心のマッサージ

松カウンセラーの日記

劣等感が相手の弱みをつく心理ゲーム

2017-07-27 06:28:38 | 日記
  人と付き合う中で、「この人と話すと何だか後味が悪いなあ」と感じたことはありませんか?これを交流分析では「心理ゲーム」と言います。     周りにこんな人はいませんか?相手のミスや弱いところにつけこんであげあしを取る人です。このゲームに仕掛けられた場合どのようにそこから抜け出せたらいいでしょう?強いコンプレックスを抱え、それを相手に見せないようにするために、「強い自分」を表現しているのかもしれません。より強く見せるため、従順な相手をターゲットにしてゲームを仕掛けているのです。 厳格な父親が従順で素直な子どもを叱りつけるようなイメージです。しかもこのタイプは、だんだんその場と関係ない過去のことまであげあしをとり、いつまでも攻撃を止めない場合もあります。 攻撃をされるほうはたまったものではないです。
   では、どうしたらこのゲームから抜け出せられるのかというと、第一にそのような相手には理性を持って対応をすることです。 首をうなだれて「はい、はい」と素直に聞いていたら相手の思うつぼです。 「この人は自分を強く見せたくてこのようにゲームを仕掛けているのだな」と、今自分はゲームを仕掛けられていることに気づき、冷静に受け止めてみてください。そして、その人との普段のかかわりから”あなたのことを認めていますよ”というストロークを投げかけてみてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「不完全である勇気」で評価... | トップ | 「声にならない溜息」を拾い... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。