心のマッサージ

松カウンセラーの日記

「治そうとするな、分かろうとせよ」人間の基本

2017-02-12 08:21:50 | 日記
 徘徊する認知症の母を恥ずかしいといって閉じ込めると、認知症の方は暴力を振るうようになったそうです。娘さんは思い切って認知症の母を徘徊させる道を選んだら、母親の心が解放され暴力が減り何より地域の方が助けてくれるようになったそうです。これを見て私はカウンセリングと同じだと思いました。とらわれず解放することが心の冷静さを取り戻すのです。なぜ?執着から「つながり」に変わったとき、人間は自分がもっている素直さや感謝の心が蘇るのだなと思いました。「治そうとするな、分かろうとせよ」人間の基本です・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心が「かっこいい人」 | トップ | 反論しないのが勝ち(価値) »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事