CAD教室 ヘッド

英設備設計事務所
-建築電気設備 設計/積算
-受変電設備・配電設備・照明設備・省エネ診断改善策提案

CAD初級 #27 オブジェクトの選択

2018年01月15日 | CAD製図室

CAD初級 #27 オブジェクトの選択

【要約】 修正・編集するときには、オブジェクトを選択しなければなりません。

      選択したオブジェクトを”どうするか?”です。

      例えば、・移動する  ・複写する 等々です。

【選択する方法】>>>選択されると、太線で反転表示されます。

1.[クリック選択]

●オブジェクトを個別に選択する方法です。

●カーソルで個別に左クリックして選択します。

 

2.[交差選択]

●カーソルを右から左へドラッグして選択する方法です。

●破線の選択枠に囲まれたオブジェクト と 

  破線の選択枠と交差されたオブジェクトが選択されます。

 

3.[窓選択]

●実線の選択枠に完全に囲まれたオブジェクトだけが選択されます。

 

 

 

 4.[選択の除外] 選択したオブジェクトを選択セットから除外するには、

  [Shift]+左クリックで除外できます・

 

  次回 #28 オブジェクトを移動する です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CAD初級 #26 スプラインフィットを描く

2018年01月12日 | CAD製図室

CAD初級 #26 スプラインフィットを描く

【要約】 指定点を通る周期性がない曲線です。

    ・等高線   ・管の切断面   ・エキスパンションジョイントの曲線部分を描きます。

【コマンド】[ホーム]タブ ⇒[作成]パネル ⇒「スプラインフィット」

 1点目を指定 または[方法(M)、ノット(K)、オブジェクト(O)]:

スプライン開始点とする位置(S1)をクリックします。  

開始点からカーソルにラバーバンドがついてきます。

     ▽

次の点を入力 または[開始接線方向(T)、許容差(L)]:

通過点とする位置(P1)をクリックします。

カーソルにラバーバンドとスプラインがついてきます。

     ▽

次の点を指定 または[終了接線(T)、許容差(L)、元に戻す(U)]:

通過点とする位置(P2)をクリックします。

カーソルにラバーバンドとスプラインがついてきます。

     ▽

次の点を入力 または[終了接線方向(T)、許容差(L)、元に戻す(U)、閉じる(C)]:

通過点とする位置(P3)をクリックします。

カーソルにラバーバンドとスプラインがついてきます。

     ▽

次の点を入力 または[終了接線方向(T)、許容差(L)、元に戻す(U)、閉じる(C)]:

終了点とする位置(F1)をクリックします。

カーソルにラバーバンドとスプラインがついてきます。

     ▽

次の点を入力 または[終了接線方向(T)、許容差(L)、元に戻す(U)、閉じる(C)]:

[Enter]キーを押します。

スプライン曲線の作成ができました。

■パイプ・電線管等の切り口の図示              

■等高線記入

■エキスパンションジョイント部分(可とう電線管)の図示

■地中埋め込みマンホール内でのケーブル余長の図示  等の作図に使用することができます。

●作成の基本的なコマンドの説明を終わります。

 

■【ヒント】CADでオブジェクトを作成するときには、修正コマンドを多用することが得策です。

「幾何」の六つの[基本作図]を思い出してください。活用することです。

■【アドバイス】  次回からの修正・編集では図、表、イラスト、作図順序 等

 でわかりやすいく説明しますが、幾何の力がほんのチョット必要になります。

■幾何の六つの基本作図とは、

  1. 線分を移す
  2. 角を移す
  3. 線分の垂直二等分線をひく
  4. 角の二等分線をひく
  5. 直線に垂線をひく
  6. 平行線をひく  のことです。

当教室のホームページ[ミニCAD講座(幾何)で詳しく説明しております

 WEB[パソコン塾ヘッド]で検索 ホームページを開くことができます。

次回 CAD初級 #27 オブジェクトの選択 です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CAD初級 #25 円弧を描く

2018年01月11日 | CAD製図室

CAD初級 #25 円弧を描く

【要約】 円弧の始点・通過点・終点を指定して円弧を描きます。

【コマンド】[ホーム]タブ ⇒[作成]パネル ⇒「円弧」

       下向き三角矢印をクリックします。

       メニューの中から[3点]を指定します。

   【基本操作】

円弧の始点を指定 または[中心(C)]:

円弧の始点(P1)をクリックします。

始点(P1)からカーソルにラバーバンドがついてきます。

     ▽

円弧の2点目指定 または[中心(C)、終点(E)]:

円弧の通過点位置(P2)をクリックします。

円弧の始点から通過点を経由してカーソルに未確定の円弧がついてきます。

     ▽

円弧の終点を指定:

円弧の終点位置(P3)をクリックします。

円弧の作成ができました。

【アドバイス】 円弧の作成順序は、反時計回りに作成します。

 

次回 #26 フィットスプライン(作成)を描く です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 AUTOCAD重要テーマ別攻略講座 期間限定 開講

2018年01月11日 | CAD製図室

2018 AUTOCAD重要テーマ攻略講座 [期間限定] 開講

  ■AutoCADシステムの重要な操作技術を、テーマ別に分類。

  ■図、表、イラストを用いて簡潔に、わかりやすく解説。

  ■質問はその場で、解かりやすく、納得できるまで説明。

  ■実務重点の作図実習。   2018年1月15日開講  受講申し込み受け付け中

【講座名】

[1]異尺度対応オブジェクト…レイアウト空間/デル空間における利用

[2]外部参照  …PDF/DXF/DWG/TIFF/JPG ▷現在の図面に取込む ▷図面化

[3]ブロック定義・属性定義  …繰り返し使用する図形/記号の処理と利用方法 

[4]等角図・アイソメ図  …2.5次元の作図

講座の概要】

[1]異尺度対応オブジェクト

    ・異尺度対応オブジェクト

    ・異尺度対応注釈

    ・注釈尺度の適用

    ・レイアウトでの注釈尺度

    ・レイアウトの基本

    ・ページ設定

    ・ビューポートの作成

    ・ビューポートのコントロール

    ・ビューポートの調整

[2]外部参照

    ・外部参照の概要

    ・DXFデータを現在の図面に取り込む

    ・PDFデータを現在の図面に取り込む

    ・TIFFデータを現在の図面に取り込む

    ・各種データを元サイズ・元縮尺まで復元再生し利用する

    ・外部参照のアタッチとバインド

    ・参照ファイルの編集

 [3]ブロック定義・属性定義

    ・内部ブロック定義

    ・内部ブロックの挿入

    ・外部ブロックの定義

    ・外部ブロックの挿入

    ・ブロック定義の修正

    ・属性定義の要点

    ・定数属性と変数属性

    ・属性の編集

    ・拡張属性編集

  [4]等角図・アイソメ

    ・等角図の概要

    ・等角図を描く

    ・等角円を描く

    ・アイソメ図の作成

    ・アイソメ図の文字記入(X軸方向、Y軸方向、Z軸方向)

    ・アイソメ図の寸法記入(X軸方向、Y軸方向、Z軸方向)

 【講義時間】

■各テーマ別攻略講座の時間は、2.5時間(150分)  講座は、1講座から受講できます。

   平日      09:30~21:00

   日曜日・祝日  09:30~16:00

 【受講料・テキスト代】

   受講料   :¥6,100+税  (1講座)

   テキスト代 :¥500+税 (1講座)

❖全講座 :予約制 …受講予定の6日前までにお申し込みください。

 詳細は、電話にて承ります。

お問合せ CAD教室ヘッド 電話:045-754-8181  09:00~21:00

             FAX:045-754-8180  随時

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CAD初級 #24 円を描く

2018年01月10日 | CAD製図室

CAD初級  #24  円を描く

【要約】 円の中心位置と円の円周上の位置を指定して円を描きます。

【コマンド】 [ホーム]タブ ⇒[作成]パネル ⇒「円」

            下向き矢印をクリックします。

 メニューの中から[中心・半径]を指定します。

【基本操作】

 円の中心点を指定 または

  [3点(3P)、2点(2P)、接、接、半(T)]:

  円の中心点とする位置(C1)までカーソルを移動してクリックします。

  カーソルに未確定の円がついてきます。

     ▼

 半径をを指定 または[直径(D)]:

  円の半径とする位置(P1)までカーソルを移動してクリックします。

   円を作成できました。

 

【アドバイス】

■グリッド(方眼紙)を使用して円を描くことができます。

■半径/直径を数値入力ができます。

 

次回 #25 円弧(作成)を描く です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加