写真師の「新カメラ日記」

JRP会員の橘が日々の事、撮影日記などを記録していきます。

雪国なのに 金沢市南部丘陵ようやく雪景色

2016年12月28日 | 写真日記
    [田んぼの綿帽子]

冷え込んだ今日は朝から雪になり近くの山里はすっかり雪景色になりました。
晴れ間の出た午後、とりあえず我が家から見える近くの山里へ車で向かいました。
まだたくさん積もっているということではありませんが、田んぼの切り株には雪が残り「綿帽子」のような姿を見せていました。

    [雪と葉物野菜]

山里の畑に残されていた白菜らしい野菜が雪の下に、畝に残る水面に映り込む素敵な姿を見せてくれました。
いよいよ年末、今年は雪が少ないのですが例年ならば「すっぽり」という言葉が似あう深い雪のなかです。
これから春までこの畑は雪の下になり、きっと春には野菜の花を見せてくれるのでしょうね。

    [丘陵公園の四季咲きの桜]

毎年雪が降ると見に行く大乗寺丘陵公園の四季咲きの桜です。
地上を雪に覆われた公園の四季咲きの桜、ちょうど満開状態の花を見ることができました。

今日は午後3時近くに家を出たので陽の短い季節、あまり回ることができないうちに日が暮れてきました。
山里の先には雪で阻まれて行けないまま引き返してきましたが、久しぶりに一人撮影会を楽しんできました。

さきほどからテレビ画面に「茨城県高萩市で震度6弱」のテロップが流れています、心配です。

雪景色の写真を3枚アップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清流の忍者カワガラス 名も... | トップ | 河北潟の夜明け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

写真日記」カテゴリの最新記事