心のマッサージ

松カウンセラーの日記

落書きを消すと奇跡が起こる?割れ窓理論と人間の心理

2017-05-20 09:02:03 | 日記
   アメリカのニューヨークは、極めて治安が悪く、年間60万件の犯罪が起きていました。まさに「アメリカ1の犯罪都市」 になっていたのです。さて皆さんはどんな手を打ちますか。多くは警察を増やして徹底して犯罪を根だやしにすることです。
   そのことに、頭を悩ませていたジュリアーノ市長は、警察を増やさずある画期的な方法を提示しました。「地下鉄の落書きをすべて消すこと!」。市長が行った、小さな犯罪を根絶やしにすることで、凶悪犯罪は5年間で激減。これを心理学では「割れ窓理論」といいます。 
 市長が行った、落書きを消す⇒常にそこには、監視の目が光っていると思わせる。人が監視している事がわかっているところで、わざわざ捕まるようなことはしないでしょうという理論です。私は「監視」はあえて「暖かい眼差し」と考えています。人格的触れ合いこそ人間の意欲を掻き立てます。
  警官を増やして恐怖政治をするのではなく、「私たちはあなたたを見ていますよ」という人間的視点が人を変える可能性がある証拠です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレスが王妃を変えた悲劇 | トップ | 介護職は「かっこいい」!「”... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。