心のマッサージ

松カウンセラーの日記

貧しさや不器用、挫折や失敗が大事!

2017-07-14 06:25:51 | 日記
   脚本家・倉本聡さんは39歳まで飛ぶ鳥落とす「もの書き」だったそうです。その頃NHKで大河ドラマを撮影中にADとぶつかり、途中降板という屈辱を味わったそうです。東京大学文学部卒というエリートであった倉本さんが屈辱の日にあったある日「底辺の人生を歩いている」ドラマ「北の国から」を作って、貧しさや不器用、挫折や失敗がいかに大事であるかを作品にされ大ヒット
   学歴や財産ではなく貧しく不器用でも一生懸命生きている「北の国から」は高度成長時代の日本にブレーキとバックギヤが必要なことを教えてくれました。豊かさを与えた代償があることを1981年に既にレッドカードをだした卓越していた先見性には頭が下がります。「森の時計はゆっくり刻む」は立ち止まる勇気を教えてくれます
  「あなたがくだらないと思っている今日は、昨日亡くなった人が、なんとかして生きたかった、なんとしてでも生きたかった。今日なんです。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 診断も問診もなしで突然注射... | トップ | 今の2倍多く、今の2倍長く... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。