心のマッサージ

松カウンセラーの日記

プライドを下げるとは成功のレベルを下げる

2017-01-31 07:20:58 | 日記
 最近は歳を重ねてせいかカラオケに行くことが苦痛になってきました。理由は2つです。1つ目は若い人の曲が理解できず「騒音」にしか聞こえなくなってしまったからです。2つ目はは、私の心理が「歌をうまく歌って認めてもらわなければならない」という脅迫観念に駆られプレッシャーが大きいのです。プライドが高いので下手な歌で恥をかきたくないというのもあります。 FC(自由奔放な心=フリーチャイルド)を高めるには、プライドを下げることです。プライドが下げるとは成功のレベルを下げることです。下手な歌でも「自分のこれが最高」と心の膝を折ることができる人は、結果人生を楽しむマインドを持っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校に行きたくても行けない健気な子

2017-01-30 07:43:32 | 日記
 37人に一人が不登校の時代です。学校に行きたくても行けない健気な子です。決して学校をサボってるわけではありませんが、世間の目は「学校に行ってない駄目な子」という風潮もまだ多いの現実です。そこに「頑張って学校に行きなさい」「高校くらいでないと将来大変だぞ」など・・・多くの大人は子どもを追い込みます。ではなく「高校に通うのもすばらしいけど最終ゴールへの道はいろいろあっていいのです」と選択肢を増やすだけで子供は救われていきます。
 不登校は学校よりももっといい道を選択した個性ある生き方です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本物には善意のラインが見える

2017-01-29 08:04:51 | 日記
 音大卒業のプロのソプラノ歌手が陸上自衛隊に入隊し、陸上自衛隊の歌姫を目指してる姿がテレビで紹介されてました。最初は「だだの目立がり屋?」と思いきや・・・厳しい練習に耐え涙を流しながら訓練をしている姿を見て、「この人もしかして本物?」と思わされる信念の強さが伝わってきました。
 ただの格好をつけるためではない姿を見て「本物には善意のラインが見える
」ことを教えていただいた一こまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生という山を降りる技術

2017-01-28 08:11:24 | 日記
 武田鉄矢さんが「終活」の醍醐味を話されていました。その中で心理学者ユングが「山に登るというこという事実を知るには山から降りることをしなければ人生の遭難に遭います」と箴言してます。人生の登山は降りるほうが難しいそうです。どうやって老いや病と仲よくするかは至難の業だからです
  人生時間とは、「人生が24時間だとすれば、年齢を3で割ること」だそうです。18歳は3で割ると6歳で人生の始まりに過ぎません。私の53歳は間もなく6時「人生夕方の時間」です。そうなると自分より何かができる人、知恵を授かる相手には年齢に関係なく「先生」と呼ぶ年齢だそうです。そうすると周りに沢山の先生がいることに気づきます。感謝の人生が始まります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知らないことは恥ずかしいことではない

2017-01-27 07:36:23 | 日記
 日本を代表する和食料理人の道場六三郎さんは「知らないことは恥ずかしいことではない。しったかぶりが賢くなるチャンスを奪う」と言っています。人間は先輩に後輩に「ちょっとこれを教えて・・・」と気軽に言えるようになると好感度があがります。なぜ?謙虚な姿勢に感心するからです。
 逆に「知ったかぶり」は往々にして「上から目線」のときが多いものです。「知らないことを知らないといい教えてください」といえるようになりたいものです。これが人間の品性と器を決めます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加