レンレンのひとりごと…

毎日のお弁当・手作り料理・手しごと・おでかけ。
そして、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。

徳川綱吉の寵臣・柳沢吉保の祖先の菩提寺~常光寺

2017-10-05 | ■寺社仏閣

みどりや食堂でランチを済ませた後、参拝した常光寺。
駐車場に車を停め山門へ向かうととても風情がある佇まい。
他に参拝者もなく参道も境内もひっそりとしていました。

常光寺は、小藩の藩士から幕府の大老格にまで出世した徳川綱吉の寵臣・柳沢吉保の祖先の菩提寺。
出世の蔭に先祖の力を忘れなかった柳沢吉保は、亡くなった翌年、狩野常信に描かせた正装した肖像画を一条家の菩提寺・稲久山一蓮寺とこの常光寺へ一幅ずつ納めさせたそうです。

 

 

武隆山常光寺は、武田家の祖・武田太郎信義の子孫・青木尾張守信定が十郎太郎常光の菩提寺として真言宗のお寺として開基したが、後に曹洞宗に改宗。
常光寺の境内には、時光から常光、信連、貞義、義遠、安遠、義虎、満懸、信親、信時、信安までの11代にわたる青木氏の墓と伝えられている宝篋印塔・五輪塔があります。

 

 

山門前の木の根っこにがんじ絡めにされてた「不許葷酒入山門」の石塔。
「不許葷酒入山門」とはニンニクやニラなどの臭い野菜やお酒などを寺にもつ混んではいけませんという意味らしい。
多分この木は大酒飲みの精霊がとりついてるのでしょう\(◎o◎)/

 

山門を抜けると両脇にはたくさんの古い石仏群が整然と並んでました。
ホント、こういう光景って背筋がシャンとします。

 

 

本堂

 

 

本堂の扁額

 

 

 

 

天井には籠が下げられていました。
そういえば以前伺った海岸寺でも古い籠が下げられてたっけ。

 

 

本堂脇にある池
立派な鯉が悠々と泳いでいました。
鳥や獣が悪戯するのかな?
それにしても気になる程の網。

 

 

ご朱印です。
ちょうどご住職がいらっしゃっりありがたく頂戴することが出来ました。

 

 

鐘楼

 

 

ご朱印を受け取った時、常光寺の印が入ったお菓子をいただきました。
食べるのがもったいなかったけど、美味しいうちに有り難くいただきましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

山門から入る時もステキだったけど、出る時の景色もステキな常光寺♡
山裾にひっそり佇むお寺にしばし癒されてきました♪

 

常光寺
山梨県韮崎市清哲町青木2878
TEL : 0551-22-2014
備考 : 甲斐百八霊場第七十六番札所、駐車場有
アクセス : 中央道韮崎IC

山号 : 武隆山
寺号 : 常光寺
本尊 : 薬師如来像
宗派 : 曹洞宗

 

 

週末は山梨にいます*韮崎へ行こう! ~関連記事

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

ジャンル:
神社仏閣
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口コミが良いからって好みに... | トップ | 鮭弁 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
静かな良い場所ですね (猫さん大好き。)
2017-10-05 21:21:52
こんばんは。

神社仏閣は空気感が違いますね、何かこう、静かな好ましい感じです。

ソコであの網でしょう?とある神社さんで気になり伺った所、かなり厳重にしないとサギ等の鳥や動物に根こそぎにされるそうです。
見た目良くないけども食害を防ぐには仕方ないし、動物が来ると建物等へも被害が出るので困ってると聞きました。
難しい事ですね。
猫さん大好き。さんへ (chima)
2017-10-06 17:35:07
こんばんは☆

そうなんです!
たとえ参拝者でごった返してたとしても不思議なくらい空気がぴーんとした厳粛な感じ。
私も大大大好きです(*^_^*)

なるほど。
やっぱりそうでしたか。
共存するための策だったんですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■寺社仏閣」カテゴリの最新記事