心のマッサージ

松カウンセラーの日記

相談員は「心の通訳者」

2017-07-16 09:09:26 | 日記
    相談員は「心の通訳者」でなければなりません。「心の通訳者」?とは、心悩み、葛藤して崖っぷちにいる方の背景にある「声にならない溜息」を聴く「耳と器」を持っているということです。
  臨床現場では、「○○でもうだめです」などと嘆く人に、相談員が「そんなこと言わないで前向きに考えましょう」「いつかいいことがあります」などと安易な励ましをすることは「心の通訳者」ではありません。前向きになれない理由を通訳・共感しようとしてないからです。
   悩みを抱える人は「1+1=2」と正解はわっているのに、そう考えることができない自分にもどかしさや情けなさ、やるせなさを感じ悩んでいるのです。その「やるせなくて情けない気持ち」を汲み取れる人を「心の通訳者」といい、通訳ができた人のみ「わかってくれた」という存在承認が、葛藤を抱える人に、主体的な意欲と責任の芽が芽生えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今の2倍多く、今の2倍長く... | トップ | 子育ての勘所 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。