心のマッサージ

松カウンセラーの日記

ストレスが王妃を変えた悲劇

2017-05-19 06:29:09 | 日記
 フランスのマリー・アントワーネットは、ご存知の通り14歳で王妃になりましたが、面前での裸同然の着替えや公開出産などストレスに悩まされ自分を見失っていく「ベルサイユのバラ」のあの物語です。私生活が劇場の舞台で生活してるようなものですから気がおかしくならないわけがありません。
 どんな人も自分でない自分を生きると本当の自分がわからなくなり不安が大きくなります。人は「安心した居場所」があるから自分らしく生きられるのです。不安なときこそ「安心して絶望できる場所(人)」が生きるエネルギーに変わっていきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寂しいから「意地悪をする」! | トップ | 落書きを消すと奇跡が起こる... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。