写真師の「新カメラ日記」

JRP会員の橘が日々の事、撮影日記などを記録していきます。

谷口善太郎の生家近くの長滝(七つ滝)に

2017年06月10日 | 写真日記
    [六の滝]

今日は京都選出の共産党国会議員として知られた谷口善太郎の碑前祭に行ってきました。
衆議院議員5期目の在職中、1972年6月8日に亡くなられました。
出身地の石川県白山市和気町の生家跡に建てられた文学碑の前では命日近くに碑前祭が行われ、今日は41回目の碑前祭となりました。
その和気町のすぐ近くに美しい七つの滝がつながるように続き全体として「七つ滝」(地名をとって「長滝」の場合も)と呼ばれる滝があります。
今日は金沢の山里でやっている写真展の当番の後大急ぎで「谷口善太郎を偲ぶ会」に出席してきました。(内容についてはまた別の機会に)その帰りに七つ滝に立ち寄り、折からの雨で水量の増した滝を撮影してきました。
ただ激しい雨の後だったので遊歩道の状況が良くなく、駐車場近くの滝を二つだけ撮影して帰ってきました。

    [五の滝]

六の滝の一つ上の滝です。
幅も落差も広く大きく水量も豊かな滝でした。
谷口善太郎はこのあたり、地域のことを自著でこんな風に書いています。
「加賀平野が白山山脈に食い込む小さな谷の一つ、その山あいに藁屋が百戸ばかりー石川県能美郡、今は辰口町和気だが、当時は国造村字和気といった。」(つりのできぬ釣り師)
谷口善太郎はその村の貧農に生まれて育ち、のちに京都に出ました。
彼の最高傑作と言われる小説「綿」にはそのあたりの事情が目に見えるような描写があります。
ぜひご一読を。
この七つ滝は和気町からもう少し山を越して白山に近い場所です。

七つ滝の写真二枚をアップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢市寺町台から見る夜明け | トップ | 北上するアサギマダラ蝶 金... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

写真日記」カテゴリの最新記事