柿渋とベンガラで染める

2012-09-10 18:49:17 | Weblog
自然の土の色を柿渋とコラボ・・・・

べんがらの特徴を図書館で調べ、柿渋との相性を知り

自己流で染めて見ました。

墨とベンガラで手描き、その後天日にて乾かし柿渋に

数回浸し染めを繰り返し色落ちしないか水洗いを数回

試みて見ました。








生地は綿70%、麻30%先に呉汁で下処理をしてその後手描きの工程に入りました。

べんがらと柿渋の分量などで微妙に色の濃いさは異なる為、これから比率のデーターを

取りながら好みの色を求めて行きたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絣の着物からチュ二ックとベ... | トップ | 黒の地柄の着物と絞りの着物... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む