写真師の「新カメラ日記」

JRP会員の橘が日々の事、撮影日記などを記録していきます。

梅雨入り北陸 モリアオガエル産卵

2017年06月22日 | 写真日記
    [北陸地方梅雨入り 市議会の傍聴]
はっきりしない天候のまま、北陸地方は昨日21日に梅雨入りしたとの報道が地方紙の紙面に。
今日ももう一つはっきりしない天候が続いています。
午前中は連れ合いの「現況届」なるものを提出に市役所に、同時に市議会で旧知の森尾よしあき市議(共産党)の質問を傍聴してきました。
質問内容は「金沢市民プールの事故原因と市の対応について」「金沢市役所前広場の管理規則の改正について」
市民そっちのけの、市政の在り方について厳しい森尾市議の指摘といい加減の市当局の責任のなさが浮き彫りになった質問でした。

    [モリアオガエル産卵]

先日医王山から朝焼けを見た後、例年モリアオガエルの卵塊が多く見られる見上げ峠入り口にある池に立ち寄ると、池の対岸の木の枝を産卵が終わって名残惜し気に雌ガエルの背につかまったままのも含めて数匹の蛙が枝を伝って移動している姿を見かけました。
    [産卵行動]

なにしろ小さいとはいえ池の対岸、それも茂った葉のなかでの産卵行動なので見えにくいかもしれませんが数匹のモリアオガエルが産卵の最中でした。
今年は少し遅れていたので心配だったのですが梅雨に間に合うようにキッチリ帳尻を合わすかのような産卵が始まり、小さな池はカエルの鳴き声で賑やかになっていました。

    [モリアオガエルの卵塊]

みたところ産卵が終わって1日か2日という卵塊、触ってみると少し乾いてきています。
卵塊のなかには800ほどの卵があり約一週間ほどで卵塊の中でオタマジャクシに・・・、そして梅雨の雨に溶けて下にある水面に流れ落ちます。
あと一週間ほど経つと池の中にはかわいいオタマジャクシの群れが泳いでいるのでしょうね。

今日はモリアオガエルの産卵行動と卵塊の写真3枚アップしてブログ[写真師の新カメラ日記]更新です。



当ブログの親サイトは[ぎゃらりーたちばな]です。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。どうか時間があればそちらもご覧ください。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医王山から見る砺波平野 雲... | トップ | 金沢駅前 第247回どいね☆... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

写真日記」カテゴリの最新記事