町が挙って、横浜の水道と施設整備に期待して、合併された模様であります。
 何時の時代も生活環境の変化から、常に新しいや利便性の追求と変革をもとめる人間の欲望は、未来に向かって、何処までも何処までも追求されていくのでしょうか。?

(旧釜利谷道路)

(ビニールハウスのある通り)

(空き地の周り門から「御仲井」のある家の方向を望む)

(鉄蓋のある井戸「御仲井」)

(玄関脇に位置する「御仲井」)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加