gooブログはじめました!よろしく

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ 私は、日常の風景やイ
ベントなどを写真で紹介したいと思い開設をいたします。

山羊坂について

2016-11-26 10:25:58 | 日記
 平楽中学の角から八幡町の方へ下る坂があったので、「元町140年史 編纂者 元町の歴史編纂委員会 発行 杉島和三郎」によると次のような記述がありましたので、投稿いたします。
 これを山羊坂だと知っている人はいたが、「ヤギザカ」をどう書くのか知っていなかった。中央に鉄の手すりでもなければ、そこのところはめくるめく急峻で、おばさんがそれにつかまってやっと上ってくるのに出逢った。そそんなところのどこに山羊など飼っていたのだろうと疑わしく思いながら下って行くと、石段の盡きたあたりから左手の崖の下に家が建て混んできて、中村愛児園のある辺まで来ると、コンクリートの坂となって、多少傾斜が緩和されてくる。
 この付近の道の下に柵を設けて、山羊の居る風景写真が、もう5年も前の朝日新聞に出ていた。その前というのも大正の震災前のことになるか、豚を飼っている所があって、それで「ブタ坂」とよばれた時期があったらしい。それを進駐軍がやって来て「ヤギ坂」の標識を建てて、その名がきまったと新聞には書いてある。
 これはまた面白い話で、山羊坂とはそこを通る人々の俗称になって居たのだろうが、進駐軍はそれをとりいれて「ヤギ坂」として定着させた。この伝でいくと「モンキ坂」なども案外、附近に住んでいた外人達が「モンキ、モンキ」と猿山のことを呼んでいたのが、広がったのではないか。しかし、市電の停留所に「モンキ坂」とはやはりかけなかったに違いない。などと云う記述がありました。

(山手本通りの山羊坂付近にある中村愛児園)

(山手本道りから入った所の標識)

(反対側から)

(中間附近)

(出口付近の道)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猿坂について | トップ | 狸坂について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。